青汁が美味しい時代到来!美容効果を引き出す飲み方って?

健康意識の高いご年配が愛飲しているイメージの強い「青汁」。
しかし最近では、美味しく飲みやすい青汁が登場し、健康や美容志向の高い20代や30代の女性も飲むことが増えてきました。
そこで今回は、青汁の嬉しい効果や、効果的な飲み方をご紹介いたします。

青汁の効果とおすすめの飲み方①青汁とは?

青汁の効果とおすすめの飲み方1つ目は、そもそも青汁とは何かについてです。

青汁とは、ケール、大麦若葉、明日葉など、グリーン野菜を中心にした健康飲料です。

不足しがちな野菜の栄養素を手軽に補えるのですが、青汁と聞くだけで「青臭い」「苦い」といったイメージが強くなってしまう方も多いのではないでしょうか。

昔は苦くてあまり美味しくないイメージが定着していましたが、今は違います。
青汁の効果をそのままに、美味しさや飲みやすさにこだわられた青汁が多く発売されているので、今までより幅広い年代の方が手にとっているんですよ♪

また、健康面でいい効果をもたらしてくれるものと思われがちですが、美容面やエイジングケアのサポートもしてくれる優れものでもあるんです。

そこで、青汁の効果を引き出すための飲み方や、具体的にどんな効果を得られるのか、おすすめの青汁もあわせてご紹介いたします!

青汁の効果とおすすめの飲み方②青汁の効果を引き出す!おすすめの飲み方

青汁の効果とおすすめの飲み方2つ目は、青汁の効果を引き出す飲み方についてです。

健康や美容、エイジングケアができる青汁ですが、実は飲む時間帯によって効果が変わってきます。

・ダイエット目的の場合は、食事前の空腹時。
・便秘解消目的の場合は、朝起きたとき。
・健康維持目的の場合は、自分の都合のいい時間帯。
・快眠目的の場合は、寝る前。


このように、自分には何が必要なのかを見極めた上で、青汁の効果を発揮させることが1番効果的と言えるでしょう。

また、「どうしても青汁が飲みにくい」と感じたら、ひと手間加えて美味しい飲み方に変えることがおすすめです。

青汁と相性がよく、美味しく飲める組み合わせは、牛乳や豆乳、スムージーが挙げられます。

ヨーグルトやスープに混ぜて、「食べる青汁」として摂取するのもいいですよ♪
自分の求める効果、続けやすい飲み方を見つけて、毎日飲んでみてください。

青汁の効果とおすすめの飲み方③青汁による嬉しい効果

青汁の効果とおすすめの飲み方3つ目は、青汁による嬉しい効果についてです。
青汁の効果は主に以下の通り♪

・ケールを主な原料にした青汁の効果
栄養価が高く、青汁の原料として人気の高いケールは、ビタミンCやβカロテンに加えて、ルテインやメラトニンが豊富に含まれています。

ビタミンCやβカロテンは、強い抗酸化作用があるのでアンチエイジングに効果的です。
そして、ルテインは眼精疲労の予防、メラトニンは入眠効果をもたらしてくれるので、美容や良質な睡眠の面で嬉しい効果を発揮してくれます。

・大麦若葉を主な原料にした青汁の効果
他の原料よりも比較的に飲みやすい大麦若葉は、栄養バランスもトップクラス。
食物繊維、ミネラル、ビタミンはもちろん、植物なのでたんぱく質や脂質、糖質などの栄養も摂取することができるんです。

その他にもポリフェノールやクロロフィル、SOD酵素も含むので、まんべんなく栄養を摂取できたり、腸内環境を整えてくれます。

・明日葉を主な原料にした青汁の効果
ビタミンB群、食物繊維、βカロテンだけでなく、明日葉特有の有効成分カルコンが含まれた明日葉は、老廃物を排出する働きが詰まった原料なので、デトックスに効果的です。
また、古くなった細胞のターンオーバーを促してくれるので、美肌効果も得られます。

青汁の効果とおすすめの飲み方④青汁を摂る際の注意点

青汁の効果とおすすめの飲み方4つ目は、青汁を摂る際の注意点についてです。

青汁を飲むことで、嬉しい効果を得ることができますが、薬ではないので即効性はありません。

青汁生活を始めるのであれば、必ず毎日飲むことと、最低でも1~2ヶ月続けるようにしましょう。

また、副作用のリスクを心配する必要はありませんが、過剰摂取には注意が必要です。
効果を早く得たいからといって1日に大量の青汁を飲むと、かえって体に負担をかけてしまう場合があります。

1度に多くの量を飲むのではなく、購入した青汁の1日の適切な摂取量を守り、継続することがなによりも大切ですよ!

そして、青汁の栄養価や成分を見極めて選ぶことも大切です。
先ほどご紹介したように、青汁の原料によって効果が少しずつ変わってきます。
ですので、効果を得るためにはどの原料が使われているのか確認してから選ぶといいでしょう。

青汁の効果とおすすめの飲み方⑤青汁を選ぶときの3つのポイント

青汁の効果とおすすめの飲み方5つ目は、青汁を選ぶときの3つのポイントについてです。

・砂糖や合成添加物が使用されていないこと
栄養価の高い青汁をせっかく飲むのですから、砂糖や合成添加物など、余計なものが含まれていないものを選びましょう。

なぜなら、同じ1杯でも摂取できる栄養量が変わってきてしまうからです。
飲みやすくなった分、甘味料などを配合している場合があるので必ず確認してみてください。

・フリーズドライ製法であること
青汁には高温で製造する加熱処理と、熱を加えないフリーズドライ製法があるのですが、熱に弱いビタミン類や酵素は加熱されると、せっかくの栄養素が壊れてしまいます。
栄養素が壊れず、体内に摂り入れるためには、フリーズドライ製法であることを確認してみてください。

・青汁の吸収力にも意識を向けること
熱を加えないことで、野菜の栄養素をそのまま摂ることができますが、ビタミンの種類によっては体への吸収力が悪いというデメリットも。

ですので、フリーズドライ製法であっても、「吸収力はどうなのか」をあわせて確認することがポイントです。

青汁の効果とおすすめの飲み方⑥飲みやすくて続けやすい青汁▶SUNTORY 極の青汁

www.amazon.co.jp

最後におすすめの青汁をいくつかご紹介いたします。
まずご紹介するおすすめの青汁は、SUNTORY(サントリー)の極の青汁です。

大麦若葉と明日葉に加えて、デトックス効果や脂肪燃焼効果が期待できるケラスチンも配合されているのが特徴で、吸収率にもこだわっているのが魅力的な青汁なんですよ♪

また、煎茶と抹茶を加えた上品な味わいが特徴で、「1番飲みやすかった」という声も多いほど人気の青汁です。

満足度97%を誇る実力派の青汁ですので、初めての方にも自信をもっておすすめできます。

SUNTORY 極の青汁 30包入り

¥3,888

販売サイトをチェック

青汁の効果とおすすめの飲み方⑦飲みやすくて続けやすい青汁▶えがお えがおの青汁満菜

www.amazon.co.jp

続いてご紹介するおすすめの青汁は、えがおのえがおの青汁満菜です。
国産の大麦若葉と、18種類の健康グリーン素材を凝縮されています。

えがおの青汁満菜を1杯飲むだけで、1日に必要な野菜量である350g以上を手軽に摂り入れることができるんですよ♪
さまざまな栄養素をバランスよく補いたい方におすすめの青汁です。

また、水溶性の食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエットにも効果的!
風味が豊かな抹茶と緑茶を配合してあるので、コクのある美味しさでゴクゴク飲めるのも人気の秘訣です。

えがお えがおの青汁満菜 31袋入り

¥3,240

販売サイトをチェック

青汁の効果とおすすめの飲み方⑧飲みやすくて続けやすい青汁▶マイケア ふるさと青汁

www.amazon.co.jp

最後にご紹介するおすすめの青汁は、マイケアのふるさと青汁です。
ふるさと青汁は、明日葉をメインにした青汁で、明日葉の茎や根までたっぷり使っているのが特徴。

そのため、脂肪燃焼やむくみ解消、セルライト解消の効果を期待することができます。
また、美容面でも働きかけてくれるので、ダイエットや肌荒れに悩んでいる方におすすめしたい青汁です。

甘みのある桑の葉と、大麦若葉をブレンドして配合されているので、お茶感覚で飲めるのも嬉しいポイントです。

マイケア ふるさと青汁 3g×30包

¥4,104

販売サイトをチェック
健康のためだけでなく、美容やアンチエイジングのために摂りたい青汁についてご紹介させていただきました。
「青汁」と聞いただけで敬遠していた方も、青汁の魅力に触れて少しは飲みたくなったのではないでしょうか。
昔よりも身近にあり、気軽に手に取ることができるので、気になった青汁をぜひ試してみてください。

【関連記事】2週間で体のラインが変わる♡ウワサの美容青汁って何がすごいの?

SNSや口コミサイトで話題の“美容青汁”、ご存知ですか?今回は、モデルや芸能人のファンも多い...

青汁 効果 飲み方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる