信用できてる?会社の人との上手な付き合い方・不信感対処法を紹介!

LIFESTYLE

職場の同僚や上司を信用していますか?
信用できない人と仕事をすると、余計な悩みや不安を抱え込んでしまいますよね……。
今回は、信用できない人への対処法を探していきます。

まずは不信感を抱くキッカケとなったものを探そう

今あなたの頭に浮かんでいる信用できない人に対して、最初から不信感を抱いていましたか?
おそらく答えはノーでしょう。では、なぜ信用できなくなったのでしょうか?

信用できない人の共通点は大きく分けると、「言うことが矛盾している」そして「時間を大切にしない」の二つです。

この前と言ってることが違う上司、時間にルーズな職場への不満がたまり、信頼関係を築けなくなってしまったのでしょう。

会社の人間を信用できないときの対処法① 自分で適切に判断する力をつける

上司がこの前と違うことをいうのは当たり前です。時代の変化に合わせて仕事も変わります。

「そのくらい自分で適切に判断してくれ」というのが、上司の本音ではないでしょうか?

しかし、言われた通りにやったのに注意を受けるとイラッとしてしまいますよね。この場合は反論すると面倒になるだけなので、「前にいったことを忘れちゃったんだな〜」と思う以外に対処法はありません。

失敗ではなく、仕事力向上のヒントを見つけた、イライラ対策法を学んだとプラスにとらえてください。

会社の人間を信用できないときの対処法② 少し距離を置き観察する

職場の人間が信用できないのなら、仕事以外で関わりは持たない方がいいです。

仕事の付き合いもあると思いますが、信用できない人には、自分の情報の発信は控え、少し距離を置き遠くからその人の様子を見てみてください。

ちょっとした誤解から不信感を抱いたのかもしれないので、勘違いや思い込みがないか確認しましょう。

会社の人間を信用できないときの対処法③ 男性と接する時間を増やす

女性には派閥を作りたがる人が多いと聞きます。女子校なんかもそうですが、女性が多い職場ならではの悩みもあると思います。

それが職場の人間を信用できない理由につながっているのなら、今よりも男性が多い職場の方が向いているかもしれません。

といっても、すぐには転職できないので、まずは男性と接する時間を増やしてみてください。

女性は共感を求める生き物ですが、男性は解決を求める生き物なので、悩みを持っていても気楽に話せると思います。いい方向へ導くためのヒントも教えてくれるかもしれません。

会社の人間を信用できないときの対処法④ 早めに環境を変える準備をする

本気で転職を考えているのなら、今の職場に慣れるのはよくないです。慣れるとどんどん辞めにくい状況になります。

もし、あなたの勤めている会社がブラック企業だと気づいたのなら、早めに行動に移してください。

ブラック企業は潰れにくいとも聞きますが、「ブラック企業だと気付き転職し、その数年後に前の会社が倒産した」なんて話もよくあります。

会社を信用できないというのは、倒産寸前のサインかもしれません……。

毎日のように会社に行き顔を合わせれば、嫌なところが目につくようになります。
それで頭がいっぱいになっているだけかもしれないので、一度頭の中を空っぽにする時間を作ってください。
対処法を実践するための考えるスペースが必要です。