朝になっても考えちゃう…。嫌なことを寝たら忘れる人になりたい!

LIFESTYLE

悩みや嫌なことは寝たら忘れる!という人って多いですが、それができない人も居ます。
「寝たら忘れる人が羨ましい…」そんなあなたに、嫌なことを寝たら忘れる人になる方法を書いていきます。

[ 嫌なことを寝たら忘れる人になる方法① ]触れないように

悩みや考え事をしている時。

嫌なことを忘れよう!と忘れようとすると、逆に考えてしまうことありませんか?
悩みや考え事を、忘れようとするのはやめて"触れないように"してみましょう!

「すぐ忘れちゃう」と言う人の中にも実は、思い出さないようにしているだけの人も居ます。
忘れようとするより、触れないようにすることの方が簡単ですよ!

[ 嫌なことを寝たら忘れる人になる方法② ]全く違うことを考える

と言っても、触れないようにというのは難しいという人は、全く違うことを考えてみましょう!

いつも考えたくなるような、趣味があるのは理想的です。
モノ作りが好きな人は、常に頭の中で何を作ろうか考えたくなるなんて話も聞きますし、アイドルファンの人は、常にアイドルのことを考えちゃうなんて聞きますし…。
朝起きて悩むくらいなら、趣味のことを考えてハッピーに♡

運動だって構いません!趣味に没頭するのってとっても素敵です☆

[ 嫌なことを寝たら忘れる人になる方法③ ]早寝する

夜は、感情が高ぶりやすいと言います。
朝起きて考え、一日考えちゃう…なんて人は早寝することをおすすめします☆

感情が高まりやすい時に起きていれば、悩みや考え事は深まるばかり。
それに、夜更かしは体の為にもよくありません。
夜更かしして悩んで、体の調子を悪くし、肌荒れして…なんて悪循環過ぎる!

悩んでる時は、心はもちろん体の不調にも気を付けたい。早寝して下さい☆

[ 嫌なことを寝たら忘れる人になる方法④ ]考えても解決しない

考えても考えても、悩み抜いても解決しないことってあります。
だったら「考えてもしょうがない」と思い切って割り切ってみましょう!

考え過ぎて疲れると「どうでもいいや〜」という感情が湧くのも理想的です。

考えてもしょうがないなら行動してみる。
意外とあっさり解決することもあるし、家の中でウジウジ考えていても、外に出て日差しを浴びたらスッキリすることってありますよ♢

『嫌なことを寝たら忘れる人になる方法』でした。
起きても悩んでいた人が、寝たら忘れるようになったなんて話も聞きますし、気楽に過ごしたいですね☆