意外と難しい!「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順のまとめ

結婚式の準備を進めていく中で、難しさを感じるのが「席次表」の作成なのではないでしょうか。
目上の方への席順の配慮や、名前と一緒に添える肩書など、悩むべき項目がたくさん……!
今回は、席次表を作成する際に、マスターしておきたいマナーや手順をご紹介します。

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順①肩書きの書き方に注意!

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順1つ目は、肩書きの書き方についてです。

席次表を作成する際に、仕事関係の上司や親族など、どのように肩書きを添えるべきか悩んでしまうのではないでしょうか。

ここを正確に記載しておかないと、マナー違反になってしまうので、どのような肩書きの記載が正しいのか、マスターしておきましょう!

【仕事関係者・上司】
正確に肩書きを添えておきたい重要なゲストともいえるのが、仕事関係者の方々です。
基本的には、ゲストの会社名と役職名を記載するのが正式とされています。
役職がない場合には、部署名などを記載しましょう。

例:
「○○株式会社 代表取締役社長」
「株式会社○○ 営業本部」 など

上司でなく先輩や同僚・同期の場合には、企業や部署を記載をするか、「先輩」や「同僚」、「同期」と記載しましょう。
後輩の場合でも、「同僚」と記載するのが一般的なので、覚えておきましょう。

例:
(企業や部署名を記載する場合)
「株式会社○○ 企画部副部長」
「新郎元上司 現在株式会社○○ 代表取締役」 など

(企業や部署名を記載せず、間柄のみを記載する場合)
「新婦上司」
「新婦勤務先先輩」
「新婦同僚」 など

もし参列してくれているゲストがすでに退職している場合には、「会社元上司」(または先輩・同僚・同期……など)と記載し、逆に新郎新婦が退職している場合には、「元会社上司」(または先輩・同僚・同期……など)と記載すると良いでしょう。

【恩師・恩人】
仕事関係で無く、学生時代の教授をお招きする場合には、「恩師」や「恩人」という肩書きを使用しましょう。

【その他の目上の方】
その他の目上のゲストの場合には、「来賓」という肩書きを使用すると良いですよ。

【友達や先輩・後輩】
仕事関係ではなく、仲の良い友達や先輩・後輩を招く際には、新郎新婦でお互いに記載の仕方を統一することが大切です。後輩の場合も「友人」と記載することをお忘れなく。
友達や先輩・後輩の場合には、どの場所で出会った存在なのかを肩書に記すことで、会話も弾みやすくなりますよ。

例:
(間柄だけを記載する場合)
「新婦友人」
「新婦同期」
「新郎先輩」 など

(出会った場所と間柄の両方を記載する場合)
「新郎高校先輩」
「新婦大学友人」 など

【お子様のゲスト】
ゲストの中にお子様がいる場合には、男の子であれば“御子息”女の子であれば“御令嬢”の肩書が一般的です。
例:
「○○様御令息」
「○○様御令嬢」

【家族・親族】
上司や友人以外の、家族や親族についても、席辞表を作成する際には正確な肩書きを記載する必要があります。
基本的に親族については、続柄を記し、名前に“様”は付けません。

まず新郎新婦は招く側なので、肩書き・敬称は共にはつけません。

両親や兄弟は、「新郎父」「新婦母」「新郎兄」……などと、そのままの肩書を記載しましょう。

父母の兄や姉の場合には、「新郎伯父」「新婦伯母」と記載します。
両親の弟や妹にあたる方である父母の弟や妹の場合には、「新郎叔父」「新婦叔母」と記載しましょう。

兄弟の配偶者の場合には、配偶者が男性の場合には「義兄」や「義弟」、配偶者が女性の場合には「義姉」「義妹」と記載します。

兄弟のお子さんの場合には、「甥」「姪」と記載しましょう。

祖父母の場合も、シンプルに「新郎祖父」「新婦祖母」と記載すればOKです。

祖父母の兄弟、姉妹の場合には、「大伯父」「大叔父」「大伯母」「大叔母」という記載が正解です。

年上のいとこの場合には「従兄」「従姉」と記載します。
年下のいとこの場合には「従弟」「従妹」と記載しましょう。

ここでご紹介した以外の親族の方が参列する場合には、肩書を記載することでややこしくなってしまう可能性もありますので、シンプルに「新婦親族」と記載すればOKです!

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順②席次表作成にはスケジューリングが重要!

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順2つ目は、席次表作成のスケジューリングについてです。

それぞれのゲストの漢字や肩書きを調べるのが面倒で、なかなか席次表作成に手を付けていない……というプレ花嫁さんは、要注意!

席次表作成にあたって、実は1番大切になるのがスケジュール管理なんです。

少なくとも結婚式の1か月半~2か月前までには、席次表の作成に取り掛かりましょう。

まず決めるべきことは、席次表を自分たちで手作りするか、業者に依頼をして発注をするかということ。

それに当たり、まずは結婚式の1か月~1か月半前までに、参列してくれるゲストの出欠を確定させるようにするのが大切です。

その後欠席が確定した参列してくれるゲストの皆さんの席次を決めて、肩書きをどう書くのかを書き出しておくと良いでしょう。

そして、結婚式の1か月を切ったら、実際に席次表の制作をスタートさせましょう!

結婚式の1~2週間前は、いよいよ席次表の手配を完成させる時期です。
校正確認や印刷を済ませ、当日ゲストの手に配れるように、準備をすればOKです♡

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順③オーダー?手作り?

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順3つ目は、オーダーにするか、手作りにするかということです。

席次表を作成するにあったって、まず2人で話し合っておきたいのが、業者にオーダーをするか自分たちで手作りをするかということです。

もし席次表をオーダーする場合には、サイトなどからデザインを決めて発注しますが、手作りの場合はデザイン決めからスタートします。

オーダーをする場合には、その流れを業者の指示に従っていけばOKですが、自分で作成するとなると、スケジューリングも決めていく必要があります。

手作りの場合には、パソコンによるデザインが得意なカップルであれば難なく行えるかもしれませんが、そうでない場合にはフォーマットを購入して使用するか、業者にオーダーする方法をおすすめします。

オーダーをするにせよ自分たちで作るにせよ、最終的には下刷りの校正や印刷の手配を行い、完成させます。

流れをすべて加味して、オーダーと手作りのどちらが良いかを決定すると良いですよ♡

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順④オーダーのメリット▶クオリティが高い♡

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順4つ目は、オーダーのメリットについてです。

席次表をオーダーするか手作りするか悩んでいる……というプレ花嫁さんの目安になるように、まずはオーダーをした際のメリットをご紹介します。

まずそのメリットとして挙げられるのが、クオリティが高いということ!
業者はもちろんプロですから、イメージ通りのクオリティが約束されていることが最大のメリットです。

それ以外にも、忙しい結婚式準備期間でも手間がかからず、スピーディーに仕上げられるのも、席次表をオーダーする際のメリットなのではないでしょうか。

確認作業にも何段階かで人が入ってくれるので、ミスなどを含めたトラブルを回避できるというのも魅力です。

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順⑤オーダーのデメリット▶費用がかさむ……。

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順5つ目は、オーダーのデメリットについてです。

一方、席次表をオーダーした際のデメリットとして挙げられるのは、なんといっても費用がかさむという点です。

オーダーで席次表を作る場合には、手作りするよりも、1部あたりの費用は確実に高くなります。

しかし席次表をオーダーする際の費用は「一部あたりの値段×ゲストの人数」なので、参列してくれるゲストの人数が多い場合いほど、費用は多く発生してきます。

もしゲストの人数は多いけれど席次表のコストを抑えたい!と考えているのであれば、手作りで作成することをおすすめします。

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順⑥手作りのメリット▶リーズナブル♡

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順6つ目は、手作りのメリットについてです。

ここでのメリットは、もちろんリーズナブルであるということ♡

オーダーで作成する際には一部当たりで費用が発生しますが、手作りをすれば参列してくれるゲストの人数が多くても、結果としてあまり費用に差が生まれません。

他にもメリットとして挙げられるのは、オリジナリティを出せるということ♡

パソコンでのデザインが得意なカップルは、自分たちらしさを前面に押し出した席次表を作成できるので、節約の面以外でも手作りをするメリットがあるということができるのではないでしょうか。

とびきり可愛らしくしたり、コミック風にしたり……思い描いているアイディアを、そのまま形にできるというのが、手作りならではの魅力ですよね!

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順⑦手作りのデメリット▶手間も時間もかかる……

「結婚式の席次表」を作る際のマナーと手順7つ目は、手作りのデメリットについてです。

席次表を手作りで作成する際のデメリットとして挙げられるのが、手間や時間がかかるという点です。

ただでさえ結婚式準備は忙しく、特にゲストを確定して席次表を作成するタイミングでは、他の準備も佳境を迎えていて、なかなか手が空かない状態であることも予想されます。

そのタイミングで席次表を手作りする手間や時間を考えると……初めの段階で挫折してしまったという先輩花嫁さんも少なくないようでした。

席次表の作成以外の結婚式準備でも忙しいという点を考慮すると、もう1つ考えられるのが、ミスをしてしまうリスクが高いというデメリットです。

何度も確認すればミスを防げると思いますが、同じ人間が何度も確認をしても、見落としてしまうこともあります。
席次表を作成するにあたって、まずはじめに確認しておきたいのは、正しい肩書の記載の仕方。
これは、家族間のマナーの問題にも発展してしまうので、正確に記載すべく事前の確認が重要になってきます。
そして、参列してくれるゲストが確定し、肩書に関しても正確なものをリストアップし終えたのちには、作成すべく準備を進めるための段取りが重要です。
今回ご紹介した、オーダーをするか手作りをするかという点も、まずは2人でどうしたいのかとどう分担していくのかを話し合ったうえで、決めていくと良いのではないでしょうか。
たくさん準備をすることがある結婚式ですが、幸せな当日を思い浮かべながら、地道に頑張りましょうね♡

【関連記事】ウェルカムドールやブーケも♡知っておきたい結婚式の手作りアイテム

結婚式の準備を始めるにあたって必ずぶつかるマネー問題。思っていたより費用がかかってしま...

席次表 マナー 手順 結婚式 招待状

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる