仕事とプライベートにメリハリを♪社会人のためのオンオフ切り替え術

LIFESTYLE

仕事をメインに生活している社会人だからこそ、メリハリが必要です。
しかし、多忙が極まり家に仕事を持ち帰ったり、悩みを抱えて部屋で過ごしたり、どこが仕事場なのかわからなくなってはいませんか?
そこで今回は、社会人のためのオンオフ切り替え術をご紹介します♪

《社会人のためのオンオフ切り替え術①》集中とタイムマネジメント

仕事中はこれでもかというくらい集中しましょう。
しかし人間の集中力は頑張って45分。それ以上集中力が持たないように脳が作られています。

「じゃあ8時間も持つわけないじゃん」という声が聞こえてきそうですね。
そこでタイムマネジメントの必要性が出てきます!今日やるべき仕事の目安時間を整理して、それをクリアできるように頑張ってみましょう。

たったこれだけのことなのに、驚くほど仕事が捗るようになるはずです♪
タスク管理もできるし、こまめに区切ることができるから時間が経つのもあっという間!

《社会人のためのオンオフ切り替え術②》帰ったらご飯よりも先に着替える

洋服は着ている人の気分を変えることができますよね。
家に帰ったら、仕事着やアクセサリーなど身につけているものは全て外して部屋着に着替えましょう♪

穴が空いたTシャツでもクタクタになったスウェットでもいいんです。
ギャップがあればあるほど、オンオフの切り替えがうまくいくようになります。

部屋着に着替えたら手洗いうがいをして、ご飯を食べて明日に備えましょう♡

《社会人のためのオンオフ切り替え術③》帰ったらすぐ日記をつける

日記をつけるのはオンオフの切り替えが上手な人がやっている方法の一つのようです。

今日成功した出来事、反省点などを簡潔に書く。長い文章を書かなくても頭の中を整理する程度でOK!

私のオススメは日記を書くのと同時に手帳も開くこと。
今日1日のタスクを全部こなすことができたか(できたら自分を褒めてあげて!)、やり残したことは明日に持ち越せる余裕があるかなどを、寝る前に見ておきます。

1冊に両方かけるスペースのある手帳を買っておくと、便利です。夜に手帳を開けると、心が落ち着いて明日へとゆっくり踏み出すことができるそうですよ♡

《社会人のためのオンオフ切り替え術④》何も考えなくていい趣味を見つける

オンオフの切り替えが上手な人は、オフを充実させることが上手な人。

仕事のことを一瞬たりとも思い出さないような趣味に没頭できたり、大切な人たちと予定を入れて気分転換をするのが上手です。

家でじっとしていたいこともあると思いますが、できるだけ何かをして見ましょう。
たった一つでもいいんです。オフの時間にも何か一つやり遂げたという達成感が心に余裕をもたらしてくれます♡

どれも簡単で今すぐできることなので、ぜひ参考にして見てくださいね!

「これ以上は無理!」集中力が切れたときの復活法