シンデレラに学ぶ♡愛され女子になれちゃう4つのポイント♪

LOVE

ディズニープリンセスは女の子の永遠の憧れ♡
そのなかでもディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点と言われているのがシンデレラなんです♪
今回は、そんな「灰かぶり」から「プリンセス」へと進化したシンデレラの行動や言葉、心情から愛され女子になるポイントを学んでいきましょう♪

愛され女子のポイント① いつでも勇気とやさしさを♡

シンデレラの作品の中で、これをなくしては語れないのがこの「勇気」と「やさしさ」です。シンデレラは若くして亡くなった実のお母さんから、「いつも勇気とやさしさを忘れずに」と言われます。

それからというもの、シンデレラはどんなに辛い状況におかれても、「勇気」と「やさしさ」を持ち続けます。
継母や義理の姉たちにどんな辛い仕打ちを受けても、決して仕返しなどはしませんでした。それはシンデレラがいつも強く「勇気」を持っていたからではないでしょうか。

また、王子がシンデレラを迎えに来た時に、シンデレラは継母に「あなたを許します」と言います。あんなにひどい仕打ちを受けていたのにも関わらず、許すことができる「やさしさ」は相当なものですよね♡

愛され女子のポイント② 自分について多くは語らない♡

シンデレラと王子が初めて出会った場所は、森の中。王子はシンデレラを気に入り、名前などを聞こうとします。が、シンデレラは自分の「灰かぶり」という意味をもつ義理の姉たちがつけたあだ名がコンプレックスで、名前すら答えません。

王子はシンデレラと別れた後も、名前すら知らないミステリアスなシンデレラのことを思い続けます。そしてシンデレラとの再会を強く願い、何の手がかりもないために舞踏会に国中の女性を招待するのです♡

王子は舞踏会で、名前も知らないシンデレラが入ってくると、一度出会っただけなのにすぐにシンデレラだと気づきます。自分について多くを語らなかったシンデレラですが、王子にはすぐにシンデレラだと分かったのです♡

最近の女性は、男性に自分について知ってもらうためにたくさん話してしまう人がいますが、それでは男性の興味をひくことはできません。最低限の情報のみを話し、あとは相手の想像に任せるようにすると、男性は自然とあなたのことを考えてしまうようになっちゃいますよ♪

愛され女子のポイント③ 印象に残るさようならを♡

シンデレラの名シーンといえば、真夜中を告げる鐘が鳴り、急いで舞踏会から帰るシーン。ここでシンデレラはガラスの靴を落としていきます。

「真夜中だわ」と言って慌てだすシンデレラに、王子はもっと一緒にいたいと言います。もっと一緒の時を過ごしたいのはシンデレラも同じですが、魔法が解ける前に帰らなければなりません。

ここで大切なのは、2人とももっと一緒にいたいと思っていることです。もっと一緒にいたいと思いながらさようならをすることで、また会いたいと強く願うようになるのです♪

また、シンデレラはこの後の物語のキーポイントとなるガラスの靴を落としていきます。このガラスの靴がヒントになり王子はシンデレラと再会することができるわけです。わざとではありませんが、このガラスの靴が置き土産となり、王子はガラスの靴を見るたびにシンデレラのことを強く思うようになるのです♡

愛され女子のポイント④ 夢を諦めない♡

シンデレラは継母や義理の姉たちに辛い嫌がらせをされていましたが、それにも耐え、夢を持ち続けました。

アニメーション中でシンデレラがいう言葉の中で1番有名なのが「If you keep on believing, the dreams that you wish will come true.(信じていれば、夢は叶う。)」という言葉♡どんなに辛い時も、夢を持ち続けたからこそ、フェアリーゴットマザーがやってきて、シンデレラに魔法をかけてくれたのです♪

誰にだって夢はあります。こんなの叶うわけない!と思っても願ってしまうのです。庶民だったシンデレラは一夜にして誰もが認めるプリンセスになりました♡

誰にだって夢を叶えるチャンスはあります。シンデレラのように夢を持ち、夢に向かって勇気をもって進んで行けば、夢は叶うんです♪

いかがでしたか??
シンデレラのように愛され女子になるには、いつでも勇気とやさしさを持ちましょう。
そして自分について多くは語らず、印象に残るさようならをして、夢を信じ続けましょう!
あなたにもきっとシンデレラになれるチャンスが巡ってきますよ♡