25歳は折り返し!大人になりきれていない人が考えるべきこと6つ

LIFESTYLE

25歳になる前は、25歳というと仕事にも慣れてくるし、社会の仕組みもわかり始めてきて、胸を張って大人だと言えるものだと思っていました。
でも実際のところ、25歳はまだまだ子ども……。全然大人になりきれていないということを知らされます。
今回は、そんな25歳のための「大人になりきれていない人が考えるべきこと」をご紹介していきます!

25歳向け♡大人になりきれていない人が考えるべきこと①今までとこれからの自立の仕方

4年制の大学を卒業していれば一般的に社会に出るのは22歳。
25歳というと働き始めて3年が経ち、仕事に慣れ、社会の仕組みをわかり始め、後輩もできる年齢です。

25歳頃になってくると自分でお金を稼いで生活でき、会社の役にも立てているのではないかと思い始め、自立していると思いがち。
でも実際は知らないことがまだたくさんあって、とても自立しているとはいえないような状態かもしれません。

一人でやることはできるけど、そのための道しるべを誰かに頼りながらじゃないと無理な年齢です。
20代でできるだけ多くのこと(失敗や辛い経験も含めて)を学んでおけば、本当の意味で自立する日は早くなるでしょう。

25歳向け♡大人になりきれていない人が考えるべきこと②やることに追われるのが大人

大人になると一人でやらなくてはいけないことが、こんなにもあるのかと思い知らされます。

仕事に始まり、税金や事務手続きなど今までは親がやってくれていたことを、自分が全て管理しなくてはいけなくなります。

休日は、煩わしいそれらを片付けるための時間に充てられ、疲れをとったり趣味に没頭する時間はなくなります。

大人になるって、やるべきことに追われるようになるということなのかも……。

25歳向け♡大人になりきれていない人が考えるべきこと③友人と疎遠になっていく

やるべきことに追われる日々だと、友人と会う時間を後回しにしがちです。

でも実際は友人と会って近況を聞いたり、楽しい時間を過ごすことで息抜きができ、仕事もはかどるというもの♡

もし何かに悩んでいるのなら、友人に相談してうまくいっている方法を教えてもらえるかもしれません。

学生の頃のように時間を気にせず喋り倒すことはできなくとも、時間を決めて充実した時間にすることはできますよね♪

25歳向け♡大人になりきれていない人が考えるべきこと④お金のかかり方

大人はお金がかかり、その管理は全て自分でしっかりと行わなければなりません。
生活費やカードの支払い、引かれる税金や返さなくてはいけない奨学金……。
金銭的余裕のない社会人1年目から、お金に悩まされてきたと思います。

しかし25歳になっても、金銭面で悩まずにはいられない状況下に置かれることでしょう。
20代後半になれば結婚や出産のための資金準備を考え始めるし、子供ができれば教育費や子どもの将来のために貯金をしなくてはいけません。

いくつになっても金銭的余裕はなかなか生まれません。
それを実感し始めるのが25歳という年齢なのではないでしょうか♪

25歳向け♡大人になりきれていない人が考えるべきこと⑤夢はまだ叶っていなくてもOK

25歳でもう夢が叶ってしまったという人は稀です。
ほとんどの人が、まだ夢の途中なのではないでしょうか。

やりたい仕事に就けた場合も、本当にやりたい仕事はまだできず、雑用や淡々とこなす業務ばかりをやらなくてはいけないこともあります。

むしろ通常業務に追われて夢のために勉強する時間が失われ、意欲さえも失われてしまうかもしれません。
でも25歳で諦めるのはまだ早い!周りに諦めどきだと言われても、まっすぐ夢だけを捉え続けましょう。

ゴール地点を見続ければ必ずそこにたどり着きます。
「まだ始まったばかり、これからだ」と思うようにしましょう!

25歳向け♡大人になりきれていない人が考えるべきこと⑥平凡な日々だってある

学生時代までは毎日違う授業があって、休み時間もたくさんあり刺激的なことを見つける時間はいくらでもありました。
つまらないと感じたのは、時間はあるのにお金はなくて何もできない時くらいでしょう。

社会人になるとお金はあるのに時間はない。
毎日同じ日々の繰り返しになります。

意識的に自分から行動しない限り、仕事内容も同僚との会話も毎日同じものになってしまうのです。
変えようと頑張ってみても、25歳では自分だけの力でどうにかなるようなことではありません。

「石の上にも三年」と言いますが、3年経ってようやく平凡な日々を受け入れられるという意味なのかもしれませんね……。

現実を知り、いろんなことを諦めなくてはいけないのかなと思うこともあるでしょう。
色々な葛藤が生まれ始める25歳ですが、大人に近づき心の余裕が生まれてくるのも確か。
これを機に自分について、仕事について、人生について、もう一度考えてみましょう!