今年こそはビーチで主役に!夏までに《下腹》をへこませる方法

BEAUTY

今年の夏こそは思いっきりビキニを着てビーチで目立ちたい!
そうは思っても「ぽっこり下腹」は多くの女子の悩み…
この時期から下腹をへこませる努力をすれば、夏にはまだ間に合います♪
今回紹介する方法で、夏までに理想のBODYを手に入れちゃいましょう!

下腹をへこませる方法① 有酸素運動で脂肪を落とす

下腹に限らず、有酸素運動は全身の脂肪を落とすのに非常に効果的です。
筋トレだけやっているけどあまりお腹の脂肪が落ちない…そんな経験はありませんか?

筋トレはお腹の筋肉を鍛えるものであり、脂肪を落とすことにはあまり直結しません。
筋肉をつけることで美しいラインを作り上げることはできますが、脂肪を落としてへこませるには有酸素運動が一番です!

有酸素運動にはランニング、ウォーキング、水泳など様々挙げられますが、余計な筋肉を付けないためにも水泳やヨガをおすすめします♡
週に数日有酸素運動を行う日を決めて、継続して脂肪を落とせるように努力しましょう♪

下腹をへこませる方法② 下腹を意識したエクササイズ

有酸素運動だけしてお腹の脂肪を落せても、下腹はぽっこり出てる…なんてこともあるのです。
下腹をへこませるには脂肪を落とすだけでなく、下腹を意識したエクササイズも必要なのです!

下腹をへこませるには、アウターマッスルより体の内部にある"インナーマッスル"を鍛えましょう。
インナーマッスルは鍛えると全身の代謝も上がるため痩せやすくなり、下腹以外にも効果が表れます♪

おすすめは腹筋運動でも定番の"クランチ"です。
①両手を頭の後ろで組み、胸を張る。両膝を床と平行になるように足を上げる。
②おへそを見つめるように上体を丸める。このときに下腹部を意識しながら呼吸をすることがポイント!
③勢いをつけないようにゆっくりと状態を床に戻す。

最初は10回から、徐々に回数を増やしていきましょう♡
朝晩数セットずつ行う習慣をつけていきましょう!

下腹をへこませる方法③ 食事内容を見つめなおす

代謝が下がると脂肪は下腹に付きやすくなります。
代謝の下がるような食事内容を続けていると脂肪はどんどん下腹に!

これはダイエットの基本ですが、脂質・糖質は極力控えましょう。
これら二つは脂肪に直結すると言っても過言ではありません。

下腹をへこませるために効果的な食材は、低カロリー高タンパクな"ささみ"や"たら"、脂肪の蓄積を抑える"ブロッコリー"、脂肪を落とす効果がある"グレープフルーツ"などが挙げられます。
普段の食事にこれらを取り入れて、下腹の脂肪を落とすメニューを続けていきましょう♡

下腹をへこませる方法④ "ドローイン"で呼吸に工夫を!

下腹をへこませるには呼吸・姿勢が最も重要と言っても過言ではありません!

普段の呼吸に"ドローイン"を意識してみましょう。
ドローインとは、常にお腹をへこませた状態で呼吸をすることです。
お尻の穴とおへそをくっつけ、お尻の穴をきゅっとすぼめるイメージで呼吸をしてみてください!
下腹を薄くしながら呼吸をすることで、下腹のへこみに大きな効果が出ます♡
常にドローインを行うのは難しいので、信号待ちやエレベーターの中でやってみてください。

また、ドローインは姿勢も重要です。
猫背やそり過ぎた姿勢でドローインを行っても効果は表れないので、頭を天井に引っ張られるようなイメージで姿勢を保ち、ドローインを行いましょう♪

いかがでしたか?
下腹をへこますのって難しそうですが、地道な努力でへこませることは可能なのです!
夏までまだ時間は十分あるので、今の時期から上記の方法を実践していきましょう♪