好きな彼をゲット出来る女性と出来ない女性、4つの違い

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第99弾】

今回は、どんな時でも好きな彼を即ゲット出来ている女性と、ゲットするのに時間がかかってしまう女性の違いを探求してみようと思います。

1つめの違い『本能に従っているかどうか?』

どんな時も好きな彼をゲットしている女子の会話を観察していると本能的なものが多いように思います。「カレの匂いが好きなの」「初めて会った時からピンと来てたの!」など...。ゲットしている女子達は自らの本能に超敏感で、直感的な決断を大切にしているのです。

ゲットに時間がかかってしまう女子の会話は「そろそろ条件のいい相手と結婚したいわ~」など、本能でない部分を使って男性を見ている会話をしているんですよね。彼をゲットすることで自分が他人からどう見えるか、親は反対しないかなどの他人主体の会話を無意識でしています。

会話の違いは、着目してみると面白いですよ。

例えば、恋愛体質で次から次へと彼が舞い込んでくる女子の会話には「条件」というキーワードは出てこないはずです。「彼はめちゃめちゃかっこいい!」「うまく言い表わせないけど好き!」「遺伝子が最高なの!」「顔がタイプ!」とか、そんな会話をしていると思います。

恋がうまくいかない時は考えることより感じることを意識するといいでしょう。子宮に「彼が欲しい?」って聞いてみて、もしも「欲しい」と言うのなら彼のことを子宮で引っ張って自分のもとに招き入れるイメージをします。自分が動物のメスだということを思い出すとゲットしやすいです。

2つめの違い『ストレートな愛情表現ができているかどうか?』

続いては愛情の伝え方についてです。女性達と話していると好きな人にちゃんと「好き」を言えない人が多いんじゃないかなという印象を受けます。好きな彼をゲット出来ている女子は「好き」を目をみてしっかり伝えられますし愛情表現のボギャブラリーが豊富。そして好きと言う頻度もかなり多いと思います。

二人がまだ出会って間もない頃や意思疎通ができていない関係なら1度会う毎に10回くらいは愛情表現すると相手が安心すると思います。「私のこと好きかどうかわからないから....」と遠慮するのではなく自分が相手のことを大切だと考えていることを話してそれで相手に自分をもっと知ってもらって好きになって〜♡とお願いしたらいいと思いますよ。

大事なのは愛情を「伝える」ことではなく「本当に伝わっている」ことなんです。男性は女性の好きな気持ちに鈍感な人も多いですから女性が伝えた気になっていても伝わっていないケースもあります。それだと意味がありません。本当に愛情が伝わった時は二人の間に流れる空気感が変わり、彼がもっと心をオープンにしてくれるようになります。他の誰にも話せなかった話を自分にだけしてくれるようになったり....。そこからの関係は特別で面白いものになりますね!

3つめの違い『彼主体の話し方ができるかどうか?』

男性は女性に対して癒しを求めるといいますが「癒しとはなにか」を分解すると、女性側が彼を主体として会話できる能力が含まれていると思うのです。男性はプライベートの時間、女性に会うことで自分をリセットしているところがあります。話すことで精神的に解放されてなおかつ頭の整理もされて日常を忘れてまた仕事に戻っていく....。そのような役割が男性の隣に居てできる女性ならまた何度も彼に会いたがられるでしょう。

もしもこれが、「私の話を聞いて聞いて!」「あそこに連れてって!」と自己主張ばかりの女性だと「あー、アイツ面倒くさいな」となって仕事が出来る男性なら連絡を取りたくなくなるでしょう。どんなに自分が疲れていたとしても「彼を一番にすること!」を意識していたら女性が望む幸せは手に入ります。仕事で責任を背負っているのと感覚的には変わらないところがありますね!

4つめの違い『彼と一緒にいるために自分を変えられるかどうか?』

好きな彼をゲットし続ける女性たちがやっている努力について最後にご紹介します。ゲットし続ける女性たちは、恋愛の優先順位が高く、彼と一緒にいるためになら自分の意見を譲ったり自分を変える努力を厭わないという女性なんです。究極的なことを言ってしまえば、彼と一緒にいるために、自分の夢を諦めることだって出来ます。

これは極端な例えになってしまいましたが、近いような状況が人生に訪れることは普通に起きると思いますよ。付き合っていた彼に転勤が決まって「結婚したいから自分についてきて欲しい」と言われたとしたら目の前の仕事を一度辞めなければいけない可能性はありますよね。仕事をとるか愛をとるかでサクっと仕事を捨てられるのは強さです。愛を捨てて仕事をとるのも強さでしょう。

ただ、いつでも彼の為に人生を捨てたり自分を変えた方がいいという話をしている訳ではないのです。「この人だ!」という人に出会った時は女の人生を優先させたほうが後々いいだろうというのが個人的な考えとしてあります。なぜなら、キャリアは年齢を重ねて経験を積んだだけ有利になるからです。真剣に仕事してきた人であれば歳を重ねるほど周囲の評価は上がりますし働きやすくはなる.....。つまり、なんだかんだでキャリアなら挽回できるチャンスってあるのです。それに比べて、女の人生のチャンスは若いほうが有利に働くように出来ています。ぶっちゃけ話をすると、そこを読み違えて取り返しのつかないことになって後悔している大人の女性は大勢います。(後悔してるだなんて絶対に言ってくれないですけど)

話がかなり広がってしまいましたが「仕事も恋も家族も全部ゲットするために今は何をすべきか?」

このテーマを20代では常に考えて選択・決断していくといいでしょうね。最優先にすべきものは何なのか、いつも問いかけていると全てを手に入れやすいと思います。

10年後、何を得ているかは個人のセンス次第なのです^^

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!