人間関係まで円滑になる!?自律神経の正しい整え方とは♡

私たちの身体のバランスを司る、自律神経。
「自律神経の乱れ」ってよく聞きますが、実際にはよく分かっていない……という方も多いのではないでしょうか?
自律神経を整えることは、とても大切なんです。その理由と、自律神経の整え方をご紹介します♪

自律神経を整える方法① そもそも自律神経って?

自律神経とは、私たちの意思とは関係なく無意識の内に働いている神経のこと。

心臓の動きや体温調節、食べ物の消化やホルモン分泌など、私たちが生きる上で欠かせない活動を担ってくれています。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2種類がバランスを保って働いています。
交感神経は、身体を活動モードにする神経のこと。
逆に、副交感神経は身体を休息モードにする神経のことです。

活動的になる日中は、交感神経が優位で、夕方〜夜にかけては副交感神経が優位になる状態が健康的なリズムです。このリズムが乱れて、夜にも交感神経が活発だと、眠れなくなってしまうんですね。

自律神経の乱れは、不眠症以外にも身体の至る所で不調を招く原因となるのです。

自律神経を整える方法② 呼吸で整える

自律神経は、日常的に整えてあげることが大切です。

長時間仕事と向き合っていたり、電子機器の使用やストレス状態が続くと、交感神経が優位な状態が続きリラックスできなくなってしまいます。

そんな時には、呼吸を整えてあげることがおすすめです。

全身の力を抜いて、深く深呼吸をしてみましょう。
特に、吐く息を意識して長めにゆっくり吐き出すことがポイントです。

呼吸をゆっくり丁寧にするだけでも、副交感神経が刺激されて、自律神経が整いやすくなりますよ。

自律神経を整える方法③ 食事で整える

食事をしている時は、休息モードである副交感神経が強く働きます。

そのため、食事をすることにはリラックス効果があるのです。

よく噛んで、ゆっくりと食事をすることで、より副交感神経が刺激されるので、大体ひとくち30回程噛んで食べることを心がけましょう。

忙しいからといって、仕事の片手間に食事をすると自律神経を乱す原因になります。

忙しい時こそ、「食事の時間」を作ってオン・オフを付け、リラックスの時間を大切にしましょう。

自律神経を整える方法④ 香りで整える

“香り”は即効性のあるリラックスアイテムです。

自分の好きな香りのアロマオイルやボディクリームでマッサージをしたり、睡眠時に好きな香りのアロマを枕元に置くだけで、良い香りに反応して副交感神経が優位になりリラックスできます♪

日々の生活の中で交感神経が優位な状態が続くことが多い中、意識的に副交感神経を優位にしてあげると、心と身体に良いことはもちろん、美容にも良い効果があります。

自律神経を整えて、自分自身がリラックスして良い状態であると、他人にもおおらかになれるので、対人関係も円滑になるはずです♡
いかがでしたか?
自律神経をコントロールして、ハッピーな毎日を過ごしましょうね♡

自律神経 整える 方法 人間関係 整え方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる