名言ばかり!映画「最高の人生の見つけ方」から元気をもらおう

LIFESTYLE

映画「最高の人生の見つけ方」を知っていますか?余命宣告をされた男性二人の、残された時間の過ごし方に人生を問う物語です。劇中、心動かされるような名言が数多く出てきます。素晴らしい名言をまとめてみました!

名言がいっぱいの映画「最高の人生の見つけ方」は余命6ヶ月、一生分笑うストーリー

出典:www.amazon.co.jp

名言がいっぱいの映画「最高の人生の見つけ方」のストーリーをご紹介します。

これまで仕事に人生をかけてきた、大富豪のエドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために一生懸命コツコツ働いてきた、カーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病院で出会います。
そこで数奇な運命として、お互いの余命は6ヶ月と分かります。
やりたかったことをすべてやってしまおうと誓い、ふたりは病院をあとにするのでした…!

このように、ふたりがリストを手にし、さまざまなことに挑戦していくストーリーが、名言がいっぱいの映画「最高の人生の見つけ方」です。

映画「最高の人生の見つけ方」の名言①人生の価値は容易には量れない!

出典:eiga.com

映画「最高の人生の見つけ方」の名言、はじめの紹介です。

『人生の価値は容易には量れない。ある人は、人生の価値は家族や友で、ある人は信仰心で、ある人は愛でという。人生は意味がないという人もいる。私は、自分を認めてくれる人がいるかで決まると思う』
『私の牧師がいつもこう言う。「我々は皆同じ川に向かって流れている。その滝の先に広がるのが天国だ」と。人生を楽しんでくれ』

この名言からは、人生の価値は容易には量れない!ということを私たちに伝えています。
映画「最高の人生の見つけ方」はこのように、大事なことを気づかせてくれる映画です!

映画「最高の人生の見つけ方」の名言②人生とは誰のために生きるもの?

出典:eiga.com

映画「最高の人生の見つけ方」の名言、お次はこちらです。

『星は神の最高傑作の一つだな』

『俺は学んだ。95%の人間はいつも間違ってる』

『古代のエジプト人は死に対し壮麗な信仰を持っていた。魂が天の門を通ると、神が二つ質問をするんだ。その答えによって天国にいけるかどうかが決まるんだ。一つは人生で喜びを得たか?二つ目は自分の人生は他人に喜びを与えたか?だ。』

『永遠に目をとじたときに、心の目が永遠に開いた!』

これらの会話もまさに名言と言えるでしょう。人生とは誰のために生きるもの?と私たちに問いかけている、映画「最高の人生の見つけ方」の名言です!

映画「最高の人生の見つけ方」の言葉が名言として心に残る理由

出典:eiga.com

では最後に、映画「最高の人生の見つけ方」の言葉が名言として心に残る理由をご紹介します。

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン演じるふたりは、余命宣告された老人たちです。
死と隣り合わせの状態、だからこそ“死”を身近に感じ、言葉の重みが増すのでしょう。
しかしふたりから学ぶのは、名言ばかりではありません。

パワフルな精神力、どんな時、どんな状況でも冗談を言って笑いあう、そんな姿に心が温まる映画でもあります。
愛とは何か、生きていることの意味、家族との時間…そんなことを考えさせられる映画が「最高の人生の見つけ方」です!

いかがでしたか。
愛とは、家族とは、本当の自分とは。死に直面したふたりは、生きることにとてもシンプルになりました。
迷いそうな時、心が折れそうになったときは、映画「最高の人生の見つけ方」の名言を思い出してみてくださいね♪