映画化されるほど人気!伊坂幸太郎のおすすめ小説4冊

LIFESTYLE

数々の作品が映画化されている小説家・伊坂幸太郎さん。
彼の小説の魅力は、とても個性的なキャラクターと、その独特なセリフ回し。
そして、巧妙な伏線とその回収が爽快な読後感をもたらしてくれます。

伊坂幸太郎おすすめ小説①▷「アヒルと鴨のコインロッカー 」

引用:www.amazon.co.jp

2007年に濱田岳さんと瑛太さんのW主演で映画化された「アヒルと鴨のコインロッカー」は、その文章構成がとにかく巧みで面白いミステリー小説です!

この小説は、「椎名」という押しに弱い男子大学生の話と、「琴美」という女性の話が、ほぼ交互に描かれていきますが、琴美の話は椎名の話よりも2年前の話です。
この「現在」と「過去」という時間軸の違う2つの話が次第に交錯し、繋がりを見せ、真相が明らかになるクライマックスへと流れていくまでの構成が、秀逸の一言。

初対面の容姿端麗な男「河崎」に、唐突に持ちかけられた「本屋で広辞苑を盗まないか」という提案。
そんな一言から、椎名を巻き込み始める物語はどのような展開を見せるのか。

伊坂幸太郎さんらしい伏線とその回収を楽しめるおすすめの一冊です♪

アヒルと鴨のコインロッカー

¥700

販売サイトをチェック

伊坂幸太郎おすすめ小説②▷「重力ピエロ」

引用:www.amazon.co.jp

こちらの作品も2009年に映画化されたもので、小説・映画ともにとても評価の高い物語です!

「和泉」と「春」という血の繋がらない兄弟による家族愛がベースになっているサスペンス・ミステリー小説です。
そして、テーマそのものはなかなか重たいです……。
Amazonの商品説明でも、「弟の春は母親がレイプされたときに身ごもった子どもであり、レイプという憎むべき犯罪を肯定しないことには、春自身の存在も肯定されない」というようなことが書いてあり、この時点で手に止めるのを止めてしまう方も多いはず。

でも、そんな重たいテーマにも関わらず、伊坂幸太郎さんらしく、この小説は軽快です。
読んでいて、爽やかさすら感じるほど。
それは、「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」という作中での春の台詞そのままであるかのよう。
正に、空中ブランコを飛ぶときに重力を感じさせないピエロのように、展開される物語が「重力ピエロ」です!

重力ピエロ

¥724

販売サイトをチェック

伊坂幸太郎おすすめ小説③▷「陽気なギャングが地球を回す」

引用:www.amazon.co.jp

またまたこちらも2006年に映画化され、同年に続編小説も出ているほどの人気作です。

主人公は、なんと4人の強盗団。そして、4人の強盗はそれぞれ特技を持っている。
1人は「人間嘘発見機」。1人は「演説の達人」。1人は「天才スリ」。1人は「正確な体内時計」。
そんな4人は「人を傷つけないことをポリシー」としている強盗団で、これまでに強盗を働いて失敗したことなどない!

そんな素敵無敵な強盗団だったのが、ある日、強盗には成功したものの、これまた別の強盗犯に盗んだお金を取られてしまうという失敗が!!
それを奪われてたまるかとばかりに、4人の強盗団が奪還しに動き出すというドタバタコメディタッチの小説です。

しかし、ただのドタバタコメディで終わらないのが、伊坂幸太郎さん。
見事な伏線回収も読めます。「中学生のいじめ」などの問題も取り入れられています。
そして、それらが見事に調和していることと、4人の強盗団のキャラの良さのおかげで、読後感はとてもすっきり。
続編も含めて、「陽気なギャングが地球を回す」はおすすめの小説です!

陽気なギャングが地球を回す

¥679

販売サイトをチェック

伊坂幸太郎おすすめ小説④▷「ゴールデンスランバー」

引用:www.amazon.co.jp

やっぱりこれもまた2010年に、堺雅人さん主演で映画化された作品。

主人公「青柳雅春」が、首相暗殺の濡れ衣を着せられてしまうところからはじまるこの物語。
青柳雅春の2日間に渡る逃走劇を描いた小説ですが、「正に伊坂幸太郎作品!」との声が多い作品です。

読んでいると、訳も分からず追われる立場となった青柳雅春に同調して、それはもうドキドキします。逃げ切って!!と思わず、本を持つ手に力が入ってしまうぐらい。笑
そして、逃走中には青柳雅春の昔の恋人や、大学のサークル仲間といった過去の友人たちも出てきますが、その彼らとの信頼関係や絆を感じるやりとりもまた、「ゴールデンスランバー」の大切なポイント!

果たして、青柳雅春は逃げ切ることができるのか。
最後まで目を離せない怒涛の展開!時間があるときに一気に読んで欲しい小説です!

ゴールデンスランバー

¥961

販売サイトをチェック

おすすめの4作品でした。伊坂幸太郎さんの小説は、名言がいっぱいなのも特徴的!
個性的なキャラクターたちの軽妙な会話を心地良く感じたら、伊坂幸太郎さんにハマること間違いなしです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。