「できる範囲で頑張ります」は禁句!仕事ができない人の口癖とは

LIFESTYLE

働く女子の大半は、仕事ができる女性に憧れを抱いていると思いますが、知らず知らずのうちに、仕事ができない女の道を辿っている可能性もあります……。
その原因のひとつは、あなたの発する言葉かもしれません。「仕事ができない人」の口癖を探してみましょう。

楠原諒子
楠原諒子
2016.11.09

仕事ができない人の口癖:「忙しい」「人手不足」「時間がない」

ダメな口癖ナンバーワンといえば「忙しい」です。これは不器用をアピールしているようなものなので、チャンスを逃しているのと同じです。効率化を目指してください。

また「人手不足」は、自分が仕事に集中できる環境をつくれば、カバーできるかもしれません。

そして「時間がない」というのもやめましょう。たとえ1時間しかないとしても、あと1時間あるととらえてください。

今あるものに目を向けましょう。

仕事ができない人の口癖:「あんなに頑張ったのに」「ツイてない」

「あんなに頑張ったのに……」と思う瞬間がありますよね。
けれども、努力と結果は比例しないこともあります。

また、「ツイてないな〜」と言ったり、思い込んでいる人は、不幸をどんどん招いている印象があります。

これらの言葉を発するのは、“仕事がうまくいっていない”と自分に言い聞かせているようなものです。

仕事ができない人の口癖:「できる範囲でやる」

仕事を頼まれたときに、つい「できる範囲でやってみます」と言いがちですが、これはできなかったときのために、保険をかけているようなものです。

この余計な一言は、イメージが悪くなってしまうのでやめましょう。

仕事ができない人の口癖:理解できていないのに「わかりました」「すみません」

とりあえず「わかりました」と言っていませんか?

もし上司の言葉を理解できていない、勝手に解釈したのなら、的外れな仕事をしてしまう恐れがあります。わからないことはすぐに聞きましょう。
質問をするときは、なにがわからないのかを的確に発見してくださいね。

また、謝りすぎるのもやめましょう。これを続けると絶対に謝らなくてはいけないときに、誠意を感じてもらえません。

仕事ができない人の口癖:「向いていない」

向き・不向きに従って生きるのは間違いではないと思います。
けれども、「向いていない」を言い訳にしてしまうと、忍耐力がなくなってしまいます。
向いていないと感じる仕事をすると、自分の秘められた能力を引き出せるかもしれません。学ぶ姿勢を忘れないでください。

また、このタイプの人の中には、批判ばかりする人がいます。
代替案がないなら、批判するのはやめましょう。

仕事ができるようになりたいのなら「不言実行の女」を目指す!

行動しない口だけ人間は、仕事ができないようです。

一方で仕事ができる人は、言葉を多く発しません。
言い訳をしたり、保険をかけるのは余計なことだとわかっているのでしょう。

仕事ができるようになりたいのなら、有言実行できない自分を捨てて、不言実行の女を目指してください!

口癖を変えれば人生は変わります。
「まだまだ余裕がある」「ツイてるかも」「きっと大丈夫」この3つの言葉を発すると、無理のない前向き思考を持てるので、仕事ができる女性に近づけるかもしれません♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。