第二の脳!「腸の健康」が美と幸せを左右するってホント?

BEAUTY

腸内環境は健康だけでなく、人生そのものに影響を及ぼします。
栄養を吸収し毒素を排出している腸は「第二の脳」とも呼ばれ、自律神経を整えたり、副交感神経の働きを高めるなど、人生をより豊かに生きて行く上で重要な役割を果たしているからです。
今回は医師から学んだ、腸の健康状態を高める方法を紹介します!

朝の過ごし方ですべてが決まる

出典:www.excite.co.jp

腸の健康状態を高めるためには、朝の過ごし方にポイントがあります。

中でも起き抜けに飲む一杯の水と、朝食が腸の健康を左右します。

自分の体にあった水を飲むことの重要性は叶姉妹もよく主張していますが、本当に体に大きな影響を与えます。ですから、なるべく水道水は控えるか、一度沸騰させて白湯として飲むのがオススメです。

朝はデトックスタイムなので、あまりたくさん食べる必要はありません。

しかし、体のリズムを整える上で朝食はとても重要な役割を果たします。バナナ一本でいいので、体に栄養を与えてあげましょう♪

腸の「日和見(ひよりみ)菌」を味方につける

出典:www.huffingtonpost.com

私たちの腸の中にはたくさんの菌がいます。

その中でも善玉菌は2割、悪玉菌が1割、そして残りの7割は日和見(ひよりみ)菌と呼ばれる菌。日和見(ひよりみ)菌は、腸の状態によってどちらにでもなり得るものです。

ですから、日和見菌を味方につけることが腸の健康を保つ上で重要なポイントなのです!日和見菌を悪玉菌に変えないために、喫煙、睡眠不足、過度の飲酒を控えましょう♪

悪玉菌が増えてしまうと、サプリメントや化粧品の効果がなくなってしまうだけでなく、痩せにくい体になってしまうので注意が必要です。

増えてしまった悪玉菌をリセットするために

腸を一度リセットするためには、軽い断食が効果的です。

何度も繰り返すことはあまりオススメできませんが、1年に4回ほどであれば大丈夫です。

1日水だけで過ごすプチ断食や、朝はバナナとヨーグルト、昼はサラダ、夜は鰹節をかけたおかゆという食事を3日間続けるゆるい断食など、簡単にできるもので大きな効果があります。

断食は、ただ食事を断てばやせる、というものではありません。1週間などの長期にわたる場合は、効果のあるサプリメントを摂取したり、前後の食事を調整する必要があるので、信頼できる専門家に相談する必要があります。

決して無理はしないで下さいね♪

何より「楽に生きること」

出典:www.thedatereport.com

色々な方法を紹介してきましたが、腸をきれいにして自律神経を整える上で、一番効果がある方法は「楽に生きること」です!

「何時に寝ないといけない」「これを食べなきゃいけない」などと、ストイックに生活しようとすると、ストレスがたまり、自律神経が乱れ、腸内環境が悪くなってしまいます。

ゆとりを持って、楽しく生きることが一番の健康法だと言えます♪

あまり難しいことは考えずに、自分の体と相談しながら色々試してみてください。私は考えすぎてしまうくせがあるので、ローラの動画を見て、イメージトレーニングをしています♡

いかがでしたか?
今回は、順天堂大学医学部教授の小林弘幸さんが主張されている「自律神経美人」をつくるための方法を紹介しました♪
「ゆるく、楽しいことだけ」がポイントです。
興味がある方は、書籍もチェックしてみて下さい♡