自分の作品がお客さんの手に♡おすすめハンドメイドサイトをご紹介!

最近、「可愛い!」「こんなのあったらいいな…」と思ったものを、自分でで作っちゃう、"ハンドメイド女子"が増えてきているみたい♪
でも、自分が「これかわいい!」と思ったものって、意外とほかの人も同じように「かわいい!」と思っていること、多いんですよね。
そこで!自分でつくったハンドメイド作品を、ネットで気軽に販売できる"ハンドメイドサイト"が人気なんです!
今回は初心者でも使える、おすすめのハンドメイドサイトを紹介します。

おすすめハンドメイドサイト①若者からの指示が高い”minne”(ミンネ)☆

”minne”(ミンネ)は、ハンドメイドサイトの中でも、比較的規模が大きく売買が活発なのが特徴です。

アクセサリー系の販売が多く、可愛いイラストのものや優しい色のものなど、若い世代からも支持されている、おすすめサイトです。
販売は300円から♡
サイトのつくりもとっても可愛いので、創作意欲もが湧いてきます!

また、販売代金のやりとりはminneが代行してくれるので、銀行などわざわざ確認しにいく手間もなく、安心してお取引できるのも魅力の一つ♡♡
簡単にできる、というところも嬉しいですよね♪

■月会費…無料
■販売手数料…販売代金の10%(税別)
■代金の受け取り方法…銀行振込 月に1回、毎月月末〆の翌月末支払い
■販売可能なもの
・手作り品
・リメイク品
・アート作品
・印刷物 など

minne 公式サイト

おすすめハンドメイドサイト②海外への販売も!出会いの場が広まる♩iichi(いいち)☆

www.kayac.com

iichi(いいち)は、日本全国で1万人以上の作家が利用しているサイトです!
本格的な作家・職人も方も使っています♪

なんと、海外への販売も可能!!
海外への発送・検品は運営スタッフが代行してくれるので、海外への販売が不慣れでも安心して販売できます。

また、国内海外共に購入者から作家への決済はiichiが仲介し、支払いや発送がきちんと行われているか、運営が確認してくれる点も安心です♡
浅草と鎌倉にはiich実店舗があり、季節やテーマに合わせ、展示会も開催されます。
ご自身の展示会やイベントを告知できるページも充実しているので、出逢いの幅も広がりますよ♡
様々なサポートがあって、おすすめのハンドメイドサイトです。

■月会費…無料
■販売手数料…販売代金20%(国内・海外同料金)
■代金の受け取り方法…銀行振込 月に1回、取引完了の翌月20日に入金
■販売可能なもの
・個 人もしくは少人数による、手仕事やハンドメイドなど作り手の顔が見える作品
・作品をつくるための素材や道具の出品も可能

ichi 公式サイト

おすすめハンドメイドサイト③チャンスが訪れるかも!?”creema”(クリーマ)☆

www.green-japan.com

オンライン販売、未経験の方でも優しいサポートサービスがある”creema”(クリーマ)☆
オンライン販売がちょっと心配な方や、初めての方におすすめです。
また海外からの出品も可能なことも特徴です。

また日本で一番大きなハンドメイドイベント「Handmade in Japan」もcreemaが主催です。
ルミネ新宿に常設店舗もあり、ネット販売だけにとどまらない活躍のチャンスが多数あります!
いま大注目のおすすめハンドメイドサイトでありながら、初めての方に優しいというのが嬉しいポイントですね♪
これから新しいことを始めようと思っているひともやってみては?

■月会費…無料
■販売手数料…成約手数料 8%~12%(税抜)
■代金の受け取り方法
・銀行振込
申請した月の翌月末日に支払い
・個人間決済
■販売可能なもの
・ハンドメイド、一点もの(ハンドメイド素材は除く)に限定
・アート、雑貨、ファッション等、形のある作品の他、デジタルアート等

creema 公式サイト

「番外編」ハンドメイド販売に必要な3つのこと

さっそく自分のハンドメイド作品を作って…さあ、販売してみましょう!
でも、ちょっと待って!販売する前にしなくてはいけないポイントが3つあります☆

①販売の時に大切な、作家名・ブランド名を決める。
イベント参加やショップに出店を申し込む際に、まず必要になるのが「作家名」または「ブランド名」です。
申込みの時に出品者の紹介の為に必要となり、自分の作品として手に取った方に覚えて貰う為にも、名前は大切です!

作家名、ブランド名の付け方としては、作品に込める想いを言葉にしたり、自分の本名や子供の名前に関連したものでもいいかもしれないですね♡
自分のクリエイター活動と一緒に長く付き合っていく名前なので、良く考えて愛着の持てるものにすると良いでしょう。

また、パソコンやイラストが得意な方であれば、作家名やブランド名で自分の作品やタグに付ける、ロゴを作るのもおすすめです。

②作品を売りものにする!
自分の作品を「売り物」にするため、袋や値札をつけましょう。
たとえば、小さいアクセサリーなら、袋に入れたり、かわいいラッピングをして、買う人にも喜ばれるように工夫するとと良いですよ♡
値札は、手書きで書いてみたり、市販の値札をつかったり、パソコンをつかってみたり、工夫をして付けてみてもいいですね♪

③値段を決める!
これが一番、悩むところだと思います。
よく聞くのは、原価の三倍程度。しかし、材料費の値段や、ショップや委託料の問題などで、一概にはいえません。

一番決めやすい方法として、「自分だったらいくらで買うか」「いくらだったら買いやすいか」と、自分が買う立場になって考えてみるといいでしょう☆

あとは、同じジャンルのものが売っているショップなどを見に行って、参考にしてみるのも良いですね。

たくさんのハンドメイドサイトがあるので、ぜひ、自分に合ったサイトを見つけて、活用してみてくださいね♪
いかがでしたか?
ハンドメイド作品って最初は作るのが大変だけど、続けるうちに楽しくなって、すぐに上達するはず♪
あなたのお気に入り作品=他の人にもほしいとおもってもらえるハンドメイド作品を、ぜひ作って、販売してみてはいかがでしょうか?♡

ハンドメイド サイト おすすめ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

三橋茉季

Tokai Univ,L’Allure9th....♡♡

>もっとみる