気になる靴の臭い対策7つ!簡単なことからちょっと変わった方法まで

玄関や外出先でふと気になる靴の臭い……。
年齢や性別関係なく起こることで、そのままにしておくと足の臭いもキツくなってしまうことがあります。
食事処などで靴を脱ぐとき、恥ずかしい思いはしたくないですよね。
そこで今回は、なぜ靴は臭ってしまうのか、原因と対策をご紹介いたします。

靴の臭いは日ごろの対策が肝心!

「靴が臭い」と聞くと、なぜか男性に多いイメージがある女性も多いようですが、実は女性でも靴の臭いに悩まされていることが多いようです。

靴の臭いは相手にも伝わってしまうので、外出先で靴を脱いだときは不快感を与えてしまうことがあります。
それだけでなく、不潔なイメージにもなってしまうので、女性としての魅力が半減してしまうことも……。

そこで今回ご紹介するのは、靴の臭いの原因や対策についてです。
靴の臭いは年齢や性別問わず起こりうることなので、臭わない靴を維持するためには日ごろの対策がポイントになってきます。

靴を脱いでも、自分の家に誰かを招待したときでも恥ずかしくないよう、臭い対策をはじめていきましょう!

気になる靴の臭い対策の前に、その原因チェック!

なぜ靴は臭くなってしまうのか、まずは原因から見ていきましょう。
主な原因としては、「雑菌」や「靴の蒸れ」が挙げられます。

足の裏は非常に汗をかきやすい部分です。
それだけでなく、足には元々多くの雑菌が住みついていて、これらの雑菌は汗や体温などによる高温多湿の状態になると活動が活発化します。

足の裏は1日に約コップ1杯もの量の汗をかくといわれているのですが、これに対して靴の通気性が悪いと雑菌が繁殖しやすくなってしまうんです。
この繁殖によって靴の臭いが気になってしまうので、無臭を保つためには靴を清潔に保たなければなりません。

かといってどんな対策をすればいいのか分からないですよね。
早速気になる靴の臭い対策を見ていきましょう。

気になる靴の臭い対策①天日干しをする

一番重要なことが、汗などで湿った靴はそのまま放置しないことです。
靴が乾燥していない状態で下駄箱に閉まってしまうと、カビの原因になるだけでなく、他の靴にまで影響を及ぼしてしまう可能性があります。

ですので、必ず天日干しをしてから下駄箱にしまうか、履くようにしましょう。
天日干しは乾燥するだけでなく、殺菌効果もあるので、靴に住みついた雑菌の繁殖を抑えることができます。

ただし、革製品は紫外線に当たると変色したり傷んだりしてしまうことがあるので、日陰に置いて乾燥させるのがおすすめです。
もしくは、これからご紹介する別の臭い対策で清潔さ保つようにしましょう。

気になる靴の臭い対策②重曹を使う

靴の臭い対策として有名なのが、重曹を使うことです。
重曹といえば、料理や家の中の掃除、自家製炭酸風呂など、さまざまなシーンで活躍してくれますが、靴の臭い対策にも効果的なんですよ♪

なぜなら、重曹には消臭作用や吸湿作用があるので、臭いを除去して雑菌が繫殖しにくい環境を作ってくれるからです。
重曹の使い方としては次の2つが挙げられます。

①使い古した靴下やストッキングなど、通気性のいいものに重曹を入れて口を縛ったら、そのまま靴の中に入れておく。
②大さじ1杯の重曹を靴の中に入れて振り、まんべんなく行き渡らせたら重曹を外に出す。

靴の中にそのまま入れても大丈夫なのですが、粉っぽくなることがあるので①の袋状にしたものがおすすめです。
可愛い布にして巾着のようにすれば、おしゃれな消臭アイテムにもなりますよ!

気になる靴の臭い対策③消臭スプレーを使う

手っ取り早くできる靴の臭い対策が消臭スプレーを使うことです。
今では100均などでも手に取ることができ、履いた後にシュッと吹きかけておけばいいので、忙しい女性も取り入れやすいですよね。

ただし、即効性はあっても短時間しか持たず、長期的な対策にはならないことや、乾いてから履かないと雑菌の繁殖に繋がってしまうこともあるので、緊急時の対策として用意しておくことがおすすめです。

比較的、どこでも買うことができる消臭スプレーですが、手作りの消臭スプレーも人気ですよ♪
作り方は簡単で、ミョウバン7gと水道水100mlを振って混ぜたら、一晩涼しい場所で保管しておくだけです。

もしくは、無水エタノール10mlに好みのアロマオイルを20〜30滴入れて振り混ぜ、精製水90mlを少量ずつ混ぜた消臭スプレーもおすすめ!
好みのアロマオイルの香りで癒されますよ。

気になる靴の臭い対策④10円玉を使う

意外かもしれませんが、靴の臭い対策として効果的なのが10円玉を使うことです。

10円玉を使った臭い対策は昔から知られているようで、おばあちゃんの豆知識ともいえます。
この10円玉の金属イオンは、悪臭成分を中和し、雑菌の繁殖を抑える効果があるといわれているんですよ。

靴の中に10円玉を3枚ほど入れてみてください。
靴を履くときも入れておいていいようですが、歩くときに違和感を感じてしまうかもしれません。

しかし、10円玉で簡単に臭い対策ができるなら、早速試してみたくなりますよね。

気になる靴の臭い対策⑤コーヒーの出がらしを使う

コーヒーをよく飲む女性なら、コーヒーの出がらしを使った靴の臭い対策もおすすめです。

飲んだ後に残ったコーヒーの出がらしをレンジで温め、水分を飛ばして乾燥させることで、活性炭と似た効果が生まれるそう!
乾燥させたコーヒーの出がらしは、お茶の不織布パックなどに入れて、一晩靴の中に入れてみてください。

ただし、高温多湿に弱くてカビが生えやすいので、一度使ったら捨てるようにし、また新しいものを使うようにしましょう。

乾燥させることやパックに詰めること、毎回替えなければならないことは少し手間がかかりますが、いつも捨てているものが再利用できるので経済的ではないでしょうか♪

気になる靴の臭い対策⑥冷凍庫に入れる

なんと、冷凍庫に入れることも靴の臭い対策になるそうです。
「本当に大丈夫なの?」と思ってしまいますが、意外と強力なんだとか……!

方法は、ビニール袋や大きめのジップロックに靴を入れ、完全に密封した状態で冷凍庫に入れるだけです。
密封させた靴を冷凍庫に入れた状態で1~2日放置すると、湿気がなくなり、雑菌と細菌を死滅させることができるといわれています。

ただし、他の食品と入れることになるので、抵抗がない女性やうまく区切って入れるなどして、冷凍の効果をぜひ体験してみてください。

気になる靴の臭い対策⑦同じ靴は毎日履かない

仕事のときはもちろん、お気に入りの靴があると同じものばかり履いてしまうと思いますが、それは危険です!

前日の雑菌が残ったまま履いてしまうと、さらに雑菌が繁殖しやすくなり、どんどん臭いの原因を作ってしまいますよ。

「最低でも3足をローテーションしながら履くようにすることがいい」といわれているので、その日履いた靴は乾燥させておき、次の日は別の靴を履いて行くようにしましょう。

また、ローテーションしながら、仕事場では通気性の良い靴に履き替えることも対策のひとつとして効果的!
通勤で履いてきた靴には消臭剤を入れて、清潔さ保つようにしましょう。
靴の臭いの原因と対策についてご紹介させていただきました。
簡単にできる対策から、ちょっと変わった対策までありましたね。
また、靴の対策だけでなく、普段から足のお手入れも丁寧にし、清潔さを保つことも大切なので、フットケアも積極的に行ってみてください。
汗をかきやすい夏場だけでなく、蒸れやすいブーツを履く秋冬なども臭くなってしまうことがあるので、靴を脱いでも恥ずかしくないよう、日ごろからできることを取り入れて臭い対策を徹底していきましょう。

【関連記事】セルフフットケアのやり方。サンダルから見える足、ちゃんときれい?

気温が高くなる季節は、サンダルスタイルが多くなりますよね♪しかし普段は見えていない分「お...

臭い 対策

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる