種類別ケアで脱疲れ顔!正しい改善法で頑固なクマにバイバイしよ♡

疲れ顔や老け顔に見せてしまう目の下のクマ。
コンシーラーで隠そうにもなかなか隠れず苦労している女性も多いのではないでしょうか。
実はクマには種類があることをご存知ですか?
自分のクマのタイプを知り、それに合った正しいケアをすることで頑固なクマの改善へと繋がります。
今回はクマの種類と、それぞれのケア方法をご紹介します。

種類別クマ改善法①クマができる原因

気が付いた時には頑固に目の下に潜むクマ。
クマがあるだけでなんだか疲れた顔に見えるし、実年齢より老け顔に見られるし嫌……
一生懸命化粧で隠そうとしても、なかなか隠れないしとっても厄介ですよね。

実はクマは女性だけでなく男性にもできることがあります。

ストレス・冷え性・寝不足や、目を強くこすって目の周りの毛細血管の血流が悪くなることでクマができるといわれています。

そしてクマは色別に3種類あり、それぞれのクマの種類によって原因や対策も大きく異なります。

自分のクマをよく見てみると、青・茶・黒のどれかに当てはまるはずです。
今回は3種類のクマの特徴と原因、そして改善策をご紹介するので自分に合った方法を見つけて実践してみましょう。

種類別クマ改善法②頑固なクマの種類:青クマ

最初にご紹介するクマの種類は青クマです。
青っぽいクマが目元にあると、それだけで不健康そうな印象になり老け顔に見えてしまいますね。

青クマは主に冷え性の女性に多く見られ、体が冷えて乾燥する冬に青クマになる方が多いようです。

そんな青クマの原因と言われているのが血行不良。
例えば疲れや睡眠不足・ストレス・冷え性・ホルモンバランスの乱れなど体調の不良と関係が高いといわれています。

精神的なストレスや肉体的な疲労により血液の流れが滞り、目の下の毛細血管まで十分な血液が届かず青クマとなるようです。

青クマは、体の疲れが見た目に出てしまったといっても過言ではないでしょう。
それではこのような青クマを改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

種類別クマ改善法③青クマを改善する方法

クマの種類1つ目の青クマを改善するには、とにかく血行を良くすることが大切です。
ホットアイマスクを使って目元を温めながらリラックスしたり、目の周りを優しくマッサージしたりしてあげるのも良いですね。

目の周りは皮膚が薄いので自分でマッサージする際は、クリームを使って優しくポンポンと叩くイメージで血行を促進してあげましょう。
あまり強い力でマッサージしてしまうと、色素沈着の原因になることがあるので注意が必要です。

また、目元のマッサージだけでなく全身のマッサージで血行を促進するのも、青クマの改善に効果的だといわれています。

冷え性も青クマの大敵なので、入浴はシャワーで済ませず湯船に浸かってしっかりと体の芯から温めそこでゆっくりと体をマッサージすれば、リラックス効果も期待でき一石二鳥ですね。

さらに食生活の見直しも大切です。
青クマが気になったら体の血行を良くし代謝を上げてくれる、たんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養バランスを考えた食事を取り入れてみましょう。

種類別クマ改善法④頑固なクマの種類:茶クマ

次にご紹介するクマの種類は茶クマです。
茶色っぽいクマはメラニンの色素沈着によってできるものだといわれています。

もともと目の周りの皮膚は大変薄いので、小さな刺激を受けるだけでもシミになりやすい箇所です。
そこに日常的に刺激が加わることによって、慢性的な茶クマになってしまう可能性があります。

例えば、目のこすり過ぎやゴシゴシ洗顔、過度なアイメイクやマッサージも色素沈着の原因となることがあります。
また、紫外線を受けすぎることによる色素沈着の可能性も。

それでは、このような日常的な刺激によってできてしまった茶クマは諦めるしかないのでしょうか?
いえいえ、茶クマにはメラニン色素対策がとっても大切!
それでは茶クマの改善方法を見ていきましょう。

種類別クマ改善法⑤茶クマを改善する方法

クマの種類2つ目の茶クマを改善するには、とにかく美白が大切!
これ以上目元に色素沈着させないことが最大の茶クマ改善につながります。

まずは目元はあまりこすらないように心がけましょう。
乾燥するとどうしても痒くなってしまうことがあるので、目元も保湿をしっかりとしてあげるようにします。
市販の化粧水を使用する場合には、美白効果の期待されているビタミンC誘導体の含む物をチョイス。
一方目の周りの皮膚は薄く敏感なので、目元専用の美容液やクリームの使用もおすすめです。

しかし自分で美白に取り組んでもあまり効果が感じられない……
そんな時には美容クリニックに相談してみるのも、ひとつの手段だといえるでしょう。

そうすることで専門の先生があなたに合ったクリーム等を処方してくれるので、安心して使用することができますね。

また、肌のターンオーバーを促進させてあげることもとっても大切。
ピーリングをして、古い角質を除去して肌の新陳代謝を促してあげましょう。

さらに食事面では、緑黄色野菜やビタミンを多く含む食べ物など抗酸化食品の摂取を心がけることで肌の新陳代謝アップが期待できます。

日焼け止めは目の下までしっかりと塗り、紫外線対策も忘れないようにしましょう。

種類別クマ改善法⑥頑固なクマの種類:黒クマ

最後にご紹介するクマの種類は、黒クマです。
繰り返しになりますが、目の周りの皮膚は大変薄いといわれており、脂肪もつきにくいと言われています。

さらに加齢に伴い目の周りの皮膚がどんどん薄くなっていき、筋肉の衰えと共に目の周りもたるみ始めます。

その時脂肪の少ない目の周りの影が黒クマとなって目の下に現れるのです。

中でもむくみやすい女性に多いといわれている黒クマはメイクでも隠すことが難しく頑固なクマの種類のひとつ。

それでは、目のくぼみや涙袋が原因で影となってできた黒クマはどのようにして改善したら良いのでしょうか?
そのポイントは肌の弾力を回復させることにありました!

種類別クマ改善法⑦黒クマの改善方法

クマの種類3つ目の黒クマを改善するためには、肌の弾力を回復させる必要があります。

まずはコラーゲンを増やしてむくみ対策をすることが大切です。
体内のコラーゲンは放っておくと減少していく一方なので、意識的に補給することを意識することで、皮膚がたるみを支えられるようになるといわれています。

また、顔の筋肉の低下により筋肉がたるみを支えきれずに黒クマを生んでいるともいえるため、表情筋を鍛えることが大切です。

まずは目の周りの筋肉を鍛える体操を実践。
目をギュッと閉じて勢いよく開きます。その時見る方向を正面・上下・左右と変えることで、上下のまぶたの筋肉促進につながります。

そして次に大切なのが、口の周りの筋肉。
実は目の下のたるみを支えるには、口の周りにある口輪筋を鍛える必要があります。

「あ」「い」「う」と声に出しながらオーバー気味に口を動かすだけで、口輪筋を鍛える体操になるといわれているので1度試してみてください。

いつも使っていなかった筋肉が動いて、鍛えられているのを身をもって感じることができそうですよ♪

また黒クマにとってはむくみ対策もとっても大切。
リンパの流れを促進して老廃物を流すことを意識するとともに、リンゴやバナナ、イチゴなどに含まれるカリウムの摂取を意識しましょう。

反対に塩分の摂り過ぎは、むくみに繋がることがあるので注意が必要です。

むくみを改善しながら顔の筋肉を鍛えることで、肌の弾力が回復へ向かい黒クマの改善につながるのでぜひ意識してみましょう。
頑固なクマの種類とその改善法をご紹介しました。
あなたのクマはどの種類に当てはまりますか?
種類に合った改善法を取り入れて、頑固なクマにさよならし健康的な美肌を手に入れましょう♡

【関連記事】老けて見えるのはたるみのせい?憎きシワやたるみにおすすめの顔ヨガ

多くの人気芸能人も取り入れており、高い効果を期待できることから注目されている「顔ヨガ」...

クマ 改善 種類

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる