イチバン憧れのハーフ顔♡ヘア&メイクを変えるだけで誰でも近づけます!

BEAUTY

ローラさん、トリンドル玲奈さん、マギーさん、ダレノガレ明美さんなど、多くのハーフ芸能人が今、人気爆発中! 
この人たちに憧れて、ハーフ顔になりたいと願う女子も増えています。
人種は違えど、似せることは誰でも可能! ヘアやメイクで夢のハーフ顔に一歩近づきましょう。

ハーフ顔になる!ヘアメイク秘訣①「アッシュ系ヘアカラー」

世界に誇れる美しい黒髪を持った日本人ですが、ハーフっぽくするなら日本人っぽさ満点の黒髪とはおさらばしましょう。

ハーフっぽさを目指してヘアカラーをするとき、絶対に押さえるべきポイントは、「柔らかい」「透明感」「色素が薄い」の3つです。

日本人の髪には赤メラニンという色素が入っていて、髪が明るくなるにつれてオレンジっぽくなったり、黄色っぽくなったりします。
これでは憧れのハーフっぽさから遠ざかってしまいます。

オススメは、透明感のある色素薄めのアッシュカラー。
ヘアスタイルが一気に柔らかく、軽い印象になって、一気にハーフっぽさが増しますよ。

ハーフ顔になる!ヘアメイク秘訣②「眉と目の距離を近づける」

てっとり早くハーフ顔を叶えるのなら、アイブロウがポイントです。

画像のローラさんのように、ハーフ顔の人の特徴は「眉と目の距離が近い」ということ。
眉と目が近くなることで、目ヂカラもグッとアップするんです。

かといって、日本人は元々眉と目に距離がある顔立ち。
距離を縮めるなんて至難のわざ......と思いますよね。

でも実は意外と簡単! 
アイブロウペンシルを使って、眉下を書き足しちゃえばいいのです。
毛を1本1本描く感覚でナチュラルな仕上がりを心がけてください。

ただし、描いてそのままは不自然すぎてしまうのでボカすことを忘れずに。

ハーフ顔になる!ヘアメイク秘訣③「ブルー系の化粧下地を使う」

出典:www.muji.net

ハーフ顔の特徴といえば、透き通るような肌。
まるで肌の内側から光を放っているようなツヤめきと、一点の曇りもない透明感がマストです。

でも、日本人といえば黄みよりの肌。
どのように透明感のある肌を手に入れることできるのでしょうか? 

ポイントは、ブルー系の下地を使うことです。
ブルー系の下地には肌のくすみを打ち消す効果があり、一気に肌をワントーン明るく見せてくれます。

さらに美しく仕上げるコツとして、このブルー系下地を塗ったら、ハンドプレスをしてください。ツヤ感がアップして、透明発光肌に変身します♪ 

ハーフ顔になる!ヘアメイク秘訣④「ヘーゼルのカラコンを装着」

出典:morecon.jp

ハーフ顔の特徴の1つに挙げられるのが、「色素が薄い」ということ。
上記でも述べたアッシュ系のヘアカラーが当てはまりますが、もう1つ、ハーフ顔にすべく色素を薄めるパーツがあります。

それが、瞳。
黒やこげ茶の日本人の瞳は、カラコンで色素を薄く変身させちゃえば良いのです! 

ヘーゼルのカラコンなら、ほんのり茶色がかっていることもあって、なじみも抜群。
超自然に、ガラッとハーフっぽい瞳を演出してくれます。

ハーフっぽくなるポイントは、ヘアにもメイクにも共通している「柔らかい」「透明感」「色素が薄い」の3つです。
これさえ押さえれば、誰でもハーフ顔に近づきます♡お試しあれ。