それで大丈夫!?結婚式お呼ばれマナーおさらい♪(ファッション編)

BEAUTY

5月からウエディングシーズンの到来☆お呼ばれする機会も増えますよね?でも、どんなファッションで行けばいいのか、悩む人も多いと思います。
もしかしたら、これで大丈夫!と思っていたものが、実はタブーとされているものかも・・・。結婚式のお呼ばれマナー、おさらいしてみてくださいね♪

お呼ばれマナーのおさらい① 可愛い花柄・・・実はNG!?

結婚式の招待状が届いたら、まず考えるのは、「何を着て行こう?」という方、多いですよね☆

花嫁さんの色である白やベージュ、仏事を思い浮かべる黒のみの装いがマナー違反なのは皆さん、ご存じと思います。華やかさを添える明るいカラーのワンピースが、喜ばれます♪

でも、可愛い花柄などは、実はNG!なんです。結婚式などのフォーマルな場では、「無地」が一番格が高いとされています。

模様のプリントされた生地のワンピースは、フォーマルな場では、とってもカジュアルなものとなってしまうんです。また、ウエスト部分で生地の分かれる、バイカラーワンピースも「別れる」を連想されるので、NGです。

春から夏にかけてのウエディングなら、涼しさも感じられる寒色系のワンピースも素敵ですね♪

お呼ばれマナーのおさらい② キラキラもゴールドもNG?アクセサリーは、パールが正解♪

ワンピースが決まったら、次に気になるのは、アクセサリーですよね♪

ピアスやネックレス、小ぶりな普段使いのものなら上品かな?と思っている方・・・いませんか?

お昼(正午~午後5時)の披露宴では、キラキラと光るアクセサリーは、実はNG!クリスタル系の宝石類や、ゴールドのアクセサリーの輝きは強すぎるので避けたほうが良いんです☆

主役の花嫁さんが一番輝けるように、パールやムーンストーン、ラピスラズリなどの輝きの少ない、上品なものを選んでみてくださいね♪

夜の2次会などは、逆に華やかなアクセサリーでドレスアップが正解です♡

お呼ばれマナーのおさらい③ 紙ではなく布で☆サブバックの常識

披露宴などのフォーマルな場では、クラッチバッグなどの小さなバッグが基本ですよね☆

でも、デジカメやお化粧ポーチなど入りきらない荷物もいっぱいあります。そんな時、どうされていますか?

素材も上質なハイブランドの紙バッグなら大丈夫かな?という方、実は多いです。

でも、どんなに上質な素材でも紙バッグはNG!なんです。サブバッグはビーズなどの飾りのある布製のものがGOOD♡

荷物が多いときは、クロークに預けましょう。お財布が大きい方は、小さいポーチに入れ替えるのが正解です♪

フォーマルな場では、荷物が少ないほうが、とってもエレガントです♡

お呼ばれマナーのおさらい④ 可愛いダウンスタイル、実はNG?ヘアアクセサリーにも決まりが・・。

お呼ばれの席に着ていくお洋服が決まったら、最後はヘアスタイルですね♪

ヘアアイロンを持っているので、毛先を巻けば・・・と思っている方、ちょっと待って!

実は、フォーマルな披露宴の席では、毛先をきれいに巻いていてもダウンスタイルはNG。

アップスタイルやハーフアップが、きちんと感が出て、正解です♪

また、ヘアアクセサリーにも決まりが・・・。ティアラを連想させるキラキラしたものや、お花のコサージュなどもNGです。綺麗にアップされたヘアスタイルは、アクセサリーがなくてもとっても上品です♡

いかがでしたか?知っているようで、実は知らなかった、ちゃんと合っているか不安だったマナーの再確認になりましたでしょうか?招待した友人は、新郎新婦の顔とも言えますよね。きちんとした好印象スタイルで、お祝いしてあげましょう♪