iPhoneを水没させてしまった時の対処法4選!応急処置が大切。

LIFESTYLE

ついうっかり大事なiPhone(アイフォーン)を水没させてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな方のためにiPhoneを水没させたときの対処法をまとめてみました♡

iPhoneを水没させたときの対処法①SIMカードを死守しよう

SIMカード2枚

最初にご紹介する、iPhone(アイフォーン)を水没させたときの対処法は、SIMカードの死守!

iPhoneを水没させたときは焦ってしまい、本体を早く乾かそうと思う方が多いと思いますが、実は大事なのはSIMカードの方なんです。
SIMカードにはいろいろなデータが入っているので、まず先にそちらを死守しましょう。

iPhoneを購入したときに付属されていたクリップを使ってSIMカードを抜いたら、ティッシュにくるんで水気を取り、データを守って!

iPhoneを水没させたときの対処法②すぐに電源をOFFする

スマートフォンをの電源を切る

水没したiPhone(アイフォーン)の電源がまだ入っている場合は、すぐに電源をOFFにするようにしましょう。
こちらも、iPhoneを水没させたときの対処法のひとつです。

水濡れにより、通常の方法で電源をOFFにできない場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に押すことで強制的に電源をOFFさせることも大切!
また、すでに電源が切れている場合は絶対に電源を付けないようにしましょう。

こうすることでiPhone内部を少しでも守ることができますよ。

iPhoneを水没させたときの対処法③イヤホンジャックなどの水気を取る

イヤホンジャック

イヤホンジャックに水気が残っていると、その水がiPhone(アイフォーン)の内部まで入り込んでしまい、余計にiPhoneを修復不可能にしてしまう危険があります。
そうならないためにも、iPhoneが水没してしまったときはティッシュでこよりをつくってイヤホンジャックの中の水気を綺麗にふき取りましょう。
こちらも、iPhoneを水没させたときの対処法のひとつですよ。

また、イヤホンジャックだけでなく、コネクター部分の水気を拭き取るのも大切です。

iPhoneを水没させたときの対処法④お米と一緒にジップロックにいれる

お米の中にスマートフォン

最後にご紹介する、iPhone(アイフォーン)を水没させたときの対処法は、お米と一緒にジップロックにいれること!

水濡れしてしまったiPhoneを乾かすときにドライヤーを使う方も多いと思いますが、実はこれはNGです。
ドライヤーの熱風は余計にiPhone内部に悪い影響を与えてしまうので避けた方が無難ですよ。

安全にiPhoneを乾燥させたいときはお米と一緒にジップロックにいれて、数日間放置しましょう。
こうすることで、お米が水分を吸ってくれるのでiPhoneの内部までしっかりと乾かすことができます。

iPhone(アイフォーン)を水没させたときの対処法をいくつかご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
ぜひこれを参考に、大事なiPhoneを元通りにされてみてくださいね。