まずは生活習慣を見直してみて!今すぐできる乳がんの予防法6つ

女性のがん死亡原因のトップにもなっている乳がん。
今や25人に1人が乳がんになっているともいわれています。
人生を狂わせるといっても過言ではない乳がんですが、生活習慣の見直しをしてできる限り乳がんの発症を予防していきましょう。

乳がんを予防するための生活習慣①大豆食品・イソフラボンを積極的に摂取しよう!

大豆イソフラボンには、乳がんの原因になる女性ホルモン(エストロゲン)の作用を抑える効果があるといわれています。
そのため乳がんの予防に期待できるのです。

大豆イソフラボンは主に、味噌・納豆・豆腐などの大豆製品に含まれます。
また、サプリメントなどでイソフラボンを摂取することもできますが、イソフラボンの大量摂取が乳がん予防により効果があるわけではありません。

大豆イソフラボンを日常の食事に取り入れる程度の適度な摂取が、乳がんの発症リスクを下げてくれると期待されています。
ぜひ食生活習慣を見直してみましょう!

乳がんを予防するための生活習慣②アルコールは控えめに!

アルコール飲料の摂取は、乳がんの発症リスクを高めるといわれています。

時々アルコールをたしなむ程度の摂取は、それほど大きな問題にはなりませんが、アルコール摂取量が増えるにつれて、発がんリスクも増えていくと考えられています。

食生活習慣に加え、アルコール飲料の過剰な摂取を控えることも、乳がんを予防する方法の一つです。

乳がんを予防するための生活習慣③毎日適度な運動を取り入れよう!

適度な運動は乳がんの発症リスクを下げてくれる可能性があるうえ、体に良いことはいうまでもありませんね。

乳がんを予防するための生活習慣では、毎日クタクタになるほどの運動が必要というわけではなく、積極的に階段を使う、一駅分歩いてみる、家の掃除をする……などの日常に取り入れることができる程度で◎

しかし、運動することがストレスになるようなら、それは逆効果なので無理は禁物。
自分のペースに合わせてリラックスできる程度の、適度な運動を取り入れましょう!

乳がんを予防するための生活習慣④ストレスフリーな生活を心がけよう!

女性はストレスによってホルモンが乱れやすく、その女性ホルモン(エストロゲン)の乱れが発がんリスクをあげてしまうといわれています。

また、ストレスによって家に引きこもりがちになったり、食事が摂れなくなったり、アルコールの過剰摂取をしたりするなどの生活習慣の乱れも、乳がんの発症リスクを高めてしまうと考えられます。

ストレスを感じた時にはこまめに発散し、ため込まないようにすることが予防になります!

乳がんを予防するための生活習慣⑤喫煙は控えよう!

喫煙は「百害あって一利なし」といわれている通り、体に悪影響を与えることは言わずもがなですね。
それは乳がんも対外ではなく、喫煙は乳がんの発症リスクを高めるといわれています。

また、自分が吸わなくても配偶者や友人など受動喫煙にも注意が必要です。
自分と大切な人たちの健康を考え、予防のために生活習慣を改め、禁煙することを強くおすすめします。

乳がんを予防するための生活習慣⑥ノーブラ健康法を学ぼう!

ブラジャーを着用している女性はブラジャーを着用していない女性と比較すると、乳がんの発症リスクが高いといわれています。
その理由は、体の締め付けです。

ブラジャーによって胸周りを締め付けることによって、血流が低下し低体温状態になります。
それはがん細胞が活発に増殖しやすい生活習慣になると考えられています。

就寝時や休日などノーブラでも過ごせる日は、ブラジャーを外し胸周りを温めるよう心がけ、乳がんの発症を予防しましょう。
どれも日常生活で取り入れやすい予防法ばかりでしたね。
健康維持のために日々の生活習慣を見つめ直し、乳がん予防策を正しく取り入れていきましょう。

【関連記事】他人事だと思ってない?やってみよう「がん」のセルフチェック

「私には関係ない」と、つい他人事だと思ってしまいがちですが、思っている以上にがんの発症...

乳がん 予防 生活習慣

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる