【奥二重】アイライナーの引き方8選!ぱっちり大きく見せて目力UP

BEAUTY

目元の印象を大きく変えてくれるアイライナーは、女性のメイクで欠かせない存在。
ですが、奥二重さんからするとアイライナーを引くことが難しく感じたり、逆に目を小さく見せてしまったりすることもあるのではないでしょうか。
そこで今回は、奥二重さん向けのアイライナーの引き方をご紹介いたします。

奥二重とは?

ロングヘアの女性

奥二重とは、二重まぶたに分類されるまぶたの一種です。
ですが、目頭から目尻まで二重部分をまぶたの上の皮膚が覆っていることが特徴なので、二重のようにぱっちりした目元ではなく、パッと見たときに一重に見えてしまうことも。

まぶたの厚みやたるみが二重のラインにかぶることや、二重のラインが狭かったり浅かったりすると奥二重でも一重に見えやすくなってしまうそうです。
目尻側だけ二重のラインが見えたり、薄目になったときにラインが見えたりすれば、奥二重ということになります。

アイシャドウの色が映えなかったり、アイラインが隠れて見えなかったり、眠そうに見えたり、目が小さく見えたり……奥二重であることにコンプレックスを抱えている女性も多くいるようです。
ですが、メイクによって可愛くもクールにも変身できるのは奥二重さんの魅力♡

アイライナーの基本的な引き方、応用した引き方をマスターすれば、もっと自分のことが好きになれるかも!

奥二重向けアイライナーの引き方【基本編】

メイクをする女性

まずは、奥二重さん向けの基本的なアイライナーの引き方をマスターしましょう!
アイライナーの引き方と一口に言ってもいろいろあるので、ナチュラルな目力アップを叶えるためには、奥二重さんに合うアイライナーの引き方が重要になるんです。

<奥二重向けアイライナーの引き方>
①最初にビューラーでまつ毛を持ち上げたら、まぶたの皮膚を斜め上に引っ張り、目を閉じようとした状態にし、まつ毛の上の皮膚を伸ばしてフラットな状態にします。
②肘をテーブルについたら、アイライナーを持つ手の小指の外側を頬につけ、肘と手首を固定させてブレを防止します。
③いきなり目頭から目尻へラインを引くのではなく、まずは点をつなげてラインを描くイメージで、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めていきましょう。

目頭から目尻に向かってアイライナーを小刻みに動かせば、ナチュラルなアイラインの完成です。
目を大きく見せたいからといって太くラインを引いてしまうと、かえって小粒目に見えてしまうこともあるので注意してくださいね。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】①極細ラインでナチュラルに

アイライナーを描く女性

アイライナーが太くなってしまうと二重のラインが消えてしまうので、奥二重さんは極細ラインを心がけることがおすすめ。

まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにラインを引くだけでもいいですが、もう少し目力を出したい場合は、細く引いたアイライナーでナチュラル&目力アップを目指しましょう。

<細く入れるアイライナーの引き方>
①基本の引き方でまつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにラインを入れたら、使っているアイライナーの先でラインを引きます。
②一気に引くのではなく、目頭から真ん中、真ん中から目尻というように少しずつ動かしましょう。

リキッドタイプや芯が柔らかいペンシルタイプだと描きやすいです。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】②目尻のラインを下げてタレ目風に

口をとがらせる女性

クールに見られがちな奥二重さんですが、アイライナーの引き方次第で可愛らしい印象にすることもできます。
それは、タレ目風にラインを入れること♡

<タレ目に入れるアイライナーの引き方>
①基本の引き方でアイラインを入れたら、目尻から下方向へ伸ばしてタレ目にすれば完成です。

目尻からはみ出すラインを下げ気味にするだけなので、とっても簡単!

タレ目にすれば、優しい目元に見せることができ、キュートで守りたくなるような女性に変身することができますよ。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】③目尻を5mmくらい伸ばして切れ長に

バラを持つ女性

奥二重さんは、切れ長タイプの女性が多く、その分クールな印象を持たれることもあるようです。
この切れ長な目元を活かしつつ、パッチリした目を実現するなら、さらに切れ長に見せるのがいいですよ!

<切れ長にするアイライナーの引き方>
①基本の引き方をしたら、目尻から+5mmくらい水平にラインを伸ばして切れ長にすれば完成です。

目尻からのスッとしたラインが、奥二重さんの魅力を際立たせてくれます。
よりクールビューティーな目元にすることができるので、パーティーなどの華やかなドレスを着るシーンにもぴったりです。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】④目尻を跳ね上げてキャットアイに

髪をかき上げた女性

猫のような目元になれるキャットアイを意識したアイライナーの引き方も、奥二重さんにおすすめの応用術です。
ですが、ただアイライナーを跳ね上げるように引いてしまうと、クールな奥二重さんの印象をきつく見せてしまうことがあるので、引き方にはちょっとしたコツがいります。

<キャットアイにするアイライナーの引き方>
①基本の引き方をし、目尻に沿って一度アイラインを下げます。
②そこからもう一度跳ね上げるようにラインを入れれば、自然なキャットアイの完成です。

一度目尻に沿って下げてから、上向きのアイラインを描くのがポイントで、ちょっぴりセクシーな雰囲気も演出することができますよ。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】⑤目の中央から目尻だけに入れる

笑顔の女性

「奥二重だとどうしても上手にアイライナーが引けない」という女性は、目の中央から目尻だけにラインを入れるというテクニックを活用するのもおすすめです。

<目の中央から目尻だけに入れるアイライナーの引き方>
①上まぶたを持ち上げて、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを入れます。
②次に、黒目の中央あたりから、細めのアイラインを目尻に向かってスッと入れましょう。

半分だけなら失敗しがちなアイラインも簡単に引くことができますし、忙しい朝の時短メイクにも◎
オフィスでも浮かないナチュラルな仕上がりになります。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】⑥目尻のラインだけ太くする

パーマをかけた女性

奥二重さんがアイライナーを引くときは、細めのラインが鉄則。
ですが、物足りなさを感じたり、もう少しアイメイクを盛りたいと思ったりすることもあるでしょう。

そのときは、目尻のラインだけ太くするのが正解です。

<目尻のラインだけ太くするアイライナーの引き方>
①基本の引き方+細めのラインで目尻までアイライナーを引きます。
②一度目を開けて、二重のラインにかぶってないことを確認しながら、目尻だけ太さをプラスしていきましょう。

いきなり太くすると失敗してしまうので、少しずつ調節するのがポイントです。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】⑦黒目の上下だけにラインを入れる

笑顔の女性

目頭から目尻までアイライナーを引くのもいいですが、黒目の上下のみのアイライナーを入れるのもアリ!
たったこれだけでも、奥二重さんの目の縦幅が広く見え、自然なデカ目効果を狙うことができます。

<黒目の上下だけにラインを入れるアイライナーの引き方>
①まぶたを上に持ち上げ、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように描いたら、黒目部分のみにもう一度アイライナーを入れましょう。
②黒目の上のところだけ少し濃くなるようにしたら、黒目の下のまぶたにもラインを入れましょう。

ブラックカラーだと濃くなりすぎてしまうので、ブラウン系のアイライナーを使うとナチュラルに仕上げることができます。

奥二重向けアイライナーの引き方【応用編】⑧カラーライナーで存在感を出す

イエローライナーを使った女性

奥二重さんなら、カラーライナーを使って遊び心のある目元を楽しむのもおすすめ。
カラーライナーを使う場合は、目尻のみにワンポイントで引くのがポイントになります。

<カラーライナーを使ったアイライナーの引き方>
①好みのアイライナーをチョイスし、目尻側1/2だけにラインを入れます。
②最初は細めに、少しずつ太さを調節して、しっかり存在感をアピールしましょう。

ネイビー系ならクールな奥二重さんの魅力を引き立ててくれますし、ボルドー系なら温かみを残して色っぽい目元にしてくれます。

ピンクは腫れぼったく見えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

奥二重さん向けのアイライナーの引き方をご紹介させていただきました。
奥二重さんの場合は、二重のラインを消さないように細く繊細なラインでナチュラルなデカ目を狙うのが鉄則。
そこから気分やコーデに合わせて応用した引き方を取り入れ、今以上にアイメイクを楽しんでいってくださいね。