関係が崩れる前に行動して!ケンカをした友達と仲直りする方法

LIFESTYLE

本当はケンカなんてするつもりなかったのに、些細なことで友達とケンカをしてしまうと、すぐに仲直りするのは意外と難しいですよね。
そこで今回は、友達とケンカをしてしまった場合の仲直りをする方法をご紹介します!

友達とケンカをした時の仲直りの方法① 自分から謝る

「相手が悪いんだから私からは絶対に謝らない」と思っていませんか?
その時点で断固として自分から謝らない姿勢を貫いていると、いつまで経っても仲直りをすることはできません。

ケンカをした時点でプライドを捨てて、自分から謝ってしまいましょう。

そのほうが早く仲直りをすることができますし、今後友達との関係を修復しやすくなるはずですよ♪

友達とケンカをした時の仲直りの方法② 誰かに仲裁に入ってもらう

2人っきりで話をするのが難しいのであれば、信頼できる友達に仲裁に入ってもらうというのも一つの手。

2人っきりだと埒が明かないことも、誰かが仲裁に入ってくれることで、対等な立場で会話を整理してくれることも。落ち着いて会話をすることができるはずですよ!

友達とケンカをした時の仲直りの方法③ 意地を張らない

意地を張ってばかりでは、仲直りするのはとっても難しくなってしまいます。

時間が経てば経つほど、「もう仲直りをしてもいいかな」と思っても、なんだか気まずい関係になってしまいます。
意地を張るのはやめて、早めに仲直りをするために行動を起こすようにしてください。

「別に仲直りなんてしたくない」などと意地を張っているうちに、本当に友情関係が壊れてしまうかも……。そうなる前にきちんと行動しましょう♪

友達とケンカをした時の仲直りの方法④ LINEで解決しない

ちょっとしたことなら、「さっきはごめんね!」とLINE(ライン)で伝えるのもいいですが、ちゃんと話し合って解決したほうが良いケンカなら、面と向かって話し合いをすることが大切。

長文でやりとりをすると、間違ったニュアンスで捉えられてしまうこともあるので、却って関係をこじらせてしまうかもしれません。

きちんと顔を合わせて、冷静に話し合ってみてくださいね!

友達とケンカをした時の仲直りの方法⑤ 少し時間を置く

冷静になれないのであれば少し時間を置いてみてください。
お互い落ち着いて話し合いができない状況なのに話し合おうとしても、余計に関係をこじらせてしまうかもしれません。

解決したとしてもモヤモヤした気持ちが残ってしまうことも……。

時間を空けすぎると返って仲直りしづらくなってしまうので、気持ちがある程度落ち着いたら話し合う機会を作ってみましょう♪

友達とケンカをした時の仲直りの方法⑥ 相手の言い分を聞く

自分の気持ちを一方的に伝えても相手がその時どう思っていたのかわからず、何の解決にもつながりませんよね。

仲直りをするときは、自分だけではなく相手の話もきちんと聞くことが大切なんです。
ちょっとしたすれ違いや勘違いからケンカになってしまっていたことがわかれば、すぐに仲直りをすることができるはずですよ♪

いかがでしたか?大切な友達との関係が壊れてしまうのは嫌ですよね。
ケンカした直後は嫌なこともあるかもしれませんが、友情関係が壊れないように行動してみてくださいね♪