雑誌連動

2017年の夏は八丈島へ行こう♪ステキな島旅「八丈島」の魅力

LIFESTYLE

♡4MEEE magazine Vol.1 p.64〜「Insta映えするHawaii」

東京、羽田空港から飛行機でたった55分の場所にある「八丈島」を知っていますか?
島ののんびりした空気に癒される島旅が楽しめるステキな場所です。
夏の八丈島の魅力をご紹介します。

島旅におすすめ!八丈島の魅力▶︎東京都だって信じられる?八丈島の旅がステキ

引用:www.hachijo.gr.jp

八丈島は羽田空港から一日3便の直行便が出ている東京都の伊豆諸島の島です。

飛行機で約55分と近く、島自体が小さいので一泊二日の旅でも十分に楽しめるので島旅にぴったり♪

あの人気アニメ「ひょっこりひょうたん島」のモデルにもなった島で、島の形がひょうたんのように真ん中がくびれた形をしているのも特徴です。

島旅におすすめ!八丈島の魅力▶︎観光シーズンは夏♪

引用:www.hachijo.gr.jp

八丈島の観光シーズンは、やはり夏!

夏の八丈島では海のレジャーを満喫でき、ダイビングや釣り、サーフィンなどを楽しむ人にもってこい♪

特にダイビングは人気で、八丈島の透明度の高い海はダイバーから八丈ブルーと呼ばれるほどです。
透明度はコンディションがいいときには、透明度50mにもなるそうです。
透明度の高い海は、島旅の絶対条件ですよね!
また、ウミガメとの遭遇率が高いことでも有名です。

ダイビングはショップによってはライセンスを持っている人向け、ライセンスのない初心者向けと別れているので、自分に合ったショップを選んでみましょう

島旅におすすめ!八丈島の魅力▶︎海以外にもステキなアクティビティが!

引用:www.hachijo.gr.jp

八丈島の魅力は海だけではありません♪

島には温泉があり、無料の足湯が楽しめる場所もあるんです。
温泉はそれぞれ海が眺められる絶景スポットにあり、癒されること間違いなし。
また、夏には多くのステキな島カフェがオープンするので、カフェ巡りを目的とした島旅も楽しいですね。

さらに、小さな渓谷や植物園、ジャージー牛の放牧場もあり、自然を満喫できるでしょう♪

食事も島独特の味を楽しめます。
八丈島の伝統的な食といえば島寿司ですが、漬けにした白身魚のお寿司でわさびではなくからしが入っているのが特徴です。

また、独特の苦みのある野菜、明日葉も有名で天ぷらやお浸しでいただきます。
その他にも、島レモンやジャージー牛のミルクで作ったスウィーツなども絶品です。

島旅におすすめ!八丈島の魅力▶︎八丈島に行くなら知っておきたいこと

引用:www.hachijo.gr.jp

八丈島の旅には、レンタカーが断然おすすめです。
島ではバスも運行されていますが、本数が少ないので注意してください。

島自体はコンパクトで、道幅もわりと広いので無理なく走れますよ♪
ただし、島の一部は山道で危険な場所もあるので気を付けてくださいね。

少人数での移動ならバイク移動もありかも!
原付での移動でも十分に楽しめるので、車の運転に自信のない人はバイクを利用することも考えてみましょう。

夜ごはんへ行くのも、車やバイクがおすすめですが、飲酒運転にならないように注意してくださいね。

また、八丈島行きの飛行機は一日3便ですが、島は強風が吹くこともあり、予定通りに飛行機が運行されない場合も……!
日程には余裕を持たせるのが、八丈島の島旅のポイントです。

プチ情報ですが、島にはあまりコンビニがないので、島の中心にあるスーパーで必要なものを購入するのがベストです。

東京から55分で楽しめる島旅、八丈島の魅力をご紹介しました。
夏は、海のレジャーはもちろん、島でのんびりと朝ヨガを楽しんだり、夏しかオープンしないカフェで絶品スウィーツを味わったりもできます。
海に山に温泉に!と大満足できる旅に出かけてみませんか?