アドバイスを上手く活かすために…!いま知っておきたい5つのこと

LIFESTYLE

仕事がはやい上司や恋愛経験豊富な友達からアドバイスをもらうこともあるでしょう。
そのもらったアドバイスは、活かすも殺すも自分次第。
ここでは、アドバイスを上手く活かすために知っておきたいことをご紹介します。

アドバイスを上手に活かす方法:柔軟性を身につける

上司に「こうした方がいいよ」といわれると、大半の人がいわれた通りに作業をこなすと思います。

つまり、アドバイスをもらうと、いわれた通りにしか動けなくなるんです。

これを続けるとマニュアル通りにしか動けない人になってしまうおそれがあります。柔軟性と対応力を身につけられないかもしれません……。

アドバイスを上手く活かすために知っておきたいこと:アドバイスは半分受け入れる

マニュアル人間になりたくない人は、アドバイスを半分だけ受け入れてください。

アドバイスを全部受け入れるだけでは、アドバイスをくれた人以上にはなれません。

アドバイスをジャンプ台して成長しましょう。

アドバイスを上手に活かす方法:体を動かしながら頭で考える

アドバイスを実践するときは「このような場合にはこう対応するのね」と、体を動かしながら頭で考えてください。
なにも考えずに真似するだけでは、いいなりになって利用される人生になってしまいますよ。

体を動かしながら頭で考えるクセがつくと、柔軟性と対応力を身につけられるはずです。

アドバイスを上手に活かす方法:優先順位をつける

いろんな人から様々なアドバイスをもらったときは、優先順位を考えましょう。

たとえば、ビジネスの場合は、サービスを実際に試したお客さんの声を優先させたいですよね。
提供側の都合を優先させると、お客さんが離れていくでしょう。

恋愛の場合は、すべてアドバイスを活かすと芯が弱い女性に見えてしまうので、できそうなことだけやってみてください。

アドバイスを上手に活かす方法:アドバイスは答えではなく「ヒント」だと思う

つまり、アドバイスは答えではなくヒントなんです。

アドバイスが欲しいときは答えを探していますよね。
残念ながら他人から答えをもらうことはできません。すぐに答えを見つけることもできません。答えは自分の力で導き出すものです。

アドバイスが正しい答えではないとわかると、上手くそれを活かすことができるはずです。

アドバイスをもらいすぎると、優先順位がつけられなくなります。
もらう量も調整してくださいね。