減らしたはずなのに元通り!物がいつの間にか増えるのはなぜ?

LIFESTYLE

持っている物はできるだけ減らして、身軽な生活をしたいものです。
そう思って片付けたはずなのに!お別れをしたはずなのに!気が付けば物が増えて、少し前と変わらない状態に戻っている……。
今回は、そんな事態がなぜ起こるのか、原因を調べてきました。

「あれ、増えてるよね?」

1年以上着なかった洋服、もう使っていないコスメ。
必要がなくなったものを捨てたはずなのに、また新しいものがそこらじゅうに転がっている。

こんな状態を繰り返している人はいませんか?

こうなってしまう人は、何度片付けを行っても、また新しいものが増えるだけ。
整理整頓ができる人になるためには、“なぜ増えるのか”という原因を知っておく必要があります。

物が増える原因①▶︎「慣れ」

物が増えてしまう原因のひとつとして「慣れ」があげられます。

店舗もネットも見回って、やっと見つけた最高の一着。
それなのに1日も経てば、最高だったはずの一着が魅力に思えない。
そんな経験をしたことがある人もいますよね?

これは「慣れ」からくる現象です。
人間があることに慣れるまでの時間は、3時間だといわれています。

物事の大きい小さいにかかわらず、3時間経過すると喜びや新鮮味は消え去ってしまうのです。

物が増える原因②▶︎「慣れ」や「飽き」を想像できない

新しいものを手に入れると、すぐさま「慣れ」へのカウントダウンが始まります。
そして「慣れ」を通り越すと、次に待っているのは「飽きる」ことです。

人間は刺激がないと、退屈だと感じてしまう生き物。
「飽き」はいわば大敵なわけです!

しかし人間はやっかいなことに、「慣れる姿」や「飽きた状態」を想像することができません。

絶対に飽きないだろう!と思っていても飽きてしまうのに、予測できないのです。
これが物を増やしてしまう原因といえます。

物が増える原因③▶︎「物=価値」という思い込み

「新しいものが欲しい」と思うことは、刺激が欲しいという気持ち以外に、物を身に着けることで自分の価値を示すことができると、心のどこかで思っているからです。

しかしそうではありません。

たとえば高価な洋服を身に着けていても、身に着けている人がそれ相応の価値がある人ではないと、やはり浮いてしまうのです。
反対に、安価なものだとしても、しっかりと価値のある人が着ればそれなりに見えるもの。

物を増やす前にするべきことが見えてくるはずです。

物が増える原因をご紹介しましたが、いかがでしたか?
物を増やすためにはスペースもお金も必要。
「いつかまた捨てる日が来るんだ」と思っていれば、物は増えないのではないでしょうか。