「クリームチーク」デビューしちゃお♪使い方をレクチャーします☆

BEAUTY

最近人気の『クリームチーク』。
私も少し前にクリームチークデビューしたのですが、クリームチークを使う前は使い方がわからず、抵抗を持っていました。
ここでは、そんなクリームチークの使い方を私なりにまとめます☆

『クリームチーク』とは…?

出典:www.maccosmetics.jp

そもそもクリームチークとは?
クリームチークは、その名の通り固めのテクスチャーのクリーム状で、少し粘り気もあります。

クリームチークの良い所は、パウダーチークの粉っぽさも無く、ツヤが出てとても自然な仕上がりになります。

慣れるとクリームチークにハマる人はたくさん!
私もクリームチークデビューしてからハマり、パウダーチークは使わなくなりました。

〈 クリームチークの使い方① 〉 量は?・指付けのやり方

クリームチークを使う時は、量の調整は重要です。

クリームチークを取る時は、「少なすぎ?」くらいがベストです。
写真のように、手の甲でダマがなくなるように調整すると◎。


そして、クリームチークは指付けでもオッケー☆
指で叩き込むように付けてください。叩き込むと薄付きになっていきます。

あまり広く付けると、のぼせたような顔になりやすいので注意!

〈 クリームチークの使い方② 〉 スポンジ付け

クリームチークは先程も書いたように、指で馴染ませてもいいのですが、スポンジを使って馴染ませても◎。

クリームチークを指に取り、頬にのせます。
軽く馴染ませたら、スポンジの出番。
中心は触らず、周りをスポンジの角でぼかすように伸ばしてください。
※クリームチークを頬にのせる時は、色を一番濃くしたい所にのせましょう。

スポンジは写真のように、ミニサイズのチークスポンジもあります♪

〈 クリームチークの使い方③ 〉 仕上げ・使うタイミング

出典:www.kanebo-cosmetics.jp

クリームチークの仕上げには、『ルースパウダー』を軽くのせてください。ヨレも防げます。

また、さらに上からパウダーチークを重ねると自然な仕上がりに。
少し濃い目に仕上げたい人には、こちらがおすすめです。


また、クリームチークを使うタイミングですが、これは人それぞれ。
私はパウダーファンデーションの後に使っていますが、そうするとムラ付きになるという人も居ます。
下地後や、リキッドファンデ→クリームチーク→パウダーなど…自分に合う取り入れ方を探してみて下さい。

クリームチークの使い方でした。
クリームチークは最初は難しいですが、使えば慣れてきてツヤのある顔になれます♪
プチプラのものもありますし、クリームチークを取り入れてみて下さい。