『嫌われる勇気』があれば、あなたはもっと魅力的になれる♡

LIFESTYLE

あなたは、人から嫌われてもいい、と思えますか?
『こんなこと言ったら嫌がられるかな…』『こうしないと嫌われるかも…』
人の目を気にして、自分の思い通りに生きられないのではありませんか?
嫌われてもいい!と割り切れれば、もっと人生は楽しくなるんですよ♡

嫌われるのは当たり前!?人の価値観は千差万別

人の数だけ、価値観があります。
誰かにとって正しいことも、ほかの誰かにとっては大きな間違い!
小さなコミュニティでも、世界規模で見ても、人間社会って対立ばかりです。

つまり、そもそもみんなに好かれるなんて不可能!万人ウケなんてありえないんです。
その場しのぎで目の前の人に合わせることはできても、全員がいる場で、ひとりひとりに合わせるなんてできない。
世の中すべての人に好かれるなんて、ありえない…身もフタもない言い方ですが、とりあえずこの前提まではOKでしょうか?

嫌われる勇気がなきゃ、思い通りになんて生きられない

誰かに嫌われるということは、文句を言われるということ。
でも、誰だって文句なんて言われたくないですよね。
できればみんなから褒められたい。もっと優しくしてほしい。

さて、ここでいう『みんな』って誰でしょう?
AさんとBさんとCさん、意見はきっとバラバラです。誰に合わせればいいのでしょう?
みんなから好かれようと思ったら、全員の意見に逆らわずに済む、きわめて中立的で平凡な行動をとらなきゃいけない…あれ?それって、なんだかとってもつまらない人みたい!

嫌われる人は、そのぶん好かれる

マザーテレサの言葉に『好きの反対は無関心』というのがあります。
『嫌い』という感情は、その人に対して強烈な興味がなければ生まれない。
たしかに、誰だって自分の貴重な時間を、どうでもいい人に使わないですよね。

だから、たとえ嫌われたとしても、それって実は『好き』と紙一重。というか、ほぼ『好き』。強烈な個性や魅力があるからこそ、嫌いになるんです。
『無関心』=記憶にすら残らない人よりは、強烈な印象を与える人の方が、魅力的ですよね♪
嫌われた分だけ、好かれる!そう思ったら気が楽になりませんか?

嫌われていいなら、もっと自由に生きられる

もちろん、ここで言う『嫌われる』とは、みやみに人を攻撃したり、失礼なことをするという意味ではありません。自分のしたいように、自由に生きるという意味です。

周りの人はいろいろなことを言ってきますが、あなたの人生の責任、誰が代わりにとってくれるでしょうか?どうせ、あなたが人生すべての責任をとらなきゃいけないんだから、自分の好きなように生きた方がおトクだと思いませんか?

雑音をすべて消して、自分の心の声を聞いてみてください。
ずっと周りの目を気にして、気づかないフリをしていたけど、本当は私、これがやりたかったの!ということが、きっと見つかるはず…!

みんながもっと自由で素直に生きれば、自由に生きている人に対するひがみや妬みだってだいぶ減る気がします。自分が本当は何がしたいのか、一度よく考えてみてはいかがでしょうか?