カロリーゼロは嘘だった!?気になる《ゼロカロリー・ノンカロリー表記》

BEAUTY

カロリーゼロ、糖質ゼロ、ノンオイルといった言葉を聞くとダイエットに良いともってなんでも買ってしまいませんか?
ゼロと表記されているからって何でもゼロと思うのは間違っています!
ではその真相とは・・・!?気になるカロリーと栄養成分の表記について紹介します!

SON
SON
2014.12.19

カロリーゼロは嘘って本当!?

カロリーゼロとカロリーオフという表示を見るとついつい“痩せる”というイメージがして、コンビニやスーパーに行くと手に取ってしまいませんか??ここに大きな落とし穴が!

実はカロリ―ゼロと書いてありますが、ドリンクの場合100mlでカロリーが5kcal以下だったらゼロと表記してもオッケーとなっています。だから沢山飲んでしまうと気づかないうちにカロリーを摂取しているということになるのです!

また表記の中に炭水化物が表記されていると確実に糖分は入っています。

そして恐ろしいのが食欲を増進させる人工甘味料が入っているということ。カロリーゼロなのになぜ甘いのか?と感じたことはありませんか?それは人工甘味料が含まれているから。

ですからカロリーがゼロだからといってむやみにジュースを購入して飲んでしまうのは危険ですっ!

糖質ゼロは嘘って本当!?

コーラなどのジュースや炭酸飲料、お酒の缶にシュガーフリー、シュガーオフと表記されていますよね?
ダイエット中の人もシュガーフリーなら飲んでもいいや!といって飲んでいる人も多いはず…。

実は100gあたり糖分含有量0.5g未満であればゼロと表示してよいと消費者庁から認められていて、実際少量ですが積み重なれば結構な量の糖分を摂取していることに…

また糖質ゼロの商品も人工甘味料が使用されています。砂糖なしで甘さを引き出すなんてまずありえませんよね。人口甘味料はとっても健康に悪くて、糖尿病やメタボの原因にもつながるのです。
すなわち水やお茶以外の飲物で糖質が入っていない飲み物はないということとなります。

ノンcは嘘って本当!?

カロリーオフ、糖質オフに続きノンオイルについても紹介します!!
ノンオイルは基本的にドレッシングのラベルで見かけると思うのですが、実はここにも落とし穴が…

油脂を使っていないのは確かなのですが、その代わりに砂糖が使われていることがあります!
成分表記のところにブドウ糖や果糖ぶどう糖液糖などが使用されていると表記されています。

オイルを使用していない代わりに砂糖類で代用していたのですね…

みなさん誤解しがちですが、オイルを摂取することは重要なんです!
もちろん上質な油をとってあげることが重要ですが、オイルを体に入れてあげないと乾燥したり肌荒れをしちゃうのです。
オリーブオイルは飲んでもいいと言われているほど美容にいいオイルなのでオリーブオイルを使った料理を食べるといいですよ♡

【番外編】ノンアルコールはどうなの!?

ここまでくると成分表記の落とし穴に本当のものはあるのか…!?と思ってしまいますよね。
今まで知らずに飲んだり食べたりしていた自分を後悔しますよね…。

しかし、ノンアルコールは本当です。以前までは何%以下もノンアルコールという表記にオッケーだったのですが変わりました。ノンアルコールはアルコールが入っていません!!

しかしアルコールは好きな人はよくノンアルコールじゃ物足りないという人がいます。
実際アルコールが含まれていない分、砂糖や人工甘味料で味を補っているのでそう思うのも当たり前なのです。
普通のアルコールも糖分やカロリーが高いと言われていますが、ノンアルコールも要注意です♪

成分表記の落とし穴にはまってしまうと知らないうちに健康に被害が及ぶことに…!
小さいことでもちりも積もれば山となります。これを見てどうせ少量だから大丈夫と思っていても知らないうちにデブの道へ踏み入れているかもしれません…。普通の飲料よりはカロリーも砂糖も少ないとは思いますが、飲みすぎ食べすぎには要注意です!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。