お悩みをスッキリ解消!眉の形にあったアイブロウのコツを伝授☆

BEAUTY

いくらトレンドの太眉を作っても、なんだか古臭くなってしまう……ということはありませんか?
その原因は、あなたの眉と形が合っていないのかもしれません。
眉の形に合ったアイブロウのコツを、しっかりおさえておきましょう♪

<眉の悩み>上がり眉のアイブロウのコツ

眉の形が上がってしまう人は、眉の形のままなぞっていくと、キツい印象になりすぎてしまう傾向がありますよね。

そんな悩みを解決するために大切なことは、眉下のカーブを真っ直ぐに心がけることなんです。

まずは眉の毛並を下向きにながすようにブラシで整え、眉下のカーブをつけずに真っ直ぐ描くようにしていきましょう。
そうすることで、キツい印象にならずに、イマドキ眉が簡単に作れちゃいますよ♪

<眉の悩み>しっかり眉のアイブロウのコツ

しっかりと眉が生えている人は、トレンドの太眉を作りやすい、とっても良い素材の持ち主。

そんなしっかり眉の人は、毛の流れを整えていくだけで簡単にトレンド眉になれちゃいます。

ブラシで毛並を直線的に整えたあと、鼻筋の延長線から眉頭を描き足していき、仕上げに眉マスカラをのせましょう。
眉マスカラも毛並に沿って、直線的に塗っていくようにするだけ!
とっても簡単に、トレンド眉が完成します♪

<眉の悩み>離れ眉のアイブロウのコツ

離れ眉の人は、地の眉毛の通りに描いてしまうと、情けない印象になりがちですよね。
しかし、眉頭をしっかりと書き足すことで、ぼんやりとした印象を変えることができちゃいます♪

鼻筋の延長から、自然にアイブロウパウダーをのせていきましょう。
眉頭を濃く書きすぎると、不自然な眉になってしまうので、濃く描き足しすぎてしまったなと感じたら、しっかりとぼかしてあげることが大切です。

鼻筋からほんのり書いていくことによって、自然なノーズシャドウになり、目鼻立ちもすっきりと見せてくれますよ♡

<眉の悩み>まだら眉のアイブロウのコツ

毛の生え方がまばらな人は、眉をちゃんと描いているつもりでも、ボサボサとした印象になってしまいますよね。

そんな人は、パウダーで眉のトーンを整えることで、きれいな眉を作ることができます。

まだら眉の人は、ブラシで眉の流れを整えるのことを忘れないようにしましょう!
そして、アイブロウパウダーでまばらになっている隙間を埋めていく感覚で、眉のトーンを整えていきます。
仕上げに眉マスカラを塗ることで、立体感が生まれますよ♪

眉の形は人それぞれなので、アイブロウをメイク本の通りにやってもうまくいかないことも多いですよね。
自分の眉にあったアイブロウのコツがわかれば、以前よりメイクするのが楽しくなること間違いなしですよ♪