寒い季節は気持ちが落ち込む…。冬季うつ病の特徴と予防方法って?

LIFESTYLE

秋冬の寒い時期にだけうつ病の症状が表れ、暖かくなるにつれて改善する季節性のうつ病があることを知っていますか?
冬になるとなんだか気持ちが落ち込む、つい食べすぎてしまう、寝ても寝ても眠い……こんな不調に心当たりがある方は要注意です。
そんな冬季うつ病の原因と予防法についてご紹介します。

冬季うつ病とは?

冬季うつ病とは、季節性感情障害のひとつのこと。

症状は普通のうつ病と似ています。

◼︎食欲が異常に増す
◼︎寝ても寝ても眠い(睡眠障害)
◼︎気持ちが塞ぎ込みになる
◼︎外に出たくなくなる
◼︎精神的に不安定になる

などなど、心も身体も閉じこもりぎみになってしまうのです。

季節の変わり目は特に風邪を引きやすかったり体調不良に陥りやすいですが、全体的な倦怠感を始め、継続的に身体や心に不調を感じ始めたら要注意です。

冬季うつ病の原因とは?

冬季うつ病の原因は、主に冬にかけて日照時間が短くなることで三大神経伝達物質のひとつであるセロトニンの量が減ることで引き起こされるとされています。

セロトニンは通称、「ハッピーホルモン」と呼ばれ、精神を安定させるためには必要不可欠な物質です。

このセロトニンは、太陽の光を浴びることで生成されるため、日照時間が短くなることで生成量が減り、精神不安定や体調不良を引き起こすのです。

冬季うつ病の改善方法とは?

朝起きたら、まずは窓際へ行き太陽の光を浴びることが大切です。
冬場は日照時間も短く、寒くて部屋にこもりがちになりますが、積極的に太陽の光を浴びることが何よりも重要なのです。

また、セロトニンの量は食事からも増やすことができます。

セロトニンを生成するのために必要なトリプトファンが豊富に含まれている豆類やきのこ、ナッツや肉類を食べましょう。腸内環境を綺麗にすることでもセロトニンは生成されます。

酵素や食物繊維が多く含まれる生野菜やフルーツも、腸を綺麗にするため積極的に摂ることをおすすめします。これらをバランス良く摂取しましょうね。

冬季うつ病の予防方法とは?

予防方法として、日頃から太陽の光を浴びることが大事です。また、自宅や職場の照明を明るいものにすることもおすすめ。

そして、ストレスを溜め込まないこともとても大切です。ジョギングなど軽めの運動で身体を動かす習慣をつけると、ストレスの発散に効果的です。

身体や心の調子が少しでもおかしいな……と思ったら、周りの人に話したり自分の趣味に没頭するなどリフレッシュする時間を作ることを大事にしましょうね。

いかがでしたか?
冬は夏に比べて、気持ちが塞ぎ込みやすくなりますが、上手く予防して楽しく冬を過ごしましょうね。

メンタル弱子さんへ。
潜在意識をコントロールして強くなる方法