たった1時間!二日酔いを治す4ステップ

LIFESTYLE

12月後半は、クリスマスと年末が立て続けに来る忙しい時期!
パーティーや忘年会など、お酒を飲む機会も多いのではないのでしょうか?
散々飲んだ次の日に、用事や仕事がある忙しい人のために、1時間でできる二日酔いリセット方法をご紹介します♡

二日酔いリセット方法①▶︎おはよう!辛いけどまずはスポーツドリンクを飲んで!【5分】

二日酔いの朝、頭はガンガンするし気持ち悪いし、お腹もにごにごするしで布団から起き上がるのが普段の10倍以上辛いと思います……。
でも、そこはがんばって起き上がって、まずは冷蔵庫の前に行きましょう。

冷蔵庫に辿り着いたら、スポーツドリンクを飲みましょう。
大切なのは前日の帰り道に、いくら疲れていてもコンビニに寄ってスポーツドリンクを買っておくことです。
「眠いから明日の朝に買おう。」と思うかもしれませんが、確実に朝の方が辛いです。
二日酔いの朝はササっと着替えてコンビニに行くなんてなかなかできないでしょうし、ここでつまづいてしまったら、スムーズなスタートが切れないので、絶対に準備しておいてくださいね♪

飲みすぎた後の体は、アルコールによる利尿効果で脱水状態になっているので、スポーツドリンクで水分を効率よく摂取することが大切!
体内に残っているアルコールを薄めて体外に排出する目的もあるので、なるべくいっぱい飲んでください!

二日酔いリセット方法②▶︎そのままの勢いでお風呂に入って!【20分】

冷たいスポーツドリンクを飲んだら、起きた瞬間よりもちょっとスッキリしたはず!
ベッドに戻りたい気持ちをこらえ、そのままの勢いでお風呂に入りましょう。

二日酔いのときは、【38〜40度のぬるめの温度】で、湯船につかるのが良いです。
腎臓を温めることによって、利尿作用をさらに促進し、汗でアルコールの排出もできます。
また、体に残ったアルコールの匂いも、汗をかくことによって流せますよ♪

ただし、「二日酔いだと思ったけど、気持ち悪くない!ただただひたすら眠い!」という人は、お風呂の温度は【42度程度の熱めの温度】で、サッと入るのがおすすめ♡
熱いお湯は、吐き気や気持ち悪さの症状を増長させてしまう恐れがありますが、眠気覚ましには効果バツグンです!

二日酔いリセット方法③▶︎お風呂からあがったら、ホットコーヒーを。【10分】

お風呂からあがったら、まずすることは水分補給。
お水または、お風呂前に飲み切れなかったスポーツ飲料を飲みましょう。
その後は、熱いホットコーヒーをゆっくり飲んでください!

二日酔いのズキズキする頭痛は、アセトアルデヒドと呼ばれる物質が原因。
コーヒーに含まれるカフェインは、血液の収縮効果があり、頭痛を和らげる効果があります!
ミルクやお砂糖を入れると、胃を守ってくれて肝臓の疲労回復にもなるので、より◎です。

コーヒーを飲む時は、カーテンは開けて、陽の光が差し込む場所で思いっきりさわやかな曲をかけながら飲みましょう♪

二日酔いリセット方法④▶︎身だしなみをいつも以上に整える♡【25分】

二日酔いは気持ちに引っ張られることが多いです。
「二日酔い辛いなー」と思って過ごしていると、午後になっても夜になっても、なんとなくダルい状態が続いてしまいます。
さらに、気にしないようにしていても、「もしかして二日酔い?」と人に言われると、その度に二日酔いであることを意識してしまいますよね……。

二日酔いの日にふだん通りに過ごすためには、周りに二日酔いだと悟られないことが大切!
女性だったら、普段よりベースメイクをきちんとしてくすんだ顔色をカバーし、メイクもいつもよりちゃんとする。
男性なら、ヒゲをいつもより丁寧にし、髪をきちんと整え、ミント系のガムを噛んで口臭予防にいつもよりさらに気をつけるなど。
できることはたくさんあります!

あとは、二日酔いを公言しないようにして!
ふだん通りに過ごしていれば、自ずと体調もましになってくるはずです♪

二日酔いをリセットする方法をご紹介しました。
辛い二日酔いも、朝のうちにリセットできるよう対策をとれば、お昼すぎくらいからは楽になってきます♪
ぜひ参考にしてみてください!