綺麗な人は実践してる!食事と睡眠で「体内リズム」を整える方法

冬が本格的に到来すると、乾燥で肌はカサカサ、髪はパサパサ、血行不良で顔色まで悪く見えがちです。
そんな冬の美容対策は、体内リズムを整えることで一挙解決!
万年冷え症さんやむくみ軽減にも効果的なのです。そんな体内リズムの整え方をお教えします♡

体内リズムを整える方法①そもそも体内リズムって?

人間の身体には、“体内時計”と呼ばれる一定の周期があります。

朝には目が覚めて、夜には自然と眠くなる……、こんな当たり前のリズムを作っているものです。そして、この体内時計が正常に動いているかどうかが心身の健康や、美容に大きな影響を与えるのです。

体内リズムを整える方法②1日は25時間で出来ている?

人間が本来持っているリズムは1日24時間〜25時間といわれています。

地球の1日は24時間なので、調整してあげないと時間がずれてしまいますよね。

この時間のズレを合わせる役目をしてくれるのが、太陽の光なのです。朝、日の光を浴びると、体内時計がリセットされます。

そして、朝太陽の光を浴びてから約15時間後にはメラトニンという、睡眠ホルモンが分泌されます。このメラトニンが、良質な睡眠を取る鍵になっているのです。

朝きちんと日の光を浴びることが、良質な睡眠にも結びつくのですね。

体内リズムを整える方法③《食事》で気をつけるべきこと

忙しい中でも、食事はなるべく同じ時間に食べるように心がけてください。

3食が難しい場合には、昼食だけなど1食だけでも同じ時刻に食べることで、体内リズムが整いやすくなりますよ。

バランスの良い食生活が理想的ですが、毎日3食手作りはなかなか難しいですよね。

現代人の食生活に不足しがちなビタミンとミネラルを積極的に摂ってあげると身体の調子も整い、肌や髪にも艶が戻りますよ。

朝食は断然フルーツがおすすめ。胃腸を綺麗に保って、健康と美容どちらも手に入れましょうね♡

体内リズムを整える方法④《睡眠》で気をつけるべきこと

夜ぐっすり眠れず寝不足だと、体内リズムも整いません。
眠る前に、身体をリラックスした状態にしてあげることが大切です。

良質な睡眠を取るために、食事は就寝3時間前くらいまでに済ましておくことや、アロマやマッサージで心身ともに休ませてあげましょう。

また、睡眠ホルモンのメラトニンは光に敏感です。

就寝1時間前にはスマホやパソコンの画面はなるべく見ないようにするなど、工夫しましょう。液晶画面の明かりを暗くするだけでも効果があるので、「寝るまでスマホをいじりたい」なんて時は、液晶の明るさを最小にしてみてくださいね♪
いかがでしたか?
乱れがちな体内リズムを整えて、冬も綺麗を手に入れてくださいね♡

体内リズム 整える 方法 美容 綺麗 体内リズム ビューティー 食事 睡眠

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる