一人暮らしの彼氏が風邪!上手に看病する方法&ポイント

LOVE

一人暮らしの彼氏から「風邪を引いた」という連絡がくると、すっごく不安になりますよね。
すぐにでも駆けつけたい気持ちになるとは思いますが、しっかりと準備をして上手に彼の看病をしましょう。

一人暮らしの彼が風邪を引いてしまった▶︎まずは、彼氏の具合を確認しましょう。

風邪と言っても、重いものから軽いものまで様々です。
きちんと一人暮らしの彼の風邪の症状をチェックして、それに合わせた看病をしましょう。

熱が高い等、症状が重い場合は、車やタクシーを使って病院に付き添って行きましょう。
一人で病院にいくよりも、付き添いがいる方が安心できますよね♪
風邪の症状が軽く、市販薬で対応できる場合は、彼氏にゆっくりと休ませてあげましょう。

しかし、弱った状態を見られたくないというタイプの彼なら、無理に看病に押し掛けることは辞めましょう。それだけでマイナスポイントになってしまいます。
看病に行く前に、連絡を入れて判断しましょう。

一人暮らしの彼が風邪を引いてしまった▶︎風邪に良い御飯を作っちゃいましょう。

風邪には栄養と休養が一番!
一人暮らしの彼には、ご飯をつくってくれる母親が近くにいません。
栄養たっぷりで食べやすい物を作ってあげると、ポイント上がること間違い無し!

おかゆは定番メニューですが、味が無くて苦手という方もいるので、おじや、うどん、にゅうめん等の胃に優しいメニューもオススメです。

一人暮らしの彼の家に材料を持ちこんで調理もいいですが、勝手にキッチンを使うことに抵抗がある方でしたら、家で作ったものを持っていって温めてだすのもいいですよ♡

一人暮らしの彼が風邪を引いてしまった▶︎料理は苦手…私になにができるだろう?

料理が苦手な方は無理して料理する必要はありません。

手作りしないと気が済まない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、苦手な事を無理にしなくてもできることはたくさんあります。

一人暮らしの彼の家には、風邪の際に食べられるものが無いかもしれません。
レトルトのおかゆや、胃に優しいヨーグルト、食べやすいゼリー、水分補給に一番のポカリスエットや冷えピタ等を買って持っていくだけでも、彼は貴方の事を出来た彼女だと思うこと間違い無し!

一人暮らしの彼が風邪を引いてしまった▶︎帰り際を見極めよう!

風邪で身体が辛いとき、好きな人でも気を遣ってしまうひとも居ますよね。

心配だからずっと一緒に居たい気持ちはあると思いますが、体調の悪い彼を気遣ってさっと引くのも女っぷりを上げる大事な場面です。

一緒に居て欲しいと彼が言わない限りは、滞在時間を30分とまで決めて、彼の看病をしたら、一人暮らしの彼の家をさっと帰るようにしましょう。

一人暮らしの彼が風邪を引いてしまった時できることをご紹介いたしました。
看病ですが、これは彼氏のタイプに合わせてすることを心がけましょう。
気持ちを押し付けるのは自分の自己満足で終わってしまいます。
相手の立場にたった看病をすることが重要なのです。