メイクにも統一感を!カラー別“ワントーンメイク”で新しい私に出会う♪

BEAUTY

今、メイクはワントーンで統一感を出すのが流行っています♡
ワントーンメイクはカラーによって、全然違った雰囲気に仕上がるんです!

女性メイクの鉄板!“レッドメイク”

昔はレッドが基本だったメイク。時代が変わると共にピンクやオレンジなど他のカラーが流行りましたが、今また再び濃い“レッドメイク”が注目を集めていますよ!

唇はスティックタイプの濃いレッドがおすすめ♦︎!発色の良いレッドでよりモードっぽく仕上がります。

チークは唇に合わせて、ツヤのあるクリームチークを使ってみてください!
これで、統一感のあるレッドなワントーンメイクが完成しますよ♡

ふんわり“ほんのりピンクメイク”でかわいらしく♡

ピンクの中でも、よりガーリーでかわいらしく決まるカラーは“ほんのりピンク”♡

こちらは、ふんわりとした印象になるので、唇やチークの他、アイシャドウのベースでも取り入れるのがおすすめ♦︎!
少し、腫れぼったさを出すことで、ふわっとした柔らかさを演出しましょう。

極めつけで、ブラックアイライナーで目元を引き締めると、メリハリがつきます!
これで、誰が見てもかわいい乙女チックな“ほんのりピンクメイク”の完成です!♡

大人っぽいヌーディさを出すなら“ベージュメイク”

遠くからみると、一見メイクをしていないかのように感じるくらいとっても薄いメイクは、“ベージュメイク”にお任せ♦︎!

素肌っぽさは残しつつ、立体感を出すために所々に影をつけましょう。
特に、アイシャドウ、ノーズ、チーク、仕上げのシェーディングはベージュメイクで欠かせないメイクのポイントです‼︎

唇は、少しピンクよりのベージュで統一感を出しましょう。
大人っぽいヌーディカラーは、どんなシーンにも合わせやすい、万能カラーですよ♦︎!

脱ベーシックな新鮮肌に♦︎“パープルメイク”

パープルは、きちんと目のフレームを整えつつも、普段とは違うニュアンスを醸(かも)し出してくれるんです♦︎!

色のトーンは、パッキリと濃い色よりも少しくすんだキラキラ感のあるものがおすすめです。

パープルを取り入れるところは、アイシャドウとアイライナー。
プラス1メイクで、唇もボルドーに近いパープルなリップで締めると統一感が出ます。

チークは、アイシャドウが濃いめなので、塗っているのかわからないくらい薄いチークをつけてみて下さい‼︎

いかがでしたか?
ワントーンメイクは、カラー別に全然違った印象を演出してくれます。
ぜひ、シーン別、系統別にワントーンメイクを楽しんでみて下さい♦︎!

2014.12.09 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。