ちょっと待った!実はお金がかかる!?転職活動中にかかる3つのお金

LIFESTYLE

キャリアアップや人間関係など、様々な理由で転職を考えたことはありませんか?
そんなとき、転職先が決まってから退職することもあれば、退職してから次の就職先を探すこともあるでしょう。
そこで今回は、転職活動中のお金についてお伝えします。

転職活動にはお金がかかる!?

「一人暮らしだから、生活費や家賃は貯金でしばらくは何とかなりそう」「実家暮らしだから、自分で払う費用はないから、そんなに心配してない」こんなふうに思っていませんか?

実は、私が転職活動中、「えっ、こんなにかかるの?」とビックリした費用があります。

それは、今まで給料にプラスされていた交通費(通勤手当)、給料から天引きされていた健康保険料と国民年金保険料です。

この3つの費用について、今回はお伝えいたします。

転職活動にはお金がかかる!?①交通費

転職活動中は手続のためにハローワークへ行くことも、転職を考えている会社へ面接に行くこともあるでしょう。
ハローワークや面接先へ行くときに交通機関を使うと、交通費がかかります。
この交通費はもちろん自分で払わなければなりません。

片道1,000円の場合、1週間に1回往復すると1ケ月で8,000円、半年だと48,000円です。
転職活動が長引くと、それだけ大きな金額になります。

転職活動にはお金がかかる!?②健康保険料

会社を退職すると、今まで持っていた保険証は会社に返します。
新しい保険証を手に入れるには、健康保険に自分で加入する手続が必要です。

加入方法には、①会社の保険を「任意継続」する、②「国民健康保険」に加入する、③家族の「扶養に入る」、の3つの方法があり、どれか一つを選択します。

それぞれの注意点は以下の通りです。
①任意継続
健康保険料を自分で負担します。
一般的には、退職直後なら任意継続した方が保険料は少なくなります。
ただし、協会けんぽの場合、前の会社に2ヶ月以上勤務した場合のみ加入でき、退職後20日以内に手続しないと加入できません。

②国民健康保険
任意継続同様自分で負担します。
ただし、原則14日以内に手続が必要です。

③扶養に入る場合
保険料を自分で払う義務はありません。
ただ、扶養に入るには、今後1年間の収入見込みが130万円未満であることが条件です。

転職活動中に気をつけなければいけないのが、ハローワークで手続きした後に受け取る「失業手当」です。
失業手当が日額3,612円以上になる場合、受け取り始めたら扶養には入れません。
ハローワークでご自分の日額を確認しましょう。

転職活動にはお金がかかる!?③国民年金保険料

年金にも扶養という考え方はありますが、それは「配偶者(夫婦)間」であり、親子間にはありません。
健康保険は親の扶養に入れた場合でも、年金は扶養には入れませんので、ご自分で国民年金を支払う必要があります。

年金保険料は、16,490円/月です。半年分だと98,940円です。
けっこう大きな金額ですよね……。

払うことがむずかしければ、免除制度を利用して、現在の負担を減らすこともできます。
ご家族の状況や所得によって受けられない場合もありますが、お住まいの市区町村で国民年金の手続きをするときに確認しましょう。

ただし、免除制度を利用して年金保険料を払わないままだと、将来受け取る年金が少なくなります。
老後のことも考えて、なるべく後払い(10年以内なら払うことができます)して将来に備えておきましょう。

転職活動中は、収入が少なくなるにもかかわらず、出費は重なります。
転職を考えている場合は、「大きな3つの出費」にも備えておきましょう。