要注意!デート中にうっかり言ってはいけないワードとは?

LOVE

彼との楽しいデート中、うっかり言ってしまった一言で雰囲気を一変させてしまう……なんてこともあります。
無意識に言ってしまわないように、デート中の禁止ワードをおさらいしていきましょう♡

デート中にうっかり言ってはいけないワード①「疲れた」

「疲れた」「眠い」「帰りたい」は、言うまでもなく三大NGワード。

普段から悪気なく言って、口癖になってはいませんか?

たくさん歩いて疲れた時などはしょうがないかもしれませんが、会話や買い物中にふと言ってしまったら、相手は「自分といて楽しくないのかな?」と思ってしまいます。

少し疲れてしまった時は、「少し休憩したいね」とちょっと言い変えてみましょう♡

デート中にうっかり言ってはいけないワード②「なんでもいいよ」

食べたいものや行きたい場所を決める時に、つい言ってしまいがちなこの言葉。

相手の意見を尊重したい気持ちはわかりますが、適当に丸投げしているように聞こえてしまいますよね。

実は、「なんでもいいよ」や「どっちでもいいよ」は一番困る返答なんです。

せっかく二人きりのデートなので、彼も一緒に決めたいはず。
相手に全てを任せるより、「ここ行きたい!」「これ食べたい!」と、たまにはわがままを言ってみるほうが、彼も嬉しいと思いますよ♡

デート中にうっかり言ってはいけないワード③「ここ、前にも来たことある」

たまたま行った場所が、一度来たことがある場所だったということもありますよね。

「ここ元カレと来たことある」「ここで昔元カレがさ~」なんてうっかり言ってしまわないように気を付けましょう!

たとえ話のネタであっても、元カレとの思い出や過去の恋愛話をするのはNG。

雰囲気が一気に最悪になってしまうこともあります。

「自分はそのぐらいのことは気にしない」と思っていても、少なくとも相手は良い気持ちはしないはず。

嘘まではつかなくてもいいですが、できるだけ初めて来たかのように振る舞いましょう♪

デート中にうっかり言ってはいけないワード④車の運転に口を出す

ドライブデートで気を付けたいのが、彼の運転に口を出すこと。

男性は、車の運転に関して人一倍プライドを持っている人が多いのだそう。

ふざける感じで「下手だなぁ」なんて言ってしまわないようしましょう。

さりげない一言って、自分は覚えていなくても相手は意外と心に残っているものです。
発言には気を付けて、ぜひ楽しいデートにしてくださいね♡