所帯じみたくない……。結婚後も「ガール」であり続ける女子への格言6つ

WEDDING

恋も仕事もとことん楽しんで、ついに手に入れた結婚への道♡
結婚は女子にとって憧れですが、同時に結婚後にどっと老けてしまったり所帯じみたりしてしまうのではないかという心配をする人も多いようです。

確かに、同世代でも結婚している人は、なぜか所帯じみて見えるような……気がしませんか?

私はいつまでもかわいく、おしゃれでいたい!
結婚後も「ガール」でいたい女子に向けた、6つの格言をご紹介します♡
「結婚したら老けた」なんて言われたくない!という人は、ぜひ参考にしてください。

結婚後も「ガール」であり続ける女子の格言①▶「プロポーズの瞬間を永遠に」

あんなにおしゃれでかわいかったあの子が、結婚したとたんに老け込んで所帯じみてしまった。

悲しいですが、これってよくある話ですよね。
結婚したと同時に「オバサン」になってしまうというのはよくみられる光景ですが、これはいったいどこに原因があるのでしょうか。

その原因の一つとして考えられるのが、結婚生活に慣れすぎてしまっているということです。

やっぱり、結婚が決まった時、一番うれしくて輝いていたのは、プロポーズを受けたときなのではないでしょうか。

結婚後も、結婚生活に慣れすぎないために、プロポーズの瞬間を常に思い描くことが大切です。
そうすることで、常に彼に恋をし、「ガール」であり続けることができますよ♡

結婚後も「ガール」であり続ける女子の格言②▶「息抜きは二人一緒でときめき倍増」

これまではカップルとしてデートをすることで距離を縮める関係だった二人が、結婚をすることで生活を共にし始める。
すると、これまで見えていなかったお互いの生活が徐々に明らかになり、それを機に良くも悪くもお互いの全てを受け入れる。

ここまでの流れを見ると、それが悪いことのようには思えません。
しかしそれが馴れ合いになってしまうと、どうしても気が抜けてしまうのが事実。

それだけでなく、念願かなって二人の生活がスタートしたはずなのに、時には一人になりたいと感じてしまうこともあるかもしれません……。

「たまにはひとりの時間がほしい……。」なんて思わず、二人でできる息抜きを見つけることで、恋人気分をキープすることができます♡

二人で共通の息抜き法を見つけて、お互いにいっしょに日々の疲れを癒せる方法を見つけておきましょう。

アロマを炊きながらお互いにハンドマッサージをしあったり、一緒にテレビゲームをするなど、双方が楽しいと感じることができるものが何か、いろいろなものにチャレンジして探してみてくださいね♡

結婚後も「ガール」であり続ける女子の格言③▶「デトックスはバスタイムに済ませる!」

とはいっても誰だって人に見られたくないデトックスタイムがありますよね。

仕事に関する悩みを家に持ち込みたくないと思っても、そうもいかない日もあります。
これは、あなただけではなく彼だって同じはず。

しかし、二人でいる時間を大切にし、恋人気分をキープすることで、所帯じみず、常にかわいいあなたでいることができるのも事実。
であれば、誰にも見られたくないデトックスタイムはバスタイムで済ませてしまいましょう!

お風呂では好きな音楽を聴いたり半身浴をしたりと、とことんストレスフリーになれる空間でいる工夫をすると、その後はすっきりと彼との生活を楽しむことができます。

二人の時間をいかに楽しむことができるか。
そのためにできることを考えて実行することで、いつまでもかわいらしく、「ガール」であり続けることができるのです。

結婚後も「ガール」であり続ける女子の格言④▶「シーンに合わせたおしゃれが功を呼ぶ」

所帯じみてしまう一番の原因は、手抜きしすぎた家での姿。
であれば、家でもかわいく見えるファッションを研究し、シーンに合わせたおしゃれを意識することが重要です。

とはいっても、家でリラックスしたいのに、堅苦しいワンピースやスカートでいるのは気が抜けませんよね。
であれば、ストレスフリーなのにかわいらしい、ルームウェアを探せばOK!

男性から見ると、ファッションでのギャップも女性に対して魅力を感じる要素の一つですから、ビジネスシーンやディナーデート、アクティブデートなどと、シーンごとに合わせたおしゃれを存分に楽しみましょう♪

家出はいつもジャージなのに、ディナーデートの時になると突然エレガントなワンピースを引っ張り出してくる。
なんていう奥様にならないように、常にファッションのアンテナは張っていましょうね♡

トレンドに敏感で、常におしゃれを楽しんでいれば、いくつになっても「ガール」でいることができますよ!

結婚後も「ガール」であり続ける女子の格言⑤▶「週末はお互いアイスを贈りあう」

共働き夫婦が増える現代では、擦れ違い生活を送っている夫婦も多いですよね。

彼は大切な存在だけれども、忙しさゆえにだんだん所帯じみていく自分を見せることに抵抗を感じなくなってしまう……。

これでは、せっかくの恋心も次第に覚めていってしまいます。
ここで所帯じみてしまうかガールでいられるかは、お互いの愛の大きさを確かめ合うことで左右されます。

二人の愛の大きさを図るために、週末はお互いのことを思いながら、アイスを贈りあうという行事を定番化する方法がおすすめ♡

アイスには「あ→ありがとう」「い→いつもお疲れ様」「す→少し休んでね」の意味があると言われているのだとか。

簡単に実行できて、忙しくても必ずお互いのことを思うことができる。こうした何気ないことを習慣化することで、彼への恋心を忘れずにいることができるのです。

彼への恋心を忘れないということは、同時に彼からも愛され続けることができるということですよ♡

結婚後も「ガール」であり続ける女子の格言⑥▶「友達付き合いで輝ける上に向上できる」

結婚すると、独身時代よりも友達付き合いをおろそかにしてしまいがち。
確かに独身時代よりもこなさなくてはいけないことが増えているので、必然的に自由に過ごせる時間が減ってしまいます。

しかしここが、所帯じみてしまうか否かの落とし穴!
常に友達との付き合いを大切にしている人は、結婚後もガールでいられます♡

友達との会話には、情報がいっぱい詰まっています。
その情報を手に入れるかいれないかは、あなたの心がけ次第なのです。

友達付き合いを続けることで、ファッションや美容の情報が得られるだけでなく、人間として向上し、追いつきたいという欲が生まれてきます。
これは、普段の生活の中でただ過ごしているだけでは生まれないもの。

こうしたたくさんの刺激を与えてくれる友達付き合いは、結婚したからこそ大切にしていくべきなのです。
友達と一緒にいて輝くあなたを見て、彼もますます惚れ直してくれるはずですよ♡

アラサー女子は、少しの心がけで、きれいで輝くこともできれば、所帯じみてしまう可能性も秘めています。
同世代でも、若々しく見える人と老けて見える人には、そうした心がけの差が生まれているのです。

結婚したって、年を重ねたって常に輝き続ける「ガール」でありたい♡

そう願う人こそ、今回ご紹介した格言を意識して日々生活してみてください。

せっかく大好きな彼と結婚したのに、「なんだか老けたよね」なんていわれてしまうのは悲しいですよね!
結婚したからこそ、きれいで輝いていると思われるためには、彼に恋をして、情報収集を怠らない姿勢が大切なのです。