1月に立てた目標を覚えてる?「中だるみの時期」を乗り越える方法

2017年に入った1月、新たな目標を立てた人は多いと思いますが……目標に向かって現在も頑張っていますか?
4〜5月くらいは中だるみしがちな時期なので、気合いを入れ直し、年末には目標を達成させたいところ!
今回は目標を達成するために、中だるみの時期を乗り越える方法をご紹介します♪

中だるみの時期を乗り越える方法:目標をしっかり思い出す

1月に立てた目標を覚えていますか?
中だるみしてしまう大きな原因は、目標をはっきり覚えていないこと。

張り切って目標をたくさん立てたり、非現実的な目標を立てたりすると、忘れやすくなってしまいますよね……。

まずは、目標をしっかり思い出しましょう。
目標をたくさん立てていたのなら3つくらいにしぼり、現実的な目標になるように少し変えるといいでしょう♪

目標を忘れていた人は、目標を紙に書いて、目につく場所に置いておいて忘れないようにしましょうね!

中だるみの時期を乗り越える方法:目標を立てたときの気持ちを思い出す

目標をしっかり思い出すのと同時に、目標を立てたときの気持ちも思い出してください。

目標を立てようと思った理由やキッカケがありましたよね?
「2017年は本気で自分を変えたい」「仕事で大きな結果を出したい」といった、強い気持ちがあったはずです!

強い気持ちを持って目標を立てた過去の自分に恥じないためにも、目標に向かう姿勢を作り直しましょう。

中だるみの時期を乗り越える方法:“とりあえずやる”をやめる

なにかを始めると、慣れないことばかりで疲れますよね。
いっぱいいっぱいなときは、とりあえずガムシャラに突き進むしかないです。

しかし3ヶ月くらい経てば慣れてくるので、そろそろガムシャラをやめたいですね。
1月に立てた目標も、とりあえずやるだけではいけない時期に入ってきます。

たとえば、1月に“英語が話せるようになりたい”と、目標を立てたとします。
「本当の目標を忘れて勉強が目標になっている」「手を動かすだけで頭に入っていない」状態が続いているのなら、とりあえずやっているだけ。
目標達成につながらないかもしれません……。

とりあえずやるのはやめて、自分と向き合う時間を作り、現状を見直してみましょう!
また友達と仲良しこよしでやっているのなら、そろそろ1人で目標に向かいたいですね。

中だるみの時期を乗り越える方法:目標を細かく立て替える

中だるみしているのなら、やり方を変えたいところ。
1月に立てた目標を、より詳しい目標に変えましょう!

たとえば「英語の勉強を毎日する→英語の勉強を毎日20分する」と変えると、ダラダラ勉強を防ぐことができそうですね♪

他にも、「読む・書く・聞く・話すのバランスをよくしたら成果を感じる瞬間が増えた」という声もあります。
無理のない範囲で、バランスを考え、目標を細かく立て直してみましょう。

中だるみの時期を乗り越える方法:思うようにいかないときの対処法を探す

中だるみしてしまう原因は、“目標になかなか近づけない”、また“目標から遠ざかってしまった”からかもしれませんね。

ダイエット中の停滞期のように、頑張っても思うようにいかない時期があるのは当然なので、その状況を受け入れられるようになりましょう。

思うようにいかない時期を乗り切るための、対処力も鍛えたいですね。
「ストレスが溜まっているのなら、自分に癒しを与える」「いいアイデアが浮かばないのなら、行ったことのない場所に行って新鮮な空気に触れる」といった対処をしてみてください♪

上手くいかない時期の対処法をたくさん知っている人は、頑張り続けることができます!
中だるみの時期を乗り越える方法は見つかりましたか?
中だるみの時期を乗り越えて、自分をバージョンアップさせましょう♪
楽しみながら目標に向かって努力してみてください!

【関連記事】すっきり整理整頓!「断捨離」のコツを掴んでいい女に大変身♡

季節の変わり目ってワクワクしますよね。お部屋の中を断捨離して、さらに気分をウキウキ&す...

目標 中だるみ 原因 方法 乗り越える

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、キュレーター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる