“明るい赤”を恐れずに身につける。本物の美人がやっている美容テク

テレビや雑誌で、肌の色や女性の種類によって身につけてはいけない色などがよくいわれていますよね。
イエローベースやブルーベース、スプリングやウィンターといったパーソナルカラーも大切かもしれないけれど、本物の美人は必ずしもそれに従う必要はないということを知っています。
美容に対して冒険心を忘れないことが美人の本当のルールなんです♪

《本当の美人がやっている美容テク》“明るい赤”を恐れずに身につける

明るい赤って綺麗な人しかつけられないイメージがあったり、肌や髪の色で印象が変わってしまう色ですよね。

女性なら誰もが“自分に似合う赤”を知っておきたいものですが、永遠の定番である“明るい赤”もぜひ持っておきたいところ!

「似合わないから……」なんて言わないで。明るい赤が似合わない女性はいないのですから♡
肌が白い人も、暗めの人も、髪がハイトーンでもダークトーンでも、すべての女性が似合う色って明るい赤なのではないでしょうか♪

《本当の美人がやっている美容テク》シェーディングはしない方が綺麗

最近はコントゥアリングメイクが流行っていて、シェーディングやハイライトが当たり前になりましたね。
確かに骨格を強調するメイクは綺麗に見えますが、あまり強調しすぎるのも問題……。

メイクは綺麗に見せて、自信を持てる素敵なものですが、隠したり騙しすぎたりするとメイクをしていない状態が恐怖になってしまいます。
本来は素の状態で美人になれるのが◎そのための美容アイテムもたくさんありますよ♪

シェーディングなどのメイクにばかり頼りすぎず、そのままの自分を活かす美容方法を見直してみてください♡

《本当の美人がやっている美容テク》ヘアカラーは冒険すべき

日本人はヘアカラーをしない限り、ほとんどの人が暗い髪の色をしているため、時々ヘアカラーで人を判断してしまうこともあります。
でも、本当に美人になりたいのなら髪の色のルールを捨てて冒険するべき♪

あなたが一番美人に見える髪色は、黒でもアッシュブラウンでもないかもしれません。
もしかすると金髪かもしれないし、ピンクベージュのような色かも……!

いきなり奇抜な色に髪を染めるのは抵抗があると思いますが、ただのアッシュではなく、ピンクやベージュ、オリーブなどさりげなく遊んでみてはいかがでしょうか?

《本当の美人がやっている美容テク》フルメイクが豪華でも構わない

よく「引き算メイク」という言葉を耳にしますが、必ずしもメイクを引き算をする必要はありません。
アイメイク、チーク、リップの全てが豪華だって構わないのです!

「ばっちりメイクだね」なんて言われると頑張りすぎたかな、とからかっているような印象を受けますが、それを気にしていたら美人にはなれません。

いくら引き算メイクが流行していても、豪華なフルメイクは男性には不評でも、自分が綺麗に見えるのならやるべきなんです♡

《本当の美人がやっている美容テク》眉毛の威力を知っている

眉毛は顔の輪郭の一部と言っても過言ではありません。眉毛の太さや色、長さで印象は変わります。
眉毛を見ればいつの時代かわかってしまうほど、眉毛には威力があるのです。

だからこそどのパーツより流行に敏感になっておきたいパーツが眉毛なのですが、自分らしさを忘れたくないところでもあります。
整えたり、書き足したり、アートメイクをするのもいいですが、地眉を活かすのはもっとGOOD!

特に眉毛が濃くて悩んでいる人ほど、地眉で勝負してみてください♪流行に惑わされない、意志の強さが見てとれます!
眉毛を主役にそのほかのメイクを楽しむのもいいものですよ♡
トレンドやパーソナルカラーに合わせたメイクは今っぽいメイクになりますが、それ以上に自分が何を身に付けたいのかが重要だと思います♡
みんな同じ顔になってしまわぬよう、あなたらしさを演出すればもっと美人になれるはずです!

【関連記事】細胞レベルでケアしてる?今話題の「時計遺伝子」美容法

最近注目を集めている「時計遺伝子」を使った美容法。なんでも、人間の遺伝子の仕組みを活用...

美人 美容 テク ルール

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高月ルナ

>もっとみる