痩せない理由はこれだった!日常習慣を見直して骨盤美人になろう♪

BEAUTY

骨盤の歪みは、頭痛、眼精疲労、猫背、内蔵下垂、便秘、むくみ、膝痛、腰痛、生理痛、冷え性、肩こり、疲労などなど、、たくさんの悪影響に繋がります!ちょっとだけ意識を変えて正しい身体になろう♡

骨盤の歪みの主な原因は!?

骨盤の歪みの主な原因は、筋肉のバランスの乱れです。

緩めるべき筋肉をリラックスさせるストレッチと、鍛えるべき筋肉を強化するトレーニングが必要になってきます。

しかし!せっかくエクササイズをしても、普段の生活でそのバランスを壊す働きを繰り返していれば、望むような効果は期待できませんよね…。

そこで、日常習慣を見直してみましょう♪

あなたの日常習慣は大丈夫!?

重いバッグのストラップをいつも同じ側の肩にかけて歩いていませんか?

椅子に座るときはたいてい同じ方向に足を組み、背もたれによりかかっていませんか?電車の中で座るとき、ふと気がつくと骨盤が後ろ側に倒れていることありませんか?

左右差のある動きや姿勢を続けていれば、骨盤周りの筋肉の強さや柔軟性に左右差ができてしまいます。

<習慣改善その①>毎日の座り方

自宅では、座布団を使って座禅の時間を設けましょう。二つ折りにした座布団やクッションをお尻の後ろ半分に敷いて骨盤を立て、しばし瞑想します。

オフィスでのデスクワークはちょこんと座りに。椅子の座面に浅く腰掛け、膝を座面より下の位置にもっていきます。すると自然に座骨が立ちます。

どこにいてもポイントは、座骨をしっかり立てて座る姿勢を意識することです!

<習慣改善その②>呼吸法をチェンジして骨盤美人!

また、呼吸を意識することで下腹は引き締められます。

息を吸いながらお腹を膨らませ、吐くときには凹ませる『腹式呼吸』は、常に丹田を意識するので下腹が出やすいんです。
胸郭を前方と上方に広げてスペースを作り、肺にたくさんの酸素を入れる『胸式呼吸』だと横隔膜の動きが小さくなってオススメの呼吸法です。

腹式呼吸にはリラクゼーション効果があるのですが、下腹の引き締めに効果的なのは胸式呼吸です。

曲がった姿勢から座骨を立てる姿勢に変えたり、腹式呼吸から胸式呼吸に変えたりするのが無意識に出来るようになれば◎。エクササイズ効果もグンとアップするはずですよ。