(( ダイエッター女子に朗報!))「間食」を抑えるテク4つ♡

BEAUTY

この時期、間食衝動が抑えられないのは私だけでしょうか?チョコレート、イチゴのお菓子、抹茶などなど、外には誘惑がたくさん。
間食したいけど、やめられない。どうしたらいいの・・・。と途方に暮れている皆さん!
朗報です!普段の生活にちょっと工夫をするだけで間食が抑えられるんです☆

間食防止テク① テレビ、スマホを見ながら食事しない。

テレビ、パソコン、スマホを見ながらご飯を食べている人、多いのではないでしょうか?
しかしこれ、間食を招く行動だって知っていましたか?

何かに注目をしながら食事をしているということは、「食事に集中をしていない」ことになります。
『自分が食べた量』や『食べた内容』をほとんど意識せず、食事を終えてしまうのです。
そうすると、「なんか小腹が空いたな」とお腹と脳が勘違いをして間食衝動を招くのです。

解決策としては、食事をするとき、テレビやスマホを見ずに食事に集中しましょう。
アロマキャンドルの中で食事をするのがgoodです。

間食防止テク② 食べたものの情報を記録する。

・何を食べたか
・食べた感想
・値段(外食の場合)

の3つを記録しましょう。

そうすることで、自分は何を食べたのか認識できます。
感想を書くと、食べた充実感が沸き、脳を満足させるのです。

値段は料理に対して払ったお金なので、責任感があります。その料理に支払った自分を否定したくないので、より満足することができます。
このように客観視することで、一回一回の食事に満足でき、間食は必要ないと思い込むことができます。

間食防止テク③ バランスの良い食事を心がける。

「バランスの良い食事」は、一見間食と関係ない話かもしれませんが意外に関係しているのです。

間食してしまう理由の一つとして、前述したように「食事に満足できないから」が挙げられます。満足したいから間食してしまうのです。

だからバランスの良い食事をしましょう。
野菜、肉、果実などをまんべんなく摂るのです。
続けていくと、体がその食生活に慣れ、「間食はいらない」「3度のバランスの良い食事で十分」と考えるようになります。

間食防止テク④ おやつを買いにいかない。

「なかなか間食をやめられないよ~」っていう人は、もうおやつを買わない、欲しがらないようにしましょう。
私は実際に「いもけんぴ買って!ってもうおねだりしません」とおママに宣言いたしました。

もし、買いに行ってしまったら
「これは本当に今食べるべきか?」と一度自分に問いかけてみましょう。
この一言が意外に効きますよ!

普段の食事を意識・認識するだけで本当に間食はやめられます。
間食をやめたいというあなた!
この間食防止策を参考に、実践してみてはいかがでしょうか?