安い化粧水でいいじゃない♡美肌効果を高める正しい化粧水のつけ方♪

BEAUTY

化粧水、高いものを使ってる?それとも安い化粧水を使ってますか?
『コスメって高いものじゃないと効果がないんでしょ…』なーんて思ってるあなた!
コスメは値段よりも、つけ方やつける時のイメージの方が、ずっとずっと大事なんですよ♡

安い化粧水と高い化粧水のちがいって?

当然ですが、安い化粧水と高い化粧水は、入っている成分がちがいます。
高い化粧水の方が、お肌にいい成分が配合されているわけです。
ところが、ちょっとビックリなんですが、化粧水の原価って、必ずしも販売価格と比例しているわけではないんですよ!知ってました?

たとえば、デパートブランドなどの高級コスメの値段には、BA(ビューティアドバイザー)さんの人件費や場所代が含まれています。
安い化粧水と、その10倍のお値段の高い化粧水、10倍の美肌効果のちがいがあるか?といえば、実はそうでもないんです。笑

高い化粧水でもテキトーなつけ方では効果がない!

どんなに高い化粧水でも、もったいないからとケチったり、時間がないからとテキトーに使ったんじゃ、まったく効果がありません。
化粧水は、肌に浸透してこそ効果を発揮するもの。ただ肌に触れるようにつけるだけじゃ、ほとんど効果がなくて、せっかくフンパツしてくれたお財布も泣いちゃいますよ。

逆に、たとえ安い化粧水でも『お肌の奥まで浸透しろー☆』とか『お肌にイイことしてるなー♡』って思いながら使えば、化粧水としての保湿効果は十分高めることができます♡
化粧水は、値段よりも『意識&つけ方』!これ、忘れないでくださいねー!

安い化粧水の効果を最大限に高めるつけ方♡

それではいよいよ、化粧水の正しいつけ方をレクチャーします!
化粧水というと、コットン派と、素手派に分かれると思いますが、お顔全体をムラなくケアできるのは、やっぱりコットン。500円玉大を目安に、たっぷり化粧水をしみ込ませて、やさしーく、そーっとお肌の上を滑らせるように、化粧水を塗っていきます。

このとき、化粧水の量が少なかったり、ゴシゴシとこするように強くつけてしまうと、お肌を痛めてしまって逆効果なので、注意が必要です。

重ねづけで効果を高める!

コットンでつけた化粧水は、まだちゃんとお肌に浸透していない状態。
今度は手にも化粧水をつけて、丁寧にパッティングします。
ちなみに、ここでいうパッティングとは、ピシピシお肌を叩くことではありません!

コットンでも手でも、むやみに叩くとお肌を刺激する原因になるので、あくまでやさしーく、手のひらでお顔全体を包み込むように、化粧水を浸透させていきます。
お肌が手のひらに吸い付くようになったら、やっと浸透した証拠。ここまで丁寧にやって初めて、効果のあるつけ方ができるんですよ♡

知ってるか知らないか、ちょっとした違いでも将来のお肌の状態は変わってきます!
正しい知識を身につけて、自分史上最高の美肌をつくっちゃお♡