あなたはどうする?ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方5つ

ダイエットには必ず“停滞期”というものが訪れます。
長くダイエットを続けている女性も、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

このとき、多くの女性は停滞期でモチベーションが下がってしまい、ダイエットを止めてしまうことも多いようです。
そこで今回は、ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方をご紹介いたします。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方を知りたい!

ダイエットをし始めたばかりの頃は、体重が順調に減っていていても、ある日突然「落ちなくなった」ということはありませんか?
「食事量も変わらず、運動もしているのになんで?」と思ってしまいますよね。

努力している結果が目に見えないと辛いですし、ダイエットを続けるモチベーションも下がってしまいます。
そのため、停滞期がやってくると途中で挫折してしまう女性も少なくありません。

そこで今回ご紹介するのは、ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方についてです。
ダイエットに励む女性にとって停滞期は苦しいところですが、停滞期が訪れる理由と乗り越え方を把握しておくことで、上手に停滞期と向き合っていくことができます。

そして目標の体重を目指すことができるので、停滞期についてあまり知らない女性はぜひ参考にしてみてください。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方の前に、停滞期が訪れる原因をチェック!

まずは停滞期が訪れる原因を知ることが大切です。
なぜ停滞期がやってくるのか、原因が分かれば対策法も見えてきますよ♪
停滞期と一番関係しているものが、“ホメオスタシス”という機能です。

私たち人間の身体にもともと備わっている機能で、“身体の状態を常に一定に保つ働き”をしています。
運動をして体温が上昇したときや気温などによって身体が熱くなったときなど、ホメオスタシスが働いて、発汗や皮膚血管を拡張しながら体温を一定に保ってくれるんですよ。

ダイエットでも体重が約5%減少すると、ホメオスタシスが働くといわれています。
体重が減り続けることで「餓死状態である」「身体を守らなきゃ」という状態から、エネルギーの消費を抑えるようになったり、摂取したエネルギーを蓄えようとしたりするので、「ダイエットをしているのに痩せない」という停滞期の始まりになってしまうのです。

約2週間~1ヶ月続くといわれている停滞期ですが、体重の変化は感じられなくても体脂肪は減り続けていることもあります。
そこでやめてしまうとリバウンドに繋がるので、停滞期を上手に乗り越えましょう!

ここからは、ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方をご紹介します。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方①焦らずにダイエットを継続する

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方として、一番のポイントになるのが「焦らずにダイエットを継続すること」です。
体重が減らなくなってしまったり、場合によっては1~2kgほど増えてしまったりしても、ここでやめることはリバウンドに繋がってしまいます。

これまで行ってきた努力が水の泡になってしまうので、停滞期に入ったとしても焦らず、今まで通りのダイエットを続けてみてください。
「なんだ停滞期か」というくらいの軽い気持ちで受け止めることがポイントです。

また、痩せないからとダイエットを過酷にすることもやめましょう。
過度なダイエットは、さらにホメオスタシスが働き、体重の減りを食い止めようとするので痩せにくくなってしまう可能性があります。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方②ダイエット法を見直してみる

焦らずに今まで行っていたダイエットを継続することも大切ですが、もしダイエット法が
間違っているのであれば見直すというのも停滞期の乗り越え方のひとつです。

例えば、ひとつの食品だけを食べ続けるダイエットや、食事制限だけで痩せようとするダイエットなどが挙げられるのですが、行っていませんか?
最初は急激に落ちるかもしれませんが、必要な栄養素を補うことができなかったり、やり方を間違えるとリバウンドする原因になります。

栄養バランスのいい食事を摂る上で、特定の食品をプラスしている場合や、運動も取り入れているのであれば問題ありません。
食事制限だけでは健康的に体重を落としていくことは難しいので、一度見直してみてください。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方③毎日記録をつける

続いてご紹介する、ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方は、毎日記録をつけることです。
ダイエット中の停滞期にいち早く気付くためには、日々の記録するが欠かせません。

なるべく朝晩と同じ時間に体重を測り、ノートに書くといいでしょう。
そのとき、「どんなものを食べたのか」「どんな運動をしたのか」ということも書いておくといいですよ。
記録しておくことで、見直すことができます。

停滞期中は体重計に乗ることが嫌になってしまうかもしれませんが、変化がないことを前提に記録し続けていくことで、停滞期の終わりにも早く気付くことができますよ♪
ダイエットのモチベーションを維持するために、ノートに目標を書いたり、憧れの女優さんやモデルさん、好きな俳優さんなどの切り抜きを貼っておくこともおすすめ。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方④1日だけチートデイを挟む

ダイエットはある程度の食事制限が必要ですが、食べることが好きな女性にとっては辛いですよね。
そこへ停滞期が重なれば、食べたくなってしまうのも当然。

停滞期中の我慢が辛くなったら、1日だけチートデイを挟んでみることもひとつの方法です。
好きなものを食べられるチートデイは、停滞期の乗り越え方として効果的だといわれているんですよ♪

「太るんじゃないかと心配……」という声も多いですが、大量のカロリーを摂取することでホメオスタシスは“正常な状態である”と勘違いするので、一時的に体重が増えるだで、停滞期を脱出して再び痩せることができるのです。

ただし、チートデイは1週間に1日だけ!
それ以上行ってしまうとカロリーオーバーになってしまうので、1週間に1日のチートデイを励みに、またダイエットを頑張ってみてください。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方⑤体重を気にしすぎない

続いてご紹介する、ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方は、体重を気にしすぎないことです。
停滞期に限らずいえることですが、体重を気にすることはやめましょう。
特に停滞期中は体重が減らないだけでなく、微増することもあるんですよ。
それは体内の水分量などによって変化するものなので、気にしていたらストレスばかり溜まってしまいます。

ストレスはダイエットの断念や、ダイエット後のドカ食いなどにも繋がり、リバウンドの原因になることもあるので、体重によってストレスを溜め込まないことが大切です。

また、ダイエット中は体重よりも体脂肪を落とすことに注目してみてください。
体脂肪は1日に100~150gほどしか減らないといわれているのですが、停滞期中もコツコツ運動や筋トレを続けていくことで、1ヶ月後には3~4.5kgほど減らすことができます。

体重の変化はなくても、身体が引き締まるので、痩せて見えてくるはずです。

ダイエット中に訪れる停滞期の乗り越え方にプラスして気をつけたいこと!

停滞期中に思わずやってしまいがちな行動は、もしかすると気をつけなければいけない行動かもしれません。
そこで最後に、停滞期の乗り越え方にプラスして、停滞期中に気をつけたいことをご紹介いたします。

・停滞期中に気をつけたいこと
①ダイエットを中断する
②ヤケ食いやドカ食いをしてしまう
③アルコールを摂取する
④身体を冷やす


1週間に1日のチートデイを除いて、ヤケ食いやドカ食い、アルコールを摂取してしまうと、カロリーオーバーになって太る結果になります。
また、停滞期に限らずいえることですが、身体を冷やすことは代謝の低下に繋がり、脂肪が燃焼されにくい身体になってしまうので、温かいものを飲んだり湯船に浸かったりして冷やさないようにしましょう。
女性の永遠のテーマともいえるダイエット中の停滞期は、努力が目に見えないので辛いですよね。
しかし、停滞期の仕組みや乗り越え方を頭に入れておくことで、停滞期で諦めずにダイエットを続けることができますよ。
停滞期を乗り越えた先には達成感などが待っているので、上手に停滞期と向き合いながら、目標の体重を目指して頑張ってください。

【関連記事】ダイエットで理想の体型を目指そう♪健康的でおすすめの有酸素運動8選

有酸素運動がダイエットに効果的であることは有名なお話ですよね。しかし実際のとこと、「ど...

ダイエット 停滞期 乗り越え方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる