ドン引き!男性に聞いた“100年の恋も冷める”非モテ仕草とは?

LOVE

どんなに可愛くても、スタイルがよくても、男性って女子の仕草1つで冷めてしまうことも多いみたい。
自分では可愛く振る舞ってるつもりでも、実は引かれてた!なんてシャレにならないですよね。
あなたは大丈夫?残念女子になってない?今一度、自分の仕草をチェックしてみましょう。

100年の恋も冷める!男子ドン引きの非モテ仕草①笑顔後の真顔

いつもニコニコしている女の子ってやっぱり可愛い♡
モテるためにも、常に笑顔でいる努力を絶やさない女子が多いはず。

でも、心の底からじゃない、人工的な笑顔って、“持続性”がないのです。
その場を明るくするために、一瞬ニコッと笑顔になっても、モデルや女優さんと違って、ずーっと笑っているなんて不可能ですよね。

でも、男子はその笑顔が終わる瞬間まで、しっかりあなたのことを見ているんです!
笑顔がフッと消えた瞬間、“あ……この子、とりあえず笑ってるんだ”なんて思われたらアウトですよ。
口角をあげたり、いつも微笑んでいるように心がけることから、はじめてみましょう。

100年の恋も冷める!男子ドン引きの非モテ仕草②育ちがバレる食べ方

デートでランチ、ディナーなど、一緒に食事するのって、避けては通れないですよね。
最近、レストランや、カフェでもオシャレなメニューが増えていますが、見た目がいいだけに食べにくいメニューもいっぱいあって、食べるのに一苦労……なんてことも。

デート中は、特に食べ方には特に気をつけましょう!
たとえば、サラダの葉っぱが大きすぎたら、食べやすい大きさに切ってから口に運んだり、上品に見える工夫がマストです。

大きな口を開けて食べ物を押し込むなんてお下品。お里が知れちゃいますよ。
ゆっくり丁寧に、だけど堂々食べるように心がければ、彼の目にも綺麗に映るはずですよ♡

100年の恋も冷める!男子ドン引きの非モテ仕草③隠しきれない強気な発言

なにげなく会話していると、ついとっさの反応で「は?」とか、「っていうか……」など、ヤンキーのような言葉が出ていませんか?

昔、学校に悪い先輩がいた、みんなヤンキーだったなど、昔の地元のクセで、ついつい口調が荒くなったりキツくなったりしちゃう、隠れ元ヤン女子は多いはず。

大人になってきて、そんな言葉からはとっくに卒業したの!
なんて思って油断していると、何気ない瞬間に出てきくることも。
男子はその一瞬を聞き逃したりはしてくれませんよ。

怖い女。なんてイメージが一度ついちゃうと、覆すのには相当時間がかかります。
また、リベンジしようと、必死で上品ぶりっこをやり過ぎると、今度は「こいつ、つくってる。」なんて思われちゃうので要注意!
強気な発言は控えるようにしましょう。

100年の恋も冷める!男子ドン引きの非モテ仕草④勘違いモテ仕草

モテ仕草を研究しすぎて、全部作り物っぽくなっていませんか?

・か弱く、女の子らしくする。
・上目遣いをする。
・うなじを見せる。

などなど、そんな基本的すぎるモテ仕草は、現代の男性には通用しません!
男子のレベルや目利きも増して、以前よりも厳しくシビアになっていることを忘れないでください。
モテ仕草は浸透すると使えません。最新のモテ仕草をしっかり学びましょうね♡
またモテ仕草は、やりすぎ注意ですよ。

人間、見た目だけではありません。
むしろ、見た目のハードルが上がれば上がるほど、中身のクオリティも求められてしまいます。
その人の中身って、仕草や雰囲気に表れるもの。
見た目を磨くなら中身も一緒に高めて、非モテ仕草から卒業しちゃいましょう。