好感度UPをねらえ☆気配り上手なステキ女子になる方法4つ

LIFESTYLE

気配りのできる人って魅力的ですよね。
でも一見気配り上手に見えても「してあげてる感」を感じると、あまりいい気分にはなりません。
ここでは、気配りができる人になる心掛けを書いていきます☆

<気配りができる人になる心掛け①>思いやりを持つ

例えばモテたくて気配りをするとか、自分のメリットを考えた行動ってバレバレです。

自分のメリットを考えた行動を否定するわけではありませんが、気配りというのは相手を思いやって自然と行動に移すもの。
まずは、相手を思いやる心を持つことが大切です♡

自分のメリットばかり考えた行動には、思いやる心はさほどないでしょう。
気配りができる人になる前に、相手のことを考えた行動を取るところから始めてみてください☆

<気配りができる人になる心掛け②>出しゃばらない・押し付けない

気配りのできる素敵な人だな〜と思う人は、あからさまに気配りをしているという印象がありません。

一緒に過ごす時間が増えるにつれ、気付いたりするもの。
本当に思いやりを持っている人は、出しゃばりません。

また、気配りをしようと張り切りすぎて押し付けてしまうのもNG!
気配りをしなくてもいい場もあります。相手に迷惑を掛ける言動はやめましょう。

<気配りができる人になる心掛け③>本心を大切に・嫌なことはしない

「気配り」と「気を使う」って一見すると似ていますが、全く違うもの。

辞書的な意味は置いておいて、「気配り」は相手を思いやり、相手にも気付かれない行い。
「気を使う」は自分自身が少し無理をしたり、疲れてしまうこともある行い。

気配りができる人になるには、心が伴っていることも大切。
自分が嫌なことはしない。自分が心から思う気持ちを、言動に移しましょう☆

<気配りができる人になる心掛け④>整理整頓・心の余裕

気配りができる人になるには、まずは自分自身が余裕を持つことが大切!
毎日めまぐるしい日々ですが、そんな中にも余裕を持てる工夫をしてみましょう。

例えば家やバッグの中。
ゴチャゴチャとしているより、整理整頓されている方がイライラもしないし、心が落ち着きます。

気配りと整理整頓。一見関係がなさそうな二つですが、心の余裕を持つことが気配りができる人になる一歩☆

気配りできる人になる心掛けをご紹介しました。
気配りできる人ってとっても魅力的です。
まずは、相手を思いやる心を育てていきましょう☆