気づいたら1時間も…!ネットサーフィンで夜更かしをやめるコツ5つ

Cover image: weheartit.com

早く寝なきゃ……と思いつつも、なかなかやめられない深夜のネットサーフィン。
真夜中のスマホ使用は、睡眠時間を削るだけでなく入眠の妨げにもなります。
しっかりと良質な睡眠こそ、美容と健康の要。
今回はそんなネットサーフィンをやめるコツをご紹介します♡

深夜のネットサーフィンをやめるコツ①スマホの1ページ目は最小限に

weheartit.com

スマホ画面の1ページ目にSNSアプリをずらっと連ねてしまうと、スマホを開くと同時にSNSネットサーフィンをすぐに開始できてしまいます。
無意識にSNSネットサーフィンを始めてしまうと、ダラダラと見続けてしまいますよね。

そんな状態を予防するには、SNSのアイコンは2ページ目以降に置くのがおすすめ♪

すぐに見える位置ではなく少し奥に置くことで、無意識に指がタップしてしまうのを防ぎます。

深夜のネットサーフィンをやめるコツ②パソコンは22時までにオフ

weheartit.com

パソコンの電源を入れておくと、ついチャットをしてしまったり映画を見出したりと、何かと触ってしまいがち。

仕事でパソコンを使っている人も多いかと思いますが、22時以降はパソコンをオフしてメリハリをつけましょう。

尚、映画を見ながら寝てしまう人も多いと思います。
けれども映画を流したまま寝たり、電気をつけたまま寝ることは、睡眠の質を下げる原因に繋がるので要注意ですよ!

深夜のネットサーフィンをやめるコツ③おやすみスイッチを作る

weheartit.com

やる気スイッチならぬ、「おやすみスイッチ」を作ることもひとつの手段です。

例えば香り。眠る前に枕元にいつも同じ香りのアロマを一吹きしたり、眠る前に好みの香りのボディクリームを塗ること。
寝る時用の音楽をかけたり、ルームウェアからパジャマに着替えるなど、寝る時専用の環境を用意してみましょう。
「この環境になったら寝る時間」というパターンを作っておくと、眠りに就きやすくなるんだとか。

そのルーチンのひとつにスマホをオフする流れを組み込みましょう♪
「ここにスマホを置いたらもう見ない」が習慣化すれば、寝る前のネットサーフィンから卒業できるかもしれませんね。

深夜のネットサーフィンをやめるコツ④枕元にノートを置く

weheartit.com

ベットに入ったものの、頭の中で色んなアイディアが浮かんできたり、気になることが出てきてついスマホを開きたくなる時がありますよね。

そういった時には、スマホに記録するのではなく、ノートにメモして翌日に調べることにしましょう。
書き留めておくと忘れる心配がありませんし、書き出すことで頭の中の整理にもなり、すっきりとした頭で快眠することができます。

枕元にノートとペンを置いておけば、イライラしたり辛い出来事があって眠りに就きづらい日にも、文字に書き起こしてストレス発散にすることもできます。
眠りに就く時に、頭の中で考え事をしているとなかなか入眠ができない上に、睡眠の質も下げる原因になることも……。

頭の中の出来事は、できるだけノートなどにアウトプットしてから眠るように心がけましょうね♡

深夜のネットサーフィンをやめるコツ⑤制限時間を設定する

weheartit.com

買い足したいものがあったり調べたいことがある時に、眠る前にベットに入ってちょっと調べよう……なんて思って、ネットサーフィンをし始める人も多いのではないでしょうか。

ショッピングや調べ物のネットサーフィンは、「ちょっとだけ」と思ってもついつい長々見てしまい、気がついたら1時間経っていた、なんてことも。

どうしても寝る前に買い物などで何かを探す場合には、何分と決めて探し始めるのがおすすめです。
時間を区切ることで長時間のスマホ使用を予防できるだけでなく、不要な買い物や不要な検索を控えて、効率よくネットサーフィンができるはずですよ♪
上質な睡眠は、健康と美容には必要不可欠。
無料で綺麗になれちゃう美容法なのです♡
ぜひ深夜のネットサーフィンをやめるコツを踏まえて、今日から気をつけてみてくださいね!

【関連記事】健康的な体なら仕事レベルもUPする?オフィスでできる健康習慣5つ

デスクワークだと体を動かす機会が全くありませんよね。就業時間ずっと座りっぱなしなのは不...

夜更かし ネットサーフィン やめる 美容

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる