学生さん集合~!謝恩会に着ていくドレスのマナー4つ

LIFESTYLE

お世話になった恩師に感謝の気持ちを伝える会“謝恩会”♡
何気なく参加していた謝恩会にも、服装のマナーがあることを知っていましたか?
今回は、謝恩会に着て行くドレスのマナーを4つご紹介します!

謝恩会に着ていくドレスのマナー①卒業式のあとすぐに謝恩会!そんなときは?

大学や専門学校などの卒業式のあとに、謝恩会が開かれるケースが多いのではないでしょうか?

卒業式のすぐに謝恩会が行われるため着替えができないときは、ドレスではなくスーツの参加でもマナー違反ではありません。

ただし、謝恩会の会場がちょっと豪華なレストランやホテルだった場合、“フォーマルな服装でお願いします”という指定がある場合があります。
このように、会場に合った“ドレスコード”が指定されているときは、そのコードに合った服装を選びましょう。

謝恩会に着ていくドレスのマナー②露出の激しいドレスは控えて!

近年のドレスは、肩や背中が大きく見えるちょっぴりセクシーなドレスも可愛いデザインが購入できますね。

しかし、謝恩会にはそういった露出の激しいドレスはマナー違反。

露出の激しいドレスしか持っていないからどうしよう!という方は、ボレロやショールを上から羽織ると、おしゃれかつ上品にまとまりるのでおすすめです♡

謝恩会に着ていくドレスのマナー③靴やタイツに気を付けて!

足痩せ効果もある黒いストッキングやタイルを履きたくなる気持ちもわかります。
しかし、謝恩会で黒系のストッキングや柄の入ったタイツを履くのはマナー違反!
ドレスには肌と同じ色の肌色のストッキングを合わせることがマナーです。

また、サンダルやミュールなどつま先の見えるような靴もマナー違反!
少しヒールのあるシンプルなパンプスを選びましょう。

謝恩会に着ていくドレスのマナー④アクセサリーは上品なものを選んで♡

ドレスには、シンプルめのパールのネックレスを付けると、上品なフォーマルスタイルになるのでおすすめです。
反対に、ゴールドのアクセサリーやゴツめのアクセサリーをジャラジャラとたっぷりつけるのはマナー違反!

アクセサリーは控えめで清楚につけることがポイントです。

謝恩会の主役はあくまで恩師たち。
華美になりすぎないように注意しましょう。

今回は、謝恩会に着て行くドレスのマナーを4つご紹介しました!
お世話になった恩師に失礼のないような美しいドレス姿で、感謝の気持ちを伝えられるといいですね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。