『シーン…』沈黙は悪いことじゃない!よい沈黙とは?

LIFESTYLE

会話をしていて『シーン…』となる沈黙の時間。苦手と感じている方も多いのではないでしょうか?
私も沈黙が苦手だったのですが、最近沈黙も悪いことではないのかなと思うようになりました。いい沈黙を目指してみませんか?

"沈黙"が苦手で感じていたこと

まずは私自身、沈黙が苦手で感じていたこと。
まず、家族や親友は沈黙の時間は気にならない。
親友は10年以上の付き合いもあってか、親しい間柄だと沈黙ってあまり気になりませんよね。

初対面の方や、知り合い程度の方だと
そもそも特に話したいことも無いし、でも気まずいから頑張って話そうとする…

そうすると、とっても疲れるんですよね。
極力関わりたくなくなるし、自分を偽っているような気持ちになるし…

"沈黙"は悪いことじゃない

①のように感じたので、沈黙の時間は無理に話すのをやめてみました。
そこで感じたのが、沈黙って悪いことじゃないなということ。

まず、わ〜と話すと自分が疲れるだけではなく、相手も絶対疲れてる。
人によっては話してくれる人がラクなんて人も居ますが、少なくとも話し続けるよりは適度な沈黙タイムはあった方が良いと感じます。

盛り上がり続ける方が疲れます。

『よい沈黙』とは?

私の友人に、知り合い程度の関係の時から沈黙の時間が苦痛に感じない人が居ます。
その友人に限らず、沈黙の時間が苦痛に感じない人は私個人の意見ですが、「表情」が柔らかいのかなと感じます。

ふとした表情って、日頃からイライラしていたり、悪口ばかり言っていると
そういった時の表情が顔から離れていない人も居ます。
柔らかい表情の人は、日頃から優しさのある行動をとっているのかも。

沈黙の時間を一緒に過ごせる人って居心地が良くなります。
沈黙を気にすると、余計なことを話してしまったりもするし…自分のまま接してみるのが一番!

どうしても辛い時は"天気"の話!

と言っても、これはなにか話さないとまずい!という時はあります。
そんな時は"天気"の話が一番!

天気の話は、当たり障りがなく、無限に話が広がってくれる救世主。
『昨日雪降りましたね〜』
「電車動かなくて〜」
と、そこからなにしていたとか、なんてことのない会話から自分を知ってもらえるし、相手を知れるし…
余計なことを話してしまったりすることも少ないので、困った時は天気の話をしてみてはいかがでしょうか♪

沈黙を気にして無理をするのをやめるとすごくラクになります。
無理して明るく振る舞って明るいと思われるのも後々しんどい…そのままの自分でいいのでは♪