やってみたいけどどうしたらいい?セルフジェルネイルを始めるhow to♡

パーティーやイベントなどの特別な日にネイルサロンへ行くという人は多いでしょう。
けれど、ネイルサロンへ行かずに自分でジェルネイルができたら楽チンですよね。
ポイントさえ押さえれば、ジェルネイルは自宅でも簡単にできます♡

今回は、セルフジェルネイルを始める際に押さえておきたいポイントや方法をご紹介♪

セルフジェルネイルを始めるhow to♡①ジェルネイルの仕組みは簡単!

ジェルネイルは必要な道具と知識さえあれば、自宅で手軽に楽しむことができるんです。

ジェルネイルは簡単に言うと、樹脂から作られたジェルを爪に塗布しライトで硬化させるだけ!透明度が高く、つけ爪よりも軽いことが特徴です。
通常のネイルカラーよりも長持ちさせることができ、通常3週間~1ヶ月も持ちます。

自爪が割れやすい人は、ジェルネイルを行なうことで爪を保護できるので、爪を長く伸ばしたいときにもおすすめですよ♡

また、爪が伸びてくると根元が浮いてしまうため、爪を切るタイミングでジェルネイルをオフするという人が多いです。

セルフジェルネイルを始めるhow to②やすりで爪の形を整えよう

www.amazon.co.jp

セルフジェルネイルを開始する前に大切なことは、爪の形を整えたり甘皮を処理する下処理です。

爪の形には、スクエア、オーバル、ラウンド、ポイントなどがあります。爪を整えるときは爪専用のやすりを使い、形を整えておきましょう。

爪の形状を整えるために削るやすりのことをエメリーボードといいます。やすりはジェルネイルを除去する際にも使用するため、実際に触ってみて扱い方を覚えることが重要!

爪に対し45度程度の角度でやすりを当て、一定方向にのみ削るというポイントさえ押さえれば、初めてでも簡単にチャレンジできますよ♪

セルフジェルネイルを始めるhow to③甘皮の処理を忘れずに

www.amazon.co.jp

甘皮は爪と皮膚の境目にある組織のこと。爪に雑菌が侵入することを防ぐ役割を持っています。そのため、必要以上に取り過ぎたり刺激し過ぎたりすると炎症を起こす原因になるので注意してくださいね!

爪の健康を守るには正しい甘皮処理の方法を学びましょう。
甘皮ケア用のオイルを使い、ふやかしてから専用のプッシャーで軽く押しあげます。その後、はみ出た甘皮をガーゼやウェットティッシュなどでやさしく除去しましょう。

オイルでふやけた甘皮は、余計な力を入れなくても簡単に処理できます。余分な甘皮がきれいに除去できると爪の輪郭がくっきりし、セルフジェルネイルの仕上がりがよくなりますよ♡

ちなみに、ジェルネイルをオフするときにもプッシャーを使用するので、必ず1本は持っておきたいアイテムです。

セルフジェルネイルを始めるhow to④バッファーで爪の表面をなめらかに整えよう

www.amazon.co.jp

爪を好みの形に整え甘皮の処理ができたら、次はスポンジバッファーで爪の表面を軽くこすってなめらかに整えましょう。
下処理を怠らないことが、セルフジェルネイルの仕上がりを高めるポイント♡

バッファーを行なうと爪とジェルの密着度を高めることができます。この処理を怠るとジェルネイルの持ちが悪くなります。

爪の表面がボコボコしているとムラなくジェルを塗布しづらくなるため丁寧に行なってくださいね!
ちなみに、エメリーボードもスポンジバッファーも、100円ショップで手軽に入手できます。

セルフジェルネイルを始めるhow to⑤ライト選びのポイント

www.amazon.co.jp

ジェルネイルを硬化させるためのライトは、いくつかの種類があります。大きく分けると、紫外線で硬化させるUVライトと、LEDライトの2つです。

2つのライトは波長が異なることが大きな特徴。使用するジェルによってはUVライトの方が硬化しやすいものもあります。
LEDライトは硬化するまでの時間が短いことがメリット。ライトのワット数が高いほど、硬化までの時間が短くて済みます。

ライトの値段や性能だけで選ばずに、使用したいジェルが硬化するために必要な波長と、ライトの波長をチェックして、相性がいいものを選びましょう♪

セルフネイルキットに付属しているライトなら、ジェルとライトの相性を気にしなくて済みます♡

セルフジェルネイルを始めるhow to⑥初心者キットを選びのポイント

www.amazon.co.jp

セルフジェルネイルを始める際に便利なものが、初心者用のキットです。初心者用のキットはセルフジェルネイルに必要なものがひととおりそろっています。

失敗しないためには、初心者でも使いやすいものであるかどうかを見極めることが重要……!

「爪とジェルを密着させやすくし、爪を保護する効果があるベースジェルが付属していること」「通常のネイルカラーのように塗れるポリッシュタイプを選ぶこと」などに重点を置いて選びましょう。

プロはネイル専用の筆を駆使して仕上げますが、初心者のうちは筆を扱うことは難しいため慣れてきてから挑戦するのがオススメです♪

セルフジェルネイルを始めるhow to⑦最初は1色塗りからチャレンジ

beauty.hotpepper.jp

1色塗りの手順は3つです。

1.ベースジェルを塗布し、ライトで仮硬化。
2.カラージェルを塗布し、ライトで仮硬化。
3.トップジェルを塗布し、ライトで本格的に硬化。

ジェルがはみ出してしまったときは、硬化前にウッドスティックを使って除去しましょう。硬化に必要な時間はジェルやライトによって異なるため、使用するアイテムの説明書をチェックしてください。

セルフネイルキットには、ラメやストーンのような魅力的なパーツがたくさん付属しているものもあります。キラキラしたネイルは可愛いので、挑戦したいですよね。

基本的なジェルネイルをできるようになってから好みのパーツを買い足していった方が無駄が出にくいです。そのため、最初からネイルアート用のパーツをあれこれそろえる必要はありません。

セルフジェルネイルを始めるhow to⑧ムラなくきれいに塗るテクニック

セルフジェルネイルの仕上がりをアップさせるには、ムラなくきれいに塗ることがポイント。
筆が爪に対して平行になるように傾けた状態で、爪の中央、左右という順番で塗るとムラなく塗ることができます。

ポリッシュタイプのジェルの場合は、容器の縁で筆をしごいて余分なジェルを落としてから塗りましょう。

どれくらいの量を使用すればきれいに仕上がるかは経験に頼る面が大きくなります。地道に練習を重ねていきましょう♡

セルフジェルネイルを始めるhow to⑨ジェルネイルをオフする方法

ジェルネイルをセルフで落とす場合、通常のネイルのように除光液で落とすことはできません。

目の粗さが80~100G(グリット)のやすりを使って、爪ごと削ってしまわないように注意しながら表面のジェルを削り落とし、アセトンをしみこませてからプッシャーを使用して落とします。

また、ソークオフジェルタイプのジェルを利用していれば、削る作業をせずにジェルネイル専用のリムーバーで溶かして落とすこともできます。

どちらのタイプも落とし方を間違うと爪を傷付けてしまう恐れがあるため、丁寧に落としましょう。ジェルネイルをオフしやすいタイプのベースジェルを使用すると、爪のうるおいを守りやすくなりますよ。

セルフジェルネイルを始めるhow tof⑩日頃のケアで美しい爪を維持

girlydrop.com

ジェルネイルを除去する際に使用するアセトンは、爪を乾燥させやすくする性質を持つため爪にとってやさしい成分であるとは言い難いです。そのため、日頃のネイルケアで爪のうるおいを維持することが重要となります。

ジェルネイルをセルフできれいにオフした後は、必ずキューティクルオイルで爪の栄養を補ってあげましょう。また、手指が乾燥していると爪の乾燥にもつながります。日ごろから爪先までしっかりハンドクリームを塗りこんでくださいね♡
グラデーションネイルやマーブルネイルなど、アートの幅を広げていきたい人はジェルネイルブラシの使い方を覚えることが必要です。最初は基本を押さえ、徐々にカラージェルやアートパーツを買い足していくといいですよ。

【関連記事】自宅にあるアレが大活躍!セルフでも3Dネイルを簡単に作る裏技4つ♡

プックリとした立体感が可愛い3Dネイル。実はセルフネイルでも簡単にできる裏技がいくつもあ...

ジェル ネイル セルフ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

梅本ちよ

女性向けメディアで記事を執筆しているライターです。
アンチエイジングや着やせファッションなど…

>もっとみる